name.com で Office 365 をセットアップするためにネームサーバーを変更する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

探している内容が見つからない場合は、ドメインに関する FAQ を確認してください。

Office 365 、 Office 365 DNS レコードを管理する場合は、[次の手順に従います。(場合、できますname.com で、すべての Office 365 の DNS レコードを管理する。)

次を行う必要があります。(補足説明が必要な場合は、サポートを利用してください)。

確認のための TXT レコードを追加する

Office 365 でドメインを使うには、ドメインを所有していることを確認する必要があります。自分のドメイン レジストラーで自分のアカウントにログインし、DNS レコードを作成することができれば、Office 365 に対してドメインを所有していることを確認することができます。

注: このレコードは、ドメインを所有していることを確認するためだけに使用されます。その他には影響しません。 必要に応じて、後で削除することができます。

  1. まず、このリンクを使って name.com でドメイン ページにアクセスします。最初にログインするように求められます。

    Name-BP-Configure-1-1

  2. [My Domains] で、変更するドメインの名前を選びます。

    Name-BP-Configure-1-2

  3. [Details] 列の [ DNS Records] を選びます。

    Name-BP-Configure-1-3

  4. 新規レコードのボックスに、次の表の値を入力するか、コピーして貼り付けます

    (ドロップダウン リストから [Type] の値を選択します)。

    Type

    Host

    Answer

    TTL

    TXT

    (このフィールドは空のままにします。)

    MS=msXXXXXXXX

    注: これは例です。Office 365 の表にある [宛先またはポイント先のアドレス] の値を指定してください。
    確認する方法

    既定値 (300) を使用します。

    Name-BP-Verify-1-1

  5. [Add Record] を選択します。

    Name-BP-Verify-1-2

  6. 数分待つと、続行できます。この間、作成したレコードがインターネット全体で更新されます。

これで、ドメイン レジストラーのサイトでレコードが追加されました。Office 365 に戻り、Office 365 にレコードの検索をリクエストします。

Office 365 で正しい TXT レコードが見つかった場合、ドメインは確認済みとなります。

  1. [セットアップ]、[ドメイン] の順に選択します。

  2. [ドメイン] ページで、確認するドメインを選択します。

    Office 365 管理センターで選択されているドメイン名

  3. [セットアップ] ページで、[セットアップの開始] を選択します。

    [セットアップの開始] ボタン

  4. [ドメインの確認] ページで、[確認] を選択します。

    [確認] ボタン

注: 通常、DNS の変更が有効になるのに 15 分ほどかかります。 ただし、インターネットの DNS システム全体を更新する変更の場合、さらに長くかかることもあります。 DNS レコードの追加でメール フローなどに問題が発生した場合は、「ドメイン名または DNS レコードの変更後の問題に関するトラブルシューティング」を参照してください。

ドメインのネーム サーバー (NS) レコードを変更する

Office 365 でドメインをセットアップするには、Office 365 のプライマリ ネーム サーバーとセカンダリ ネーム サーバーを参照するように、ドメインの NS レコードをドメイン レジストラーで変更します。これで、ドメインの DNS レコードを更新するように Office 365 で設定されます。メール、Skype for Business Online、一般向け Web サイトをドメインで利用できるようにすべてのレコードを追加し、すべての設定を完了します。

注意: ドメインの NS レコードを Office 365 のネーム サーバーをポイントするように変更すると、現在ドメインに関連付けられているすべてのサービスが影響を受けます。たとえば、この変更後、ドメイン (rob@your_domain.com など) に送信されるすべてのメールは、Office 365 に送信されるようになります。

重要: 

  • このセクションの手順に従うと、次の 4 件のネームサーバーのみが表示されます。

  • 次の手順では、他の不要なネームサーバーを一覧から削除する方法、および上記のネームサーバーが一覧に表示されていない場合に、正しいネームサーバーを追加する方法を説明します。

  • ns1.bdm.microsoftonline.com

  • ns2.bdm.microsoftonline.com

  • ns3.bdm.microsoftonline.com

  • ns4.bdm.microsoftonline.com

  1. まず、このリンクを使って name.com でドメイン ページにアクセスします。最初にログインするように求められます。

    Name-BP-Configure-1-1

  2. [My Domains] で、変更するドメインの名前を選びます。

    Name-BP-Configure-1-2

  3. [Details] 列の [Nameservers] を選びます。

    Name-BP-再委託-1-1

  4. [Edit Nameserver] セクションにある一覧の 1 番目のネームサーバーで、[Actions] 列の [Edit ] を選びます。

    Name-BP-再委託-1-2

  5. 現在のエントリを削除すると、選択して、キーボードのDelキーを押します。

    Name-BP-再委託-1-3

  6. 最初のネームサーバーを追加します。

    同じボックスに、最初のネームサーバーの値を次の表のとおりに入力するか、コピーして貼り付けます (ns1.bdm.microsoftonline.com)。

    1 番目の [Nameserver] 行

    ns1.bdm.microsoftonline.com

    2 番目の [Nameserver] 行

    ns2.bdm.microsoftonline.com

    3 番目の [Nameserver] 行

    ns3.bdm.microsoftonline.com

    4 番目の [Nameserver] 行

    ns4.bdm.microsoftonline.com

    Name-BP-再委託-1-4-1

  7. [Update] を選びます。

    Name-BP-再委託-1-4-2

  8. [Apply Changes] を選んで更新内容を保存します。

    Name-BP-再委託-1-5

  9. 他のネーム サーバーを追加します。

    同じ手順は、この時間 (ns2.bdm.microsoftonline.comns3.bdm.microsoftonline.com、およびns4.bdm.microsoftonline.com) 上の表からのネーム サーバーを一覧で、ネーム サーバーを置換します。

    (追加が完了したら、必ず [Update]、[Apply Changes] の順に選んでください。)

  10. いる場合はこれで、ネーム サーバー ns1.bdm.microsoftonline.comns2.bdm.microsoftonline.comns3.bdm.microsoftonline.com、およびns4.bdm.microsoftonline.com以外の一覧で、それらの各を削除します。ネーム サーバーのレコードの [アクション] 列で削除を選択します。

    Name-BP-再委託-1-6

  11. [Apply Changes] を選んで更新内容を保存します。

    Name-BP-再委託-1-7

注: ネーム サーバー レコードの更新がインターネットの DNS システム全体に反映されるまでに、最大で数時間かかる場合があります。Office 365 のメールと他のサービスの準備が完了し、ドメインで利用できるようになります。

さらにサポートが必要な場合

Office 365 コミュニティ フォーラムで情報を入手 管理者向け: サインインとサービス リクエストの作成 管理者向け: 電話サポート
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×