MStore.mgc が破損しているというエラー メッセージが表示される

MStore.mgc ファイルは、Microsoft クリップ オーガナイザーがインポートされたクリップに関するクリップ プロパティ情報を格納するファイルです。クリップ プロパティには、キーワード、カテゴリ、およびサムネイル プレビューなどの情報が含まれています。このファイルが破損して修復できないというメッセージが表示されると、クリップ オーガナイザーはこの情報にアクセスできなくなります。

この場合、メイン カタログを圧縮することにより、この問題を解決できることがあります。[ツール] メニューで [圧縮] をクリックします。

圧縮が機能しない場合は、新しいメイン カタログの作成が必要にあることがあります。Mstore.mgc ファイルの削除または名前変更を行って、クリップ オーガナイザーで新しいものを作成できるようにする必要があります。

Mstore.mgc の削除または名前変更を行う

クリップ オーガナイザーを終了してから、[スタート] メニューで [検索] をクリックします。[すべてのファイルとフォルダー] をクリックしてから、[ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに「Mstore.mgc」と入力します。ファイルが見つかったら、それを右クリックし、[削除] または [名前変更] をクリックします。

新しいファイルを作成すると、ユーザーが追加したクリップ プロパティ情報がすべて失われます。このファイルの新しいバージョンを作成後、以前にインポートしたクリップを追加して、そのクリップのクリップ プロパティ情報をもう一度入力できます。

注: 使用しているコンピューターが複数のユーザーで使用するように設定されているか、複数のプロファイルがある場合は、自分のアカウント名 (ログイン ID) が設定されているフォルダーやパスにあるファイルのコピーのみを削除するようにします。ネットワーク上で作業していて、適切なファイルの検索方法がわからない場合は、ネットワーク管理者にお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×