Microsoft Word 2010 のプライバシーに関する補足

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

最終更新: 2010 年 3 月

Office.com のテンプレートの使用

Microsoft Office Backstage ビューの新しいタブ ([ファイル] タブをクリックし、[新規作成] をクリックして) のテンプレートに基づくドキュメント Office.com からダウンロードされた最新のヘルプ情報を提供することができます。テンプレートに関するフィードバックを送信し、ダウンロードしたテンプレートごとに数値評価もできます。

テンプレート、またはテンプレートに基づくファイルを開くと、Word 2010 は、オンライン ヘルプの設定に応じて、Office.com にアクセスし、そのテンプレートの ID、現在使用中のプログラムとバージョン、および標準的なコンピューター情報を送信します。

テンプレート ID は、元のテンプレートが Office.com からダウンロードされたものか、Word 2010 に含まれていたものかを識別するために使用されます。テンプレート ID は文書を一意に識別するものではありません。テンプレート ID は、そのテンプレートを使用するすべてのユーザーで共通です。

画像やその他のドキュメントへのリンク

ハード ディスク上またはサーバー上の画像、ファイル、データ ソース、またはその他のドキュメントへのリンクを作成すると、そのファイルへのパスがドキュメントに保存されます。リンクには、ユーザー名またはネットワーク上のサーバーに関する情報が含まれることがあります。データ接続の場合は、データ接続リンクにユーザー名やパスワードを保存するかどうかを選択できます。

また、XML スキーマをドキュメントに適用すると、作成した XML スキーマへのパスがドキュメントに保存されます。パスにユーザー名が含まれることもあります。

印刷

Word 2010 では、Word 2010 文書の印刷後にその文書を保存すると、文書と共にプリンターへのパスが保存されます。パスにユーザー名またはコンピューター名が含まれることもあります。

ドキュメント ワークスペース サイト

Word 2010 を使用すると、Microsoft SharePoint Foundation 2010 サイトのドキュメント ワークスペース サイトにアクセスできます。ドキュメント ワークスペース サイトは、1 つ以上のドキュメントに対して、他のチーム メンバーと共同作業を行うことができる共有スペースです。

ドキュメント ワークスペース サイトにアクセスすると、Word 2010 はそのドキュメント ワークスペース サイトに関する情報を提供するためにワークスペース サイトからデータをダウンロードします。このデータには、次のような情報が含まれます。

  • SharePoint Foundation サイトの名前

  • サイトの URL またはアドレス

  • サイトのユーザーの名前、電子メール アドレス、およびアクセス許可レベル

  • ドキュメントやタスクのリスト、およびサイトから入手できるその他の情報

また、Word 2010 は、お客様が訪れた SharePoint Foundation サイトの一覧をコンピューターに Cookie として保存します。この一覧により、以前に訪れたことのあるサイトにすばやくアクセスできます。お客様が訪れたサイトの一覧は、より広く利用されるようにお客様自身が指定しない限り、Microsoft が利用したり、インターネットに公開したりすることはありません。

SharePoint Foundation

Microsoft SharePoint Foundation 2010 は、ドキュメントや会議での共同作業が可能な Web ベースの共有ワークスペース サイトを提供します。

Web ブラウザーまたはいずれかの Office プログラムを使用して SharePoint サイトにアクセスすると、そのサイト上に新しいサブサイトを作成するアクセス許可があれば、コンピューターに Cookie が保存されます。このような Cookie が集まって、アクセス許可のあるサイトの一覧が形成されます。この一覧は、既に訪れたことのあるサイトにすばやくアクセスできるようにするために、いくつかの Office プログラムで利用されます。

お客様が訪れたサイトの一覧は、より広く利用されるようにお客様自身が指定しない限り、Microsoft が利用したり、インターネットに公開したりすることはありません。

SharePoint Foundation で新しい Web サイトやリストを作成した場合、あるいは既存の Web サイトやリストにユーザーを追加または招待した場合は、お客様自身を含めた各ユーザーの次の情報がサイトに保存されます。

  • 氏名

  • 電子メール アドレス

お客様や他のユーザーがサイトで追加または変更した要素には、すべてユーザー ID が付加されます。特別な場合を除き、SharePoint サイトのすべてのコンテンツと同じように、この情報にはサイトの管理者とメンバーしかアクセスできません。

SharePoint サイトのすべての要素が 2 つのフィールドを含める:変更者] と [で作成します。[作成者] フィールドは、最初の要素と日付の作成時に作成した人のユーザー名が入力されます。[変更者] フィールドは、Word 2010 文書と最終変更日時を最後に変更した人のユーザー名が入力されます。

SharePoint サイトをホストしているサーバーの管理者は、サイト内の一部のデータにアクセスできます。これらのデータは、サイトの利用パターンを分析し、サイトの利用可能時間のパーセンテージを向上させるために使用されます。これらのデータは、サーバーの管理者しか利用できません。その SharePoint サイトをホストしているのが Microsoft である場合を除き、Microsoft がサーバーの管理者とデータを共有することはありません。収集されるデータには、サイトにアクセスしたユーザー全員の名前、電子メール アドレス、およびアクセス許可が含まれます。

個々の SharePoint サイトで利用可能なコンテンツはすべて、そのサイトにアクセスする任意のユーザーによって検索および表示される可能性があります。

監査

Microsoft SharePoint Foundation 2010 には監査機能が用意されており、管理者は、特定のコンテンツに対するユーザーの操作について信頼性の高い監査記録を残すことができます。

SharePoint Foundation の管理者が監査機能を有効にすると、サーバーでは、ユーザーの実行した特定のアクションが SharePoint コンテンツ データベースに自動的に記録されます。これらのアクションには、表示、編集、チェックイン、チェックアウトなどがあります。サーバーでは、記録されるアクションごとに、ファイルやアクションに関する識別情報と、ユーザーの SharePoint ID が記録されます。この機能の一環として、何らかのデータが Microsoft に送信されることはありません。

この機能は既定でオフになっており、コンテンツが保存されている SharePoint サイトの管理者だけが利用できます。

FAX サービス

FAX サービスを使用すると、インターネット経由で FAX を送信し、送信した FAX を Word 2010 で整理することができます。FAX サービスを使用するには、Microsoft とは別の FAX サービス プロバイダーにサインアップする必要があります。FAX の処理とインターネット経由での送信は FAX サービス プロバイダーが行います。Microsoft が FAX サービスの機能を使用してデータを収集することはありません。

FAX サービスにサインアップすると、"登録パッケージ" が FAX サービス プロバイダーによって作成され、FAX サービス プロバイダーと Word 2010 によって保存されます。登録パッケージは、FAX サービス プロバイダーの Web サイトのアドレスと、お客様の FAX サービス プロバイダーへのアクセス権を確認するための "トークン" とで構成されます。Office プログラムから FAX を送信すると、この登録パッケージがドキュメントに付加されます。

また、FAX サービスを利用すると、FAX を実際に送信することなく FAX の料金を計算できます。FAX の料金を計算する場合、Word 2010 は暗号化された接続を使用してユーザーの登録トークン、送信先の FAX 番号、および FAX のページ数を FAX サービス プロバイダーに送信します。この情報を Microsoft が受信または保存することはありません。

リサーチ サービス

Word 2010 では、特殊な用語やフレーズに関する情報を質の高い多くのコンテンツ プロバイダーに問い合わせることができます。特殊な用語やフレーズの検索を要求すると、Word 2010 は、検索するテキスト、使用されているソフトウェア製品、システムで設定されているロケール、さらに、お客様がリサーチ情報をダウンロードする権利を持つことを示す認証情報がプロバイダーで必要とされる場合は、その認証情報をインターネットを通じて送信します。

これらの情報は、Word 2010 から、Microsoft、またはユーザーが選択した第三者のプロバイダーによって提供されるサービスに送信されます。このサービスは、要求された単語またはフレーズに関する情報を返します。

お客様が受け取る情報には、サービスの Web サイトにある追加情報へのリンクが含まれることがよくあります。このリンクをクリックすると、お客様が将来同じサービスのプロバイダーを利用する際、プロバイダーがお客様を識別できるようにするための Cookie がシステムに保存される場合があります。このような第三者の Web サイトやサービスでのプライバシーの扱いについて、Microsoft は責任を負いかねます。問い合わせ先のサービスを Microsoft が運営している場合を除き、Microsoft がこれらの情報を受信または保存することはありません。

Word 2010 で新しいリサーチ サービスが自動的に確認およびインストールされないようにするには、次の操作を行います。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [ヘルプ] の [オプション] をクリックします。

  3. [セキュリティ センター] をクリックします。

  4. [セキュリティ センターの設定] をクリックします。

  5. [プライバシー オプション] をクリックし、[[リサーチ] 作業ウィンドウで新しいサービスの確認とインストールを許可する] チェック ボックスをオフにします。

翻訳サービス

Word 2010 では、二か国語辞書または機械翻訳を使用して、文書の一部または全部を翻訳することができます。お客様は文書の翻訳方法を選択できます。

選択するか、翻訳する語句を入力または [リサーチ] ウィンドウで、必要に応じて [翻訳オプションを選択して、どちらの場合、文書全体を翻訳することもできます。翻訳単語にカーソルを置くと、変換するドキュメントのヒント機能を使用することもできます。既定では、文書のヒント機能が無効です。有効に機能を,[校閲] タブをクリックし、[言語] で [翻訳] をクリックします。

翻訳する単語またはフレーズを選択するか入力すると、その文字列が二か国語辞書と比較されます。二か国語辞書には、ソフトウェアに付属しているものと、Office.com から入手可能なものがあります。ユーザーが入力した単語またはフレーズがソフトウェアに付属している二か国語辞書にない場合、Microsoft または第三者が提供する翻訳サービスにこの単語またはフレーズが暗号化されずに送信されます。

文書全体を翻訳する場合は、Microsoft または第三者が提供する翻訳サービスに文書が暗号化されずに送信されます。暗号化されずにインターネット経由で送信されるすべての情報と同じように、翻訳している単語、フレーズ、または文書は他のユーザーに見られる可能性があります。

Office.com で提供されるいずれかの辞書または第三者の翻訳サービスを使用すると、Word 2010 からインターネットを通じて、翻訳する文字列、使用されているソフトウェアの種類、およびシステムで設定されているロケールと言語 (この設定を確認するには、[ファイル] タブをクリックし、[ヘルプ] の [オプション] をクリックして、[言語] をクリックします) が送信されます。第三者が提供する翻訳サービスを利用する場合は、Web サイトにアクセスするために以前にサインアップしたことを示すキャッシュ済みの認証情報も Word 2010 から送信されることがあります。

インスタント メッセージと通知

Word 2010 には、プログラム内からインスタント メッセージを送信する機能や、ユーザーがオンラインになった場合、あるいは共有ドキュメントまたはワークスペース サイトに変更が加えられた場合に通知を受け取る機能があります。

Word 2010 では、インスタント メッセージ クライアントを使用して、他のユーザーがオンラインかどうかを確認したり、他のユーザーにメッセージを送信したりできます。Word 2010 には、インスタント メッセージの状態を Web ページに表示する Web コントロールが含まれています。Microsoft SharePoint Foundation 2010 ページと Microsoft SharePoint Server 2010 ページは、どちらもこのコントロールを使用します。ただし、どちらのページでも状態データが Web サーバーに送信されることはありません。

この Web コントロールを使用すると、インスタント メッセージ プログラムから Web サーバーに状態データを送信できます。既定では、状態データはイントラネット サイト、信頼済みサイト、およびローカル コンピューター上のサイトにのみ送信できます。

新しいファイル形式

Word 2010 では、XML ベースのファイル形式が使用されます。この XML ファイル形式は拡張性が高く、ユーザーの指定によって追加のスキーマやタグをファイルに含めることができます。アドインまたはその他の第三者のコードにより、Word 2010 には表示されないメタデータ情報が XML ファイル形式に追加されることもあります。

XML ファイルに関連付けられているメタデータは、テキスト ビューアーでその XML ファイルを表示することで確認できます。

コメント

既定では、コメントをファイルに保存すると、Word 2010 によって各コメントに頭文字が追加されます。この情報はファイルにアクセスするすべてのユーザーが参照できます。

これらのコメントから個人情報を削除できます。それには、次の手順を実行します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [情報] をクリックします。

  3. [問題のチェック] をクリックし、[ドキュメント検査] をクリックします。

変更履歴の記録

既定では、変更履歴の記録を有効にしてファイルを変更すると、お客様のユーザー名や頭文字がドキュメントに保存され、お客様が行った変更と関連付けられます。この情報は、変更前と変更後のテキストも含めて、ファイルにアクセスするすべてのユーザーが参照できます。

このような変更を受け入れるか拒否すると、名前が削除されます。また、これらの変更から個人情報を削除することもできます。そのためには、[ファイル] タブをクリックし、[情報] をクリックします。次に、[問題のチェック] をクリックし、[ドキュメント検査] をクリックします。

ユーザー名が保存される可能性のある場所

Word 2010 では、ユーザーにとって機能をより使いやすくするために、ユーザー名を保存する場合があります。たとえば、次のような場所にユーザー名が保存されます。

  • "作成者" フィールド

  • "作成者"ファイルのプロパティ

これらのフィールドとプロパティから名前を削除するには、[ファイル] タブをクリックし、[情報] をクリックします。次に、[問題のチェック] をクリックし、[ドキュメント検査] をクリックします。

他社製の Microsoft Office ソリューションによっても、ファイルに関連付けられたカスタム プロパティに名前などの個人情報が格納される場合があります。

Microsoft Office Web Control、Microsoft Excel Data Access、DataCalc など、別のデータ ソースに直接接続できる機能を使用すると、お客様の認証情報 (ユーザー ID およびパスワード) が文書に保存されることがあります。この認証情報を変更または削除するには、接続のプロパティを状況に合わせて変更する必要があります。

その他の非表示のデータおよびメタデータ

既定では、Word 2010 によって保存されるすべてのファイルには、次のようなファイル プロパティが含まれます。

  • 作成者

  • 管理者

  • 会社名

  • 最終保存者

  • ドキュメントの校閲者の名前

さらに、使用している機能や第三者製ソリューションによって、その他のプロパティがファイルに保存されることもあります。たとえば、文書がドキュメント ワークフローの一部である場合、ワークフローをトラッキングするファイル プロパティが保存されます。

この情報はファイルにアクセスするすべてのユーザーが参照できます。

これらのプロパティから名前を削除するには、[ファイル] タブをクリックし、[情報] をクリックします。次に、[問題のチェック] をクリックし、[ドキュメント検査] をクリックします。

ドキュメント検査機能を使用すると、コメントや変更履歴など、一部のビューでは利用できない種類のデータを削除することもできます。ドキュメントを公開する予定がある場合は、そのドキュメントに対してドキュメント検査を実行することをお勧めします。

非表示のデータおよびメタデータは、Microsoft Office オブジェクト モデルを使用して、Microsoft Office ファイルに含めることもできます。たとえば、Microsoft Office オブジェクト モデルで画像を非表示にすることができます。つまり、ファイルを開いたときに画像が表示されなくても、画像はファイルに保存されており、後で表示できます。

結合の精度

Word 2010 では、結合の精度を向上させるために、文書に 10 桁の乱数を保存します。この数字はランダムに生成され、結合機能を使用するときに変更の順序を特定するために使用されます。この 10 桁の乱数は、必要に応じて次の手順で削除できます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [ヘルプ] の [オプション] をクリックします。

  3. [セキュリティ センター] をクリックします。

  4. [セキュリティ センターの設定] をクリックします。

  5. [プライバシー オプション] をクリックし、[ドキュメント固有の設定] の [組み込みの精度を向上させるためランダムな番号を保存する] チェック ボックスをオフにします。

マクロの記録

一連の作業をマクロとして記録し、後で再生することができます。マクロを記録する場合、マクロの初回の作成時にユーザー名がコメントとしてコードに記録されます。これらのユーザー名は手動で削除できます。

デジタル署名

デジタル署名は、文書の送信者の身元を確認するのに役立つオプション機能です。デジタル署名は、署名する文書内のデータの、暗号化された一意の値です。お客様がデジタル署名付きで文書を送信すると、その署名と共に、文書内のデータ、および送信者 (お客様) の信頼できるデジタル証明書が受信者に送信されます。デジタル証明書は、VeriSign などの証明機関から発行されます。デジタル証明書には、送信者が本人であること、および元の文書の内容が変更されていないことを証明する情報が含まれています。デジタル署名の有効性を確認するために、Word が証明機関にオンラインで自動的に問い合わせを行うことがあります。

文書に署名するときには、システムの日付と時刻、オペレーティング システムのバージョン番号、Micrsofot Office のバージョン番号、Word のバージョン番号など、デジタル証明書に含まれる情報を示すダイアログ ボックスが表示されます。

Information Rights Management

Information Rights Management (IRM) を使用すると、文書にアクセスする権限や文書を変更する権限を特定のユーザーまたはグループに与えることができます。類似点もありますが、IRM は文書の保護とは異なります。IRM では、文書の読み取りや編集だけでなく、文書の印刷、他のユーザーへの文書の転送など、文書全体に対する具体的な操作のアクセス許可を設定できます。

IRM を有効にして文書を保存すると、Word 2010 は、その文書に対して権限を持つユーザーの一覧と各ユーザーのアクセス許可を文書に保存します。この情報は暗号化されているため、文書の所有者しかアクセスできません。

また、IRM が有効になっている文書にはコンテンツ ライセンスが含まれます。コンテンツ ライセンスには、電子メール アドレス、アクセス許可、および認証情報が含まれます。IRM が有効になっている文書をユーザーが開こうとすると、そのたびに Word 2010 は、ユーザーの ID と文書に保存されているコンテンツ ライセンスとを照合します。ユーザーがその文書を以前に開いたことがない場合、Word 2010 は IRM サーバーにユーザーの ID を照会し、ユーザーが必要な権限を持っていれば、新しいコンテンツ ライセンスをダウンロードして文書に保存します。

文書の所有者は、コンテンツ ライセンスが文書に保存されないように設定できます。ただし、コンテンツ ライセンスを文書に保存しないと、その文書を開くたびに Word 2010 から IRM サーバーに照会を行う必要が生じます。Word 2010 がネットワークに接続されていない場合や IRM サーバーに照会できない場合は、その文書を開くことができません。

文書の保護

文書の保護を使用すると、さまざまな方法で Word 2010 文書を保護できます。たとえば、文書を編集したり、コメントを作成したり、文書を読み取ったりする権限を特定のユーザーだけに与えることができます。

文書の保護を使用する場合は、ユーザー ID を Word 2010 文書に入力するよう求められます。これらのユーザー ID には、Windows NT ドメイン アカウント (DOMAIN¥username など) の形式か、Windows Live ID 電子メール アドレス (someone@example.com など) の形式を使用できます。これらのユーザー ID は、文書内の特定の範囲に対する読み取りまたは変更の権限をユーザーに与えるたびに保存されます。

Word 2010 文書はパスワードを使用しないで保護することができます。パスワードを使用せずに文書を保護した場合、アクセス権を与えられているユーザーのユーザー ID は、その文書を読むすべてのユーザーから参照できます。また、文書を XML または HTML として保存した場合も、そのファイルを読むすべてのユーザーがこれらのユーザー ID を参照できます。

ユーザー ID へのアクセスを制限するには、ファイルをパスワード付きで保存するか、Information Rights Management (IRM) を使用して保存します。この場合は、お客様およびアクセス権を与えられたユーザーだけがユーザー ID を参照できます。

Office ファイル検証エラー

Microsoft Office で以前のバージョンの Word ファイルを開くと、Office ファイル検証によって、ファイルの構造が、Microsoft によるそのファイル形式の仕様と一致するかどうかが確認されます。この検証に失敗すると、ファイルは保護されたビューで開かれます。

コピーを Office ファイル検証に失敗した問題のファイルは Word を終了した後、コンピューターに保存します。Microsoft エラー報告定期的に確認するこれらのファイルのコピーを Microsoft に送信することに同意するかどうか。Microsoft エラー報告など、すべてのプライバシーに関する声明の詳細については、 Microsoft エラー報告サービスのプライバシーに関する声明を参照してください。

Office 自動履歴保存

Word 2010 では、編集中の文書のコピーが自動的に保存されます。この機能は、変更内容を保存せずに誤って文書を閉じた場合に文書のデータを回復するのに役立ちます。文書のコピーが自動的に保存されないようにする場合は、次の手順を実行します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [ヘルプ] の [オプション] をクリックします。

  3. [保存] をクリックします。

  4. [文書の保存] で、[保存しないで終了する場合に前回自動回復されたファイルを残す] チェック ボックスをオフにします。

アクセスし、[ファイル] タブをクリックすると、情報、クリックし、文書を [バージョン] で、以前に保存したドキュメントの最後の保存したバージョンを削除できます。アクセスして、[ファイル] タブをクリックすると、情報] をクリックして、バージョンを管理する] をクリックすると、[保存されていない文書の回復] をクリックして新しく作成したドキュメントの最後に自動的に保存したバージョンを削除します。操作を開くおよびそれらを使用していない場合、Word 2010 は定期的に自動的に保存されたドキュメントを削除します。詳細については、 Office ファイルを回復するを参照してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×