Microsoft Visual Basic .net コードと UML マッピングについて

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

リバースエンジニアリングの際に、Visual Basic .net の次のコード構成要素は、UML に対応しています。

Namespace

Visual Basic の名前空間は、UML パッケージとしてリバースエンジニアリングされ、次のものが含まれます。

  • Name

  • メンバー

クラス

Visual Basic のクラスは、UML クラスとしてリバースエンジニアリングされ、次のものが含まれます。

  • Name

  • 継承されたクラスと実装されたインターフェイス

  • 可視性 (パブリック、プロテクト、またはプライベート)

  • IsAbstract

  • IsLeaf

  • メンバー操作/関数 (メンバー変数)

次の Visual Basic クラス構成要素は、Microsoft Office Visio UML ではサポートされていません。

  • 友人

インターフェイス

Visual Basic のインターフェイスは、UML インターフェイスとしてリバースエンジニアリングされ、次のものが含まれます。

  • Name

  • 可視性 (パブリック、プロテクト、またはプライベート)

  • IsLeaf

  • 基本インターフェイス

  • メンバー操作

列挙型

Visual Basic の列挙型は、 データ型の UML としてリバースエンジニアリングされ、次のようになります。

  • Name

  • 可視性 (パブリック、プロテクト、またはプライベート)

  • IsLeaf

  • 基本クラス

  • メンバー

注: Visual Basic では、整数型はリバースエンジニアリングされません。

構造

Visual Basic の構造は、次のようにして、UML クラスとしてリバースエンジニアリングされています。

  • Name

  • 可視性 (パブリック、プロテクト、またはプライベート)

  • IsAbstract

  • IsLeaf

  • 基本クラスと実装されたインターフェイス

  • メンバー

プロパティ

Visual Basic のプロパティは、UML 操作としてリバースエンジニアリングされ、次のものが含まれます。

  • Name

  • 可視性 (パブリック、プロテクト、またはプライベート)

  • 種類

  • ゲッターとセッター

注: Visual Basic では、既定のプロパティはサポートされていません。

デリゲート

Visual Basic のデリゲートは、次のように、< < 委任 > > ステレオタイプを持つ UML クラスとしてリバースエンジニアリングされます。

  • Name

  • 可視性 (パブリック、プロテクト、またはプライベート)

  • 署名 (操作としてクラスに追加されます)

メンバー操作

Visual Basic のメンバー操作は uml 操作として uml モデルに追加され、次のものが含まれます。

  • Name

  • 可視性 (パブリック、プロテクト、またはプライベート)

  • スコープ (静的または共有)

  • IsPolymorphic

  • IsAbstract

  • 操作の種類

操作には、コンストラクター、デストラクタ、演算子、プロシージャなどの種類に従ってフラグが設定されます。uml モデルでこれらのフラグを表示するには、[ uml 操作プロパティ] ダイアログボックスの [コード生成オプション] ページを使用します。

  • 戻り値の型

  • パラメーター

  • mustOverride

注: 次の Visual Basic メンバー操作は、Microsoft Office Visio UML ではサポートされていません。

  • オーバーライドできません—直接サポートされていません。 UML 要素にマップします: 操作:: IsLeaf

  • オーバーロード—サポートされていません

  • ハンドル—サポートされていない

イベント

Visual Basic のイベントは、モデルに操作として追加され、次のものが含まれます。

  • 可視性 (パブリック、プロテクト、またはプライベート)

  • パラメーター

定数

Visual Basic の定数は、UML 属性としてリバースエンジニアリングされ、次のものが含まれます。

  • 表示 (公開または非公開)

  • 種類

  • 初期値

定数は、[変更可能] フィールドを [固定] に設定した属性としてモデルに追加されます。

たとえば、Visual Basic の行は次のようになります。

Const str As String = "some text"

最初の値が与えられます。

"some text"

ながら

Const x As Integer = 1

初期値として1を指定します。

注: コード内の読み取り専用要素は、定数としてリバースエンジニアリングされます。

メンバー変数

Visual Basic のメンバー変数は、uml モデルに uml 属性として追加され、次のようになります。

  • 名前

  • 可視性 (パブリック、プロテクト、またはプライベート)

  • スコープ (静的または共有)

  • 変更可能 (フリーズまたは変更可能)

  • 初期値

メソッドパラメーター

Visual Basic のメソッドパラメーターは、uml モデルに uml パラメーターとして追加され、次のようになります。

  • 名前

  • 方向 (イン、アウト、アウト、またはリターン)

  • 既定値

注: 次の Visual Basic パラメーター構成要素は、Microsoft Office Visio UML ではサポートされていません。

  • 省略可能

  • ParamArray

UML でサポートされていない Visual Basic コード構成要素

visual Studio からリバースエンジニアリングを行う場合、次の visual Basic コードコンストラクトは UML 要素にマップされません。NET を Microsoft Office Visio に提供します。

  • クラス: 友人、保護された友人、影。

  • データメンバー: Dim、New、のようにします。

  • 列挙型: 整数型はリバースエンジニアリングされません。

  • メンバー操作: オーバーロード、ハンドル、オーバーライドできない (UML 要素にマップ: 操作:: IsLeaf)。

  • パラメーター: 省略可能、paramArray。

  • プロパティ: 既定値です。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×