Microsoft Visual Basic 6.0 の言語マッピングについて

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

次の言語構成要素は、Visual Basic リバースエンジニアリングでサポートされています。

クラス、モジュール、フォーム

クラス型、メンバー変数、定数、関数とサブルーチンを含めます。

class type (標準モジュール、クラスモジュール、MS form、リソースファイル、vb フォーム、vb MDI フォーム、プロパティページ、ユーザーコントロール、ドキュメントオブジェクト、関連ドキュメント、Microsoft ActiveX デザイナー)。Class type は、タグ付きの値 (ClassType) を使って設定されます。標準モジュールは、ユーティリティーのステレオタイプを使用して作成されます。

関数とサブルーチン

可視性 (パブリック、プライベート、プロテクト)、戻り値の型 (関数のみ)、パラメーターを含めます。

注: Visual Basic には、保護されたクラスメンバーの概念はありません。リバースエンジニアリングされた Visual Basic コードでは、プロテクトは、friend プロパティ、サブルーチン、または関数を指定するために使われます。

パラメーター

[種類]、[種類] (in、[入出力]、[戻る])、既定値を含めます。

UML 仕様のバージョン1.2 では、パラメーターの多重度はサポートされていません。配列の次元はパラメーター名に追加されます。例えば:

Sub func(arr() as Integer)

リバースエンジニアリングは次のようになります。

arr(): Integer

既定値は、パラメーターが省略可能な場合にのみ設定されます。

定数

可視性 (公開または非公開)、type、初期値を含めます。

定数は、[変更可能] フィールドを [固定] に設定した属性としてモデルに追加されます。

たとえば、VB の行:

Const str As String = "some text"

の初期値が与えられます。

"some text"

ながら

Const x As Integer = 1

初期値として1を指定します。

メンバー変数

表示 (公開または非公開) と入力を含めます。

配列の次元は、変数名に付加されます。例えば:

x(1 to 5, 1 to 10) as Integer

リバースエンジニアリングは次のようになります。

x(1 to 5, 1 to 10): Integer

プロパティ

可視性 (パブリック、プライベート、プロテクト)、戻り値の型 (get のみ)、パラメーターを含めます。

VB プロパティは、アクセサのステレオタイプを持つメソッドとしてモデルに追加されます。各プロパティアクセサには、明確な可視性がある場合があります。

get_、set_、または let_ は、アクセサの種類に応じて名前の先頭に付加されます。

注: Visual Basic には、保護されたクラスメンバーの概念はありません。リバースエンジニアリング Visual Basic コードは、保護されて、friend プロパティ、サブルーチン、または関数を指定するために使われます。

イベント

可視性 (公開のみ) とパラメーターを含めます。

イベントは、ステレオタイプイベントを含むメソッドとしてモデルに追加されます。

ユーザー定義型

クラスとして作成されます。

ユーザー定義型は、クラスとしてモデルに追加されます。型のメンバー属性は作成されません。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×