Microsoft Translator for Education の使用

教師はさまざまな種類の学習者を管理しています。その中には、支援技術が必要な聴覚に障碍のある (DHH) 学生や、教室で使われている言語が話せないか、理解できない言語学習者がいます。また、教師は、学校の入学時や保護者面談などで、学生の家族と対話することもあります。ライブ字幕および多言語会話への参加機能は、学生とその保護者が教師や同級生とつながるのに役立ちます。

Microsoft Translator for Education は教室をシームレスに統合するため、プレゼンテーション、閲覧時の使用感、日常会話におけるコミュニケーション ギャップを埋めることができます。

Microsoft Translator の詳細については、Translator for Education に関するページにアクセスしてください。 

保護者面談で Microsoft Translator を使用して、リアルタイムに言語翻訳を活用する方法について説明します。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
保護者面談で Microsoft Translator がいかに役立つか

Microsoft Translator を使用することで、教師が、ネイティブ スピーカー以外の学生、聴覚障碍のある学生、失読症の学生、あるいはメモを取るのが困難な学生とコミュニケーションをいかにスムーズに行えるかについて説明します。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
Microsoft Translator が教師とネイティブ スピーカー以外の学生とのつながりにいかに役立つか

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×