Microsoft To-Do ライセンスを割り当てる

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Microsoft To-Do は現在、次の Office 365 スイート製品で使用できます。  

  • Business Essentials

  • Business Premium

  • Microsoft 365 Firstline F1

  • Enterprise 先頭 F1 & F2

  • Enterprise E1-E5

  • Secure Productive Business

  • セキュリティで保護されたエンタープライズ E3 & E5

  • Education E1-E5

  • Education A1-A5

  • Microsoft 365 A3-A5

注: Microsoft to Do を Exchange Online サブスクリプションに追加するプロセスに含まれています。これは3月に終了します。

上記の1つ以上の対象となる Office 365 サブスクリプションをお持ちのお客様には、 Microsoft To-Doのユーザーレベルのライセンスが表示されます。これらのライセンスを使用して、 Microsoft To-Doアプリへの個々のアクセスを管理するだけでなく、Microsoft 365 アプリ起動ツールのMicrosoft To-Doタイルの表示を制御することもできます。

Microsoft To-Do のユーザーのライセンスを割り当てる、または無効にするには、Office 365 管理センターの 'ユーザー' ページにアクセスし、ユーザーを選択して、To-Do のユーザー設定を選択してから [保存] をクリックします。

次に、Microsoft To-Do のライセンスを無効にした後に表示されることのある例を示します。

To-Do (プラン 2) のトグル コントロールがオフに切り替えられている Office 365 管理センターの [製品ライセンス] ページを示すスクリーンショット。

他の Office 365 製品のライセンスと同様に、PowerShell スクリプトを使用して Microsoft To-Do ライセンスをまとめて割り当てたり、無効にしたりすることもできます。手順については、「Office 365 PowerShell を使用してユーザー アカウントにライセンスを割り当てる」を参照してください: https://docs.microsoft.com/ja-jp/office365/enterprise/powershell/assign-licenses-to-user-accounts-with-office-365-powershell

上に挙げたどの Office スイート製品のライセンスも持たないユーザー、または Microsoft To-Do へのログインのための Microsoft To-Do ライセンスを無効にしているユーザーにはエラーが表示され、アプリによってログアウトされます。  

注: to Do web アプリを Exchange Online の一部として追加するプロセスに含まれています。つまり、web アプリを起動または使用するために、ユーザーは to Do ライセンスを必要としなくなります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×