スキップしてメイン コンテンツへ

Microsoft To-Do ライセンスを割り当てる

現在、Microsoft To Do は次の Office 365 スイートで利用できます。  

  • Business Essentials

  • Business Premium

  • Microsoft 365 Firstline F1

  • エンタープライズ Firstline F1 & F2

  • Enterprise E1-E5

  • Secure Productive Business

  • セキュリティで保護された生産性の高い Enterprise E3 & E5

  • Education E1-E5

  • Education A1-A5

  • Microsoft 365 A3-A5

注: Microsoft は、Microsoft To Do を Exchange Online サブスクリプションに追加するプロセスを行っています。 これは3月に終了します。

上にリストされている1つ以上の適格 Office 365 のサブスクリプションをお持ちのお客様には、 Microsoft To Doのユーザレベルのライセンスが表示されます。 これらのライセンスを使用して、Windows、iOS、Android の Microsoft To Do アプリへの個々のアクセスを管理するだけでなく、Microsoft 365 アプリ起動ツールで Microsoft To Do タイルの表示を制御することもできます。 

Microsoft To Doのユーザーライセンスの割り当てまたは無効化を行うには、Microsoft 365 管理センターの [ユーザー] ページにアクセスして、そのユーザーを選んでから、目的を選択して [保存] をクリックします。

次に、Microsoft To Do のライセンスを無効にした後に表示されることのある例を示します。

To-Do (プラン 2) のトグル コントロールがオフに切り替えられている Office 365 管理センターの [製品ライセンス] ページを示すスクリーンショット。

他の Office 365 製品のライセンスと同様に、Powershell スクリプトを使って、 Microsoft To Do ライセンスをバッチで割り当てたり、無効にしたりすることもできます。 手順については、「PowerShell を Office 365 使用してライセンスをユーザーアカウントに割り当てる https://docs.microsoft.com/en-us/office365/enterprise/powershell/assign-licenses-to-user-accounts-with-office-365-powershell を参照してください。

上記のいずれかの Office スイートのライセンスを持っていないユーザー、または Windows、iOS、または Android の Microsoft To Doに対して Microsoft To Do ライセンスのログインが無効になっている場合は、エラーが表示され、アプリによってログアウトされます。  

注: Outlook on the Web の一部である web 上の [To Do] を追加しています。これは Exchange Online でライセンスが付与されています。これは、web を起動または使用するために、ユーザーが有効な To Do ライセンスを必要としなくなったことを意味します。の記事を参照してください。 詳細については、 「web 上のアクセスを管理する」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×