スキップしてメイン コンテンツへ

Microsoft To-Do の Planner のタスクを表示する

Microsoft To Do の [担当者] リストを使用して、個々のタスクと同時にグループタスクを実行することができます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

[担当者] は、Planner で自分に割り当てられているすべてのタスクを表示します。 Windows 10、iOS、Android、または web 上の To Do または Outlook タスクで、to Do で [自分] が割り当てられていることを確認できます。

メールにフラグを設定したときに [自分に割り当て済み] と表示された Outlook for web のタスクの左側のナビゲーションのスクリーンショット

[自分に割り当て済み] をオンにする

  • To Do に移動すると、左下の [担当者] 通知が表示されます。 Planner のタスクを表示するには、[リストの表示] を選択します。

    [自分に割り当て済み] ダイアログボックスのスクリーンショット

自分に割り当てられているユーザーをオフにする

Planner への接続をオフにする場合、または [担当者] 通知が表示されず、オンにする場合は、次の操作を行います。

  1. To Do の設定を確認します。

    • Windows アプリ: 自分の名前を選択し、[設定] を選択します。

    • iOS または Android アプリ: メニューアイコンを選択して、自分の名前を選択します。

    • Web 上の to Do または Outlook タスク: 右上隅で、[ ユーザーインターフェイスにある [設定] ボタン設定]、[ To do の設定] の順に選択します。

  2. [設定] で、[接続] セクションまで下方向にスクロールし、[スケジュール] タスクが割り当てられいるかどうかを切り替えるには、トグルを使用します。

To Do の Planner のタスクを操作する

[自分に割り当て] には、 [自分のタスク] リストに表示されているすべての planner の課題の一覧が表示されます。 各タスクについて、次のことができます。

  • タスクの名前を変更する

  • チェックリスト項目を追加、変更、または完了する

  • 期限を変更する

  • 説明を追加または変更する ([メモの追加] の下)

  • To Do の[私の1日] にタスクを追加する

Planner タスクに関するその他の情報を変更するには、[期限] の下の [ planner ] を選択して、planner でそのタスクを直接開くことができます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×