スキップしてメイン コンテンツへ

Microsoft To-Do のプレビュー

MicroSoftToDo 2017 年4月の "プレビュー" に入りましたが、この期間は終了したため、製品は "一般" または "商業的" と見なされ、Office 365 のユーザーに対して利用可能であることを意味します。 このように、 MicroSoftToDo は既定でユーザーに対して有効になり、アクセスはユーザーごとのライセンスによって管理されます。

MicroSoftToDo アプリの "preview" バージョン (v v1.18 以降) のユーザーには、管理者のプレビューの設定が適用されます。この設定は、Microsoft 365 管理センターの [オプトイン] トグルによって保存されます。

自分の組織のためにこの設定を更新する場合、Office 365 ポータルを開き、"管理者" タイルをクリックしてください。 

Office 365 ポータルで [管理者] タイルを示しています
左側の "設定" ドロップダウン メニューの "サービスとアドイン" ページに移動します。

[設定] の下で [サービスとアドイン] が選択されています

ToDo をクリックします。これは通常、リストの下部にあります。

[サービスとアドイン] ページで To-Do オプションが選択されています

組織の MicroSoftToDo を "オン" に切り替えます。

[To-Do Preview] ページの切り替えオプションを示しています

サポートされている Microsoft アカウントの完全な一覧は、こちらをご覧ください:  Microsoft To-Do で使用できるアカウント

この組織全体のアクセス制御だけでなく、ユーザー レベルのライセンスとして動作し、ToDo への個別アクセスの管理に使用できるサービス プランが Office 365 スイート製品にあります。 詳細については「Assign Microsoft To-Do licenses」 (Microsoft To-Do ライセンスを割り当てる) を参照してください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×