Microsoft To-Do で使用できるアカウント

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Microsoft To-Doは、個人の Microsoft アカウントを使用する場合は無料ですが、これはMicrosoft To-DoがすべてのOffice 365 Solo またはサービスのお客様にも利用可能であることを意味します。無料と Office 365 の両方の個人用 Microsoft アカウントにはバックグラウンドで Exchange Online が搭載されているため、以下の詳細な技術要件は既定で当然満たされています。

個人用 Microsoft アカウントの一般的な例として、Skype、Outlook.com、または Xbox へのログインに使用するものが挙げられます。個人用 Microsoft アカウントは https://account.microsoft.com を利用して管理することができます。  

職場または学校の Microsoft アカウントも使用できますが、まずはそのアカウントがサポートされていることを確認する必要があります。次の Office 365 スイート製品には、職場または学校アカウントで Microsoft To-Do を使用するために必要なライセンスが含まれます。

  • Business Essentials

  • Business Premium

  • Microsoft 365 Firstline F1

  • Enterprise Firstline F1

  • Enterprise Firstline F2

  • Enterprise E1

  • Enterprise E2

  • Enterprise E3

  • Enterprise E4

  • Enterprise E5

  • Secure Productive Business

  • Secure Productive Enterprise E3

  • Secure Productive Enterprise E5

  • Education E1

  • Education E2

  • Education E3

  • Education E4

  • Education A1

  • Education A3

  • Education A4

  • Education A5

  • Microsoft 365 A3

  • Microsoft 365 A5

Microsoft To-Do でユーザーのデータを同期できるようにするためには、有効な製品ライセンスに加えて、次に示す Exchange Online のいずれかのバージョンが必要です。 

  • Exchange Online (プラン 1)

  • Exchange Online (プラン 2)

  • Exchange Essentials

  • Exchange Online Kiosk

  • Exchange Online プラン 1

  • Exchange Online POP

  • Exchange Online (P1)

次に示すアカウントの種類またはサブスクリプションはまだサポートされていません。 

  • Exchange Server のオンプレミスのインストールでホストされるアカウント

  • 政府機関アカウント/サブスクリプション

  • Office Pro Plus または Business

  • T-Mobile Systems によって運用される Office 365 DE アカウント/サブスクリプション

  • 21Vianet によって運用される Office 365 China のアカウント/サーバー

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×