Microsoft Stream によってビデオの字幕が自動的に作成される

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

PowerPoint for Office 365を使用すると、ここで説明するように、プレゼンテーションビデオをMicrosoft Streamに公開できます。また、プレゼンテーションに埋め込むビデオの場合は、ビデオを直接アップロードしてMicrosoft Streamに公開することができます。

Microsoft Streamに発行すると、自動的に作成された閉キャプションファイルを追加することができます。これによって、ビデオのアクセシビリティが向上します。

Microsoft Streamは企業向けのビデオサービスです。組織内のユーザーは、ビデオを安全にアップロード、表示、共有することができます。Microsoft Streamを使用できるユーザーの詳細については、「要件」を参照してください。

Microsoft Streamに、閉じるキャプションを作成するように指示する

ビデオをアップロードすると、 PowerPointによって、組織のMicrosoft Streamサイトのビデオ再生ページへのリンクが提供されます。

  1. ブラウザーで [ビデオ再生] ページを開きます。

  2. 詳細ウィンドウで、省略記号 ([その他]) ボタンを選択し、[編集] を選択します。

    省略記号ボタンを選択し、[編集] を選択します。

    これで、ビデオのプロパティを編集できます。[詳細]、[アクセス許可]、 [オプション]の3つのウィンドウ (左から右)。

  3. [詳細] で、ビデオ言語を指定します。現在、自動生成されたキャプションファイルは、英語とスペイン語のビデオの MP4 および WMV 形式で作成できます。

    [詳細] で、ビデオ言語を指定します。
  4. 次に、右側の [オプション] ウィンドウで、[自動] を選択します。

    [オプション] ウィンドウで、[キャプションファイルの自動] を選択します。
  5. ページの上部にある [適用] を選択して、これらの設定を保存します。

自動キャプションは、通常、ビデオの再生時間を1-2 倍にして処理を終了します (つまり、1時間のビデオのキャプションを作成するのに約2時間待機することを想定しています)。

キャプションを編集して精度を向上させる

トランスクリプトには、句読点と一部の単語の修正が必要になる可能性があります。転写ツールは、人工知能を使用して単語を記述する新機能です。時間が経つにつれて、学習し、より正確になるようになります。

  1. キャプションが作成されたら、[ビデオ再生] ページの [設定の表示] を選択します。

    [表示設定] を選択し、[トランスクリプトの表示] を選択します。
  2. [トランスクリプトを表示] を選びます。

    Microsoft Streamによって字幕が生成されると、ビデオのトランスクリプトがビデオの再生ページに表示されます。

    このトランスクリプトは、ページの正確さを向上させるために編集することができます。

  3. [トランスクリプト] ウィンドウには[編集] ボタンがあります。各時間セグメントを個別に編集します。[トランスクリプト] ウィンドウでセグメントを選び、ウィンドウの下部にある [編集] ボタンを選択します。

    トランスクリプトウィンドウの下部にある [編集] ボタンを選択します。

    編集する時間セグメントを選択すると、そのセグメントから開始するビデオとオーディオの再生が行われます。

    編集中に、トランスクリプトウィンドウの右側に2つのボタンが表示されます。上の1つでは、現在選択されているビデオのセグメントを再生できます。

    [トランスクリプトエディター] ウィンドウの [再生] と [保存] ボタン
  4. セグメントの編集が完了したら、2番目のボタンを選択して変更を保存します。次のセグメントをクリックして編集し、トランスクリプトを編集して満足度までプロセスを続行します。

キャプションを使用してMicrosoft Streamでビデオを再生する

Microsoft Streamのビデオに使用可能な字幕がある場合、ビデオの右下にあるツールバーには、それらをオフまたはオンにするトグルボタンがあります。

Microsoft Stream で、または字幕のないビデオを再生する

編集済みの字幕ファイルをダウンロードする

Microsoft Streamによって作成されたテキストベースのファイルは、vtt ファイル名拡張子を持つ、そのまま使用できます。("WebVTT" は、オーディオまたはビデオトラックと同期して、タイミングが設定されたテキストを表示するための標準的な形式です)。

元のPowerPointプレゼンテーションにキャプションを追加する場合は、次の手順に従って、[ビデオにキャプションファイルを追加します] をクリックします。

  1. キャプションファイルをダウンロードするには、ビデオの [プロパティ] ページに戻ります。

  2. 詳細ウィンドウで、省略記号 ([その他]) ボタンを選択し、[編集] を選択します。

    省略記号ボタンを選択し、[編集] を選択します。

    右側の [オプション] ウィンドウで、次の図に示すように、[ファイルのダウンロード] リンクを選択します。

    [ファイルのダウンロード] リンクを選択する
  3. ファイルは、コンピューターの [ダウンロード] フォルダーに保存されます。その後、システム上の任意の場所に移動できます。

ファイルの名前を次の形式で変更することをお勧めします。

MyClosedCaptions vtt

一般的な方法として、"en" (英語の場合) や "es" (スペイン語の場合) など、2文字の言語コードを含めることができます。ファイル名拡張子は "vtt" である必要があります。

ビデオにキャプションファイルを追加する

コンピューターにダウンロードした完了した字幕ファイルを作成したら、 PowerPoint でキャプションまたは字幕を追加する準備が整いました。

Microsoft Streamの要件

Microsoft Streamにビデオを公開することは、 Office 365サブスクライバー機能です。

Microsoft Streamは、ユーザーごとのサブスクリプションに基づいてライセンスを取得します。これは、組織と企業のOffice 365サブスクリプションプランの一部として利用できます (ただし、business Premium と business Essentials のプランは除きます)。スタンドアロンサービスとして使用することもできます。

詳細については、「 Microsoft Streamのライセンスの概要」と「価格の概要」を参照してください。 

関連項目

PowerPoint を使用せずにビデオを Microsoft Stream にアップロードする

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×