Microsoft SQL Server データベースにデータ接続を追加します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft SQL Server データベースのクエリを実行するフォーム テンプレートには、セカンダリ データ接続を追加できます。フォーム テンプレートのデータベースにデータをフォームを送信するには、セカンダリ データ接続を追加できません。セカンダリ データ接続を使用してデータベースのフォーム データを送信する場合は、そのデータベースに対応する Web サービスへのセカンダリ データ接続を使用します。詳細については、「参照」セクションの Web サービスにセカンダリ データ接続を追加するへリンクを検索します。

データベースにセカンダリ データ接続を追加するのには、次の操作をする必要があります。

手順 1: セカンダリ データ接続を追加するフォーム テンプレート   この手順では、該当するフィールドとデータベースにデータを保存する方法でグループをセカンダリ データ ソースを作成します。フォームを開くときに、このデータ接続を使用するフォームを許可するフォーム テンプレートを設定することもできます。

手順 2: データ接続を使用するフォーム テンプレートを構成する   ユーザーがフォームを開いた後、このデータ接続を使用する場合は、このデータ接続からデータを取得するためのフォーム テンプレートにルールまたはボタンを追加できます。

この記事の内容

概要

始める前に

手順 1: セカンダリ データ接続を追加します。

手順 2: データ接続を使用するフォーム テンプレートを構成します。

概要

外部データ ソースを基にしたフォーム テンプレートを作成すると、Microsoft Office InfoPath はその外部データ ソースへのメインデータ接続を作成します。外部データ ソースのデータを保存する方法に基づくフォーム テンプレートのメインのデータ ソースが作成されます。ただし、メイン データ接続で使用されている外部データ ソースが、値のフォーム テンプレート上のコントロールを配置するがありません。これらの値は、別の SQL Server データベースなどの別の外部データ ソースに存在しない場合があります。別の外部データ ソースから値を取得するには、フォーム テンプレートにセカンダリ データ接続を追加できます。

セカンダリ データ接続は、フォーム テンプレートに追加するデータ接続です。このデータ接続には、クエリのデータ接続または送信データ接続を使用できます。SQL Server データベースへのセカンダリ データ接続としてのみ、フォーム テンプレートにクエリのデータ接続を追加できます。メインのデータ接続に 1 以外の外部データ ソースからデータが必要な場合にのみ、このデータ接続を追加します。セカンダリ データ接続として、SQL Server データベースに送信データ接続を追加できません。

データベースにクエリのデータ接続を追加する方法、データベースのデータが保存されていることに対応するデータ フィールドとグループの第 2 データ ソースが作成されます。セカンダリ データ ソース内のデータ構造のデータベース テーブルにデータを保存する方法が一致しているためのフィールドまたはグループのセカンダリ データ ソースを変更することはできません。アクセスできるようにユーザーにデータがフォームがネットワークに接続していないときに、結果を保存する各クエリのデータ接続を構成することができます。データの種類、によってユーザーがネットワークに接続されている場合にのみ、クエリの結果を表示します。

セキュリティ メモ: セカンダリ データ接続を外部データ ソースから機密性の高いデータの取得を使用している場合は、場合に、コンピューターが喪失したか、盗難、取り込み、許可のない使用からデータを保護するためには、この機能を無効にすることがあります。この機能を無効にした場合、データは、ユーザーがネットワークに接続されている場合にのみ使用されます。

フォーム テンプレートにクエリのデータ接続を追加するときに既定でこのフォーム テンプレートに基づくフォーム データ接続を使用するユーザーを開いたとき。次の方法のいずれかでクエリのデータ接続を使用するフォーム テンプレートを構成することもできます。

  • ルールの追加   ルールの条件が発生するたびに、クエリのデータ接続を使用するためのルールを構成することができます。

  • 追加ボタン   クエリのデータ接続を使用してデータを取得するユーザーがクリックして、フォーム テンプレートには、ボタンを追加できます。

  • ユーザー設定コードを使用します。   ルールまたはボタンを追加することができない場合は、クエリのデータ接続を使用してデータを取得するユーザー設定のコードを使用できます。ユーザー設定コードを使用するには、カスタム コードを作成するのには、開発者が必要です。

ページの先頭へ

始める前に

SQL Server データベースにフォーム テンプレートにセカンダリ データ接続を追加する前に、データベース管理者から、次の情報が必要があります。

  • このフォーム テンプレートで使用するデータベースとサーバーの名前。

  • このフォーム テンプレートで使用するデータベースの名前。

  • データベースが必要な認証します。データベースは、Microsoft Windows 認証または SQL Server 認証を使用して、ユーザーがデータベースにアクセスする方法を決定します。

  • フォームに送信するデータが含まれているテーブルの名前。これは、主テーブルです。データベース内の 1 つ以上のテーブルを使用する場合は、その他の人の名前、子テーブルする必要があります。主テーブルのフィールドの関係を持っている子テーブル内のフィールドの名前も必要です。

  • かどうかオフラインで使用するフォームで、クエリの結果を安全に保存できます。

ページの先頭へ

手順 1: セカンダリ データ接続を追加します。

  1. [ツール] メニューで、データ接続] をクリックします。

  2. データ接続] ダイアログ ボックスで、[追加を] をクリックします。

  3. データ接続ウィザードへの新しい接続の作成] をクリックし、[データの受信] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  4. ウィザードの次のページで、データベース (Microsoft SQL Server または Microsoft Office Access のみ)] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  5. ウィザードの次のページで、 [データベースの選択] をクリックします。

  6. データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで、新しいソース] をクリックします。

  7. 接続するデータ ソースの種類] ボックスの一覧では、 Microsoft SQL Server] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  8. サーバー名] ボックスに、データベース サーバーの名前を入力します。

  9. [ログイン資格情報を、次のいずれかの操作を行います。

    • データベースは、Microsoft Windows のネットワークで使用する資格情報に基づいてアクセス権を持つ判断した場合は、 Windows 認証を使用するをクリックします。

    • 次のユーザー名とパスワードを使用するには、をクリックし、ユーザー名でユーザー名とパスワードを入力し、データベースが指定したユーザー名とデータベース管理者から取得したパスワードに基づいてアクセス権を持つユーザーと判断した場合パスワードボックス。

  10. [次へ] をクリックします。

  11. 一覧で、目的のデータが入力されているデータベースを選択してウィザードの次のページを使用して、特定のテーブルに接続する] チェック ボックスをオンに、主テーブルの名前をクリックし、[次へ] をクリックするデータベースをクリックします。.

  12. ファイル名] ボックスに、ウィザードの次のページで、データ接続情報を格納するファイルの名前を入力します。

  13. これらの設定を保存するには、[完了] をクリックします。

  14. クエリのデータ接続に使用する他のテーブルを追加します。

    方法

    1. テーブルの追加] をクリックします。

    2. 追加のテーブルまたはクエリ] ダイアログ ボックスで、子のテーブルの名前をクリックし、[次へ] をクリックします。InfoPath では、両方のテーブルのフィールド名と一致する、リレーションシップを設定を試みます。お勧めのリレーションシップを使用しない場合は、リレーションシップを選択し、[リレーションシップの削除] をクリックします。リレーションシップを追加するには、リレーションシップの追加] をクリックします。リレーションシップの追加] ダイアログ ボックスでは、[それぞれの列では、関連する各フィールドの名前をクリックし、[ OK] をクリックします。

    3. [完了] をクリックします。

    4. その他の子テーブルを追加するには、次の手順を繰り返します。

  15. [次へ] をクリックします。

  16. クエリのデータ接続の結果利用できるように、フォームがネットワークに接続していないときに、フォーム テンプレート内のデータのコピーを保存する] チェック ボックスを選択します。

    セキュリティ メモ: フォームは、このデータ接続を使用する場合、そのユーザーのコンピューター上のデータを保存するこのチェック ボックスをオンします。フォームでは、このデータ接続から機密性の高いデータを取得するが、場合は、コンピューターが喪失したか、盗難、取り込み場合にデータを保護するには、この機能を無効にできます。

  17. [次へ] をクリックします。

  18. ウィザードの次のページには、このセカンダリ データ接続のわかりやすい名前を入力します。フォームにフォームを開いたときに自動的にデータを受信する場合は、自動的にフォームを開いたときにデータを取得する] チェック ボックスを選択します。

ページの先頭へ

手順 2: データ接続を使用するフォーム テンプレートを構成します。

ユーザーがフォームを開いた後、このデータ接続を使用するには、このフォーム テンプレートに基づくフォームにする場合は、ルールを追加するには、特定の条件下には、このデータ接続を使用するフォーム テンプレートにまたはボタンを追加するには、ユーザーが、cli を実行できるフォーム テンプレートこのデータ接続を使用する ck」と入力します。

ルールを追加する

ルールの条件が満たされたときに、クエリのデータ接続からデータを取得するフォーム テンプレートには、ルールを追加できます。次の手順は、フォーム テンプレートのクエリのデータ接続を作成して、そのデータ接続からデータを表示するフォーム テンプレート上のコントロールが構成されていることを想定しています。

  1. フォーム テンプレートに複数のビューがある場合は、[表示] メニューのセカンダリ データ ソースからデータを表示するコントロールをビューに移動するビューの名前をクリックします。

  2. ためのルールを追加するコントロールをダブルクリックします。

  3. [データ] タブをクリックします。

  4. [入力規則とルール] で [ルール] をクリックします。

  5. [ルール] ダイアログ ボックスで [追加を] をクリックします。

  6. [名前] ボックスで、ルールの名前を入力します。

  7. ルールが実行する必要がある場合は、条件を指定するには、条件の設定] をクリックし、し、条件を入力します。条件が発生したときに、ルールが実行されます。条件を設定していない場合、ユーザーは、[コントロール] の値を変更し、そのコントロールから離れてだれかのカーソルを移動するときに、ルールが実行されます。

  8. アクションの追加] をクリックします。

  9. 一覧で、アクションクエリ データ接続を使用する] をクリックします。

  10. データ接続の一覧で、使用するクエリ データ接続をクリックし、[各 [開く] ダイアログ ボックスを閉じるには、 [OK ] をクリックします。

  11. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

ボタンを追加します。

クエリのデータ接続からデータを取得するユーザーがクリックして、フォーム テンプレートには、ボタン コントロールを追加できます。

  1. フォーム テンプレートに複数のビューがある場合は、[表示] メニューのセカンダリ データ ソースからデータを表示するコントロールをビューに移動するビューの名前をクリックします。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. ボタンのコントロールをフォーム テンプレートにドラッグします。

  4. フォーム テンプレートに追加する] ボタンをダブルクリックします。

  5. [全般] タブをクリックします。

  6. アクションリストで、[更新] をクリックします。

  7. [ラベル] ボックスで、フォーム テンプレートのボタンを表示する名前を入力します。

  8. [設定] をクリックします。

  9. [更新] ダイアログ ボックスでは、 1 つのセカンダリ データ ソースをクリックします。

  10. セカンダリ データ ソースの選択] の一覧では、クエリのデータ接続に関連付けられているセカンダリ データ ソースをクリックします。

  11. [OK] をクリックして、開いている各ダイアログ ボックスを閉じます。

  12. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×