Microsoft Query を使用して外部データを取り出す

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Query を使用すると、外部ソースからデータを取得します。Microsoft Query を使用すると、企業のデータベースからデータを取得するには、Excel で分析するデータを再入力する必要はありません。データベースが新しい情報で更新されたときに、Excel のレポートや集計を自動的に元のデータベースを更新することもできます。

Microsoft Query を使用するには、外部データ ソースに接続する、それらの外部ソースからデータを選ぶ、ワークシートにそのデータをインポートして外部ソースのデータと同期してワークシート データを維持するために必要に応じてデータを更新します。

アクセスできるデータベースの種類    各種の Microsoft Office Access、Microsoft SQL Server では、Microsoft SQL Server OLAP Services など、データベースからデータを取得することができます。Excel ブックと、テキスト ファイルからデータを取得することもできます。

Microsoft Office には、次のデータ ソースからデータを取得するために使用できるドライバーが用意されています。

  • Microsoft SQL Server Analysis Services (OLAP プロバイダー)

  • Microsoft Office Access

  • dBASE

  • Microsoft FoxPro

  • Microsoft Office Excel

  • Oracle

  • Paradox

  • テキスト ファイル データベース

ODBC ドライバーまたは他の製造元からのデータ ソース ドライバーに使える表示されていないここでは、その他の種類の OLAP データベースなどのデータ ソースから情報を取得します。ODBC ドライバーまたはここに記載されていないデータ ソース ドライバーのインストール方法の詳細については、データベースのドキュメントを確認するか、データベースの製造元に問い合わせてください。

データベースからデータを選択します。    データベースからデータを取得するには、質問のことを外部データベースに格納されているデータについては、クエリを作成します。たとえば、Access データベースのデータが保存されますが、場合は地域ごとの特定の製品の売り上げ高を知る可能性があります。データの一部を取得するには、製品および分析する地域のデータのみを選択します。

Microsoft Query を使ってデータを Excel にのみ、そのデータをインポートしの列を選択します。

1 つの操作でワークシートを更新します。    Excel ブックで外部データがしたら、常に、データベースを変更できます。 最新の情報に更新して分析するデータ: せずに、概要のレポートやグラフを再作成します。たとえば、集計レポートを作成できで新しいの売り上げ高が届かない場合毎月更新できます。

Microsoft Query 方法データ ソースを使用します。    特定のデータベースのデータ ソースをセットアップした後にそれを使えるを選択し、そのデータベースからデータを取得するクエリを作成するときに、せずにすべての接続情報をもう一度入力します。Microsoft Query は、外部データベースに接続するのには、どのようなデータを表示して、データ ソースを使用します。クエリを作成してデータを Excel に戻ると、クエリは、データを更新するときに、データベースに再接続するようにクエリとデータ ソースの情報を含む Excel ブックを提供します。

Microsoft Query を使って Excel に外部データをインポートするデータをインポートする Microsoft Query を使用して   では、次のセクションでは、詳細で説明するは、それぞれの基本的な手順に従います。

データ ソースは何ですか?    データ ソースは、保存されている外部データベースに接続するには、Excel と Microsoft Query できる情報のセットです。データ ソースを設定するのには、Microsoft のクエリを使用するときに、データ ソースの名前を入力し、次に、名前とデータベースまたはサーバーには、データベース、および、ログオン パスワード情報の種類の場所を指定します。情報は、OBDC ドライバーまたはデータ ソース ドライバー、特定の種類のデータベースに接続するプログラムの名前も含まれます。

Microsoft Query を使用してデータ ソースを設定。

  1. [データ] タブの [外部データの取り込み] で、その他のソース] をクリックし、[ Microsoft Query から] をクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • データベース、テキスト ファイル、または Excel ブックのデータ ソースを指定するには、[データベース] タブをクリックします。

    • OLAP キューブのデータ ソースを指定するには、 OLAP キューブ] タブをクリックします。このタブは、Excel から Microsoft のクエリを実行した場合にのみ使用できます。

  3. < 新しいデータ ソース >をダブルクリックします。

    または

    < 新しいデータ ソース >] をクリックし、[ OK] をクリックします。

    [新しいデータ ソースの作成] ダイアログ ボックスが表示されます。

  4. 手順 1 で、データ ソースを識別する名前を入力します。

  5. ステップ 2 で、データ ソースとして使用しているデータベースの種類のドライバーをクリックします。

    注: 

    • 外部のデータベースにアクセスするには、Microsoft Query、と一緒にインストールされる ODBC ドライバーがサポートされていませんを取得しての製造元など、サードパーティ ベンダーから Microsoft Office 互換 ODBC ドライバーをインストールする必要が場合、データベースです。インストール手順については、データベースの製造元に問い合わせてください。

    • OLAP データベースでは、ODBC ドライバーは必要ありません。Microsoft Query のインストール時に Microsoft SQL Server Analysis Services を使用して作成されたデータベースのドライバーがインストールされています。他の OLAP データベースに接続するには、データ ソース ドライバーとクライアント ソフトウェアをインストールする必要があります。

  6. 接続] をクリックし、データ ソースに接続するために必要な情報を入力します。データベース、Excel ブック、およびテキスト ファイルと、指定した情報は、選択したデータ ソースの種類によって異なります。ログオン名、パスワード、データベースを使用している、データベースの場所またはその他の情報は、データベースの種類に固有のバージョンを指定するを求められる場合があります。

    重要: 

    • パスワードには、大文字、小文字、数字、記号を組み合わせた複雑なものを使用してください。これらの文字を混在させたものになっていないパスワードは強力とは言えません。たとえば、House27 は Y6dh!et5 に比べ、推測されやすいパスワードと言えます。長さは 8 文字以上にする必要があり、理想は 14 文字以上のパス フレーズです。

    • パスワードは忘れないようにしてください。パスワードを忘れた場合、Microsoft でパスワードを回復することはできません。紙に記録したパスワードを、保護する必要がある情報から離れた安全な場所に保管してください。

  7. 必要な情報を入力した後、新しいデータ ソースの作成] ダイアログ ボックスに戻るには、 [ok]または終了日]をクリックします。

  8. データベースにテーブルがあり、特定のテーブルがクエリ ウィザードに自動的に表示したい場合、手順 4 のボックスをクリックし、希望するテーブルをクリックします。

  9. データ ソースを使用すると、ログオン名とパスワードを入力しない場合は、ユーザー ID とパスワードでデータ ソースの定義を保存する] チェック ボックスを選択します。パスワードが暗号化されていません。チェック ボックスを使用できない場合は、データベース管理者には、このオプションを使用できるとできるかどうかを決定するを参照してください。

    セキュリティ メモ: データ ソースに接続するときは、ログオン情報を保存しないでください。この情報はプレーン テキストとして格納されることがあり、悪意のあるユーザーが情報にアクセスしてデータ ソースのセキュリティを侵害する可能性があります。

次の手順を完了したら、[データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで、データ ソースの名前が表示されます。

ほとんどのクエリ クエリ ウィザードを使用します。    クエリ ウィザードでは、簡単に選択して、さまざまなテーブルと、データベース内のフィールドからデータを収集します。クエリ ウィザードを使用して、テーブルおよび含めるフィールドを選択できます。1 つのテーブルで主キー フィールドと 2 番目のテーブルに同じ名前のフィールドに、ウィザードが認識されると、(2 つのテーブルの行を結合するように指定するクエリ操作は、同じフィールドの値に基づく) 内部結合は自動的に作成されます。

結果セットを並べ替えるには、簡単なフィルターを実行して、ウィザードを使用することもできます。ウィザードの最後の手順では、データを返すには、Excel、または Microsoft Query でクエリを絞り込むにできます。クエリを作成した後、または Microsoft Query のいずれかの Excel で実行できます。

クエリ ウィザードを開始するには、次の手順を実行します。

  1. [データ] タブの [外部データの取り込み] で、その他のソース] をクリックし、[ Microsoft Query から] をクリックします。

  2. データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで、クエリの作成/編集するためのクエリ ウィザードを使う] チェック ボックスが選択されていることを確認します。

  3. 使用するデータ ソースをダブルクリックします。

    または

    データ ソースを使うをクリックし、[ OK] をクリックします。

Microsoft Query を他の種類のクエリで直接作業    クエリ ウィザードより複雑なクエリを作成する場合は、Microsoft Query で直接操作できます。表示して、新しいクエリを作成するには、ウィザードを使用せずにクエリ ウィザード] の作成を開始するクエリを変更するのには、Microsoft Query を使用することができます。直接 Query で作業は、次の手順のクエリを作成する場合:

  • 特定のデータ フィールドを選択    大規模なデータベースでは、フィールドのデータの一部を選択し、不要なデータを省略することがあります。たとえば、多くの製品の情報を含むフィールドの製品の 2 つのデータが必要な場合は、 抽出条件を使用する 2 つの製品のみのデータを選択します。

  • クエリを実行するたびに、別の条件に基づいてデータの取得    外部データの同じ Excel レポート、同じまたは複数の領域の集計を作成する必要がある場合、地域ごとに、別の売上レポートなどのパラメーター クエリを作成することができます。パラメーター クエリを実行すると、クエリがレコードを選択するときに、抽出条件として使用する値を求められます。たとえば、特定の地域を入力するように求めるパラメーター クエリと、地域の売上レポートを作成するには、このクエリを再利用する可能性があります。

  • さまざまな方法でデータを結合    クエリ ウィザードを作成する内部結合は、最も一般的なクエリの作成に使用される結合の種類です。場合によっては、ただし、使用する別の種類の結合します。たとえば、顧客情報のテーブルと製品売上情報のテーブルがある場合は、内部結合 (クエリ ウィザードを使って作成した型) には、購入を行っていないお客様に顧客のレコードの検索ができなくなります。Microsoft Query を使用するには、購入した顧客の売上データと共に、すべての顧客のレコードを取得できるように次の表に参加できます。

Microsoft Query を開始するには、次の手順を実行します。

  1. [データ] タブの [外部データの取り込み] で、その他のソース] をクリックし、[ Microsoft Query から] をクリックします。

  2. データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで [クエリの作成/編集するためのクエリ ウィザードを使う] チェック ボックスをオフになっていることを確認します。

  3. 使用するデータ ソースをダブルクリックします。

    または

    データ ソースを使うをクリックし、[ OK] をクリックします。

再使用してクエリの共有    クエリ ウィザードと Microsoft Query の両方を変更、再利用、および共有する .dqy ファイルとして、クエリを保存できます。開くことはできます .dqy ファイルを直接するまたは他のユーザーが同じクエリを使ってその他の外部データ範囲を作成できます。

Excel から保存したクエリを開く。

  1. [データ] タブの [外部データの取り込み] で、その他のソース] をクリックし、[ Microsoft Query から] をクリックします。[データ ソースの選択] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで、[クエリ] タブをクリックします。

  3. 開きたい保存したクエリをダブルクリックします。Microsoft Query でクエリが表示されます。

保存済みクエリを開きたいクエリが既に開いている場合は、Microsoft Queryファイル] メニューをクリックし、[開く] をクリックします。

.Dqy ファイルをダブルクリックすると場合、Excel が開き、クエリの実行、新しいワークシートに結果を挿入します。

Excel の集計や外部データに基づくレポートを共有する場合は、外部データ範囲を含むブックを他のユーザーに付与するまたはのテンプレートを作成することができます。テンプレートを使用できるように、ファイル サイズが小さく、外部データを保存しないで集計やレポートを保存することができます。レポート テンプレートを開くときに、外部データを取得します。

クエリ ウィザードまたは Microsoft Query でクエリを作成した後は、データを Excel ワークシートに戻ることができます。外部データ範囲または書式を設定して、更新することができるピボットテーブル レポートデータになります。

取得したデータの書式設定    Excel では、表示して、Microsoft Query によって取得したデータを集計する自動集計、グラフなどのツールを使用することができます。、データの書式を設定して、書式が、外部データを更新するときに保持されます。フィールドの名前] ではなく、独自の列のラベルを使用して自動的に行番号を追加できます。

Excel が最後に入力した新しいデータを自動書式設定の範囲を前の行と一致します。Excel では、前の行で繰り返したおよび追加の行にする数式がコピーも自動的にできます。

注: ために、拡張する範囲の新しい行形式と数式は、少なくとも 3 つの 5 つの前の行に表示する必要があります。

このオプション (ともう一度オフ) にはいつでも。

  1. [ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順にクリックします。

    Excel 2007で: Microsoft Office ボタンをクリックし、 Excel のオプション] をクリックし、[詳細設定] カテゴリ] をクリックします。

  2. [編集オプション] セクションでは、形式および数式を拡張するデータの範囲のチェックを選択します。自動データ範囲がもう一度書式設定をオフにする] このチェック ボックスをオフにします。

外部データを更新します。    外部データを更新するときに、条件に一致する追加または変更されたデータを取得するクエリを実行します。Microsoft Query と Excel の両方でクエリを更新することができます。Excel には、ブックを開くたびに、データを更新して、指定した間隔で自動的に更新状況を含むクエリを更新するためのいくつかのオプションが用意されています。データが更新されると、データを更新中は、状態を確認することも、Excel での作業を続行することができます。詳細については、接続 (インポート) されたデータの更新を参照してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×