スキップしてメイン コンテンツへ
Office

Microsoft Power Query for Excel の概要

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。 ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

注: クエリ エディターは Power Query に含まれています。 クエリエディターの表示方法に関するビデオについては、この記事の最後を参照してください。

Power Query は、Excel のセルフサービスビジネスインテリジェンス (BI) を強化し、リレーショナル、構造化、半構造化、OData、Web など、さまざまなソースのデータを検索、結合、絞り込みを行うことができるようにします。、Hadoop など。

作業の開始

Power Query in work の表示について POWER BI-作業の開始ガイドには、外部データに接続し、データを変換し、データモデルを作成するブックを作成するために power Query が使用されていることを示すセクションがあります。 ガイド全体を読むか、 Power Queryセクションに移動することができます。

Power Query では、組織内でクエリの共有、管理やデータの検索を行うことができます。 企業内のユーザーは、これらの共有クエリ (共有されている場合) を検索して使用し、クエリの中の基になるデータを使用してデータ分析やレポート作成を行うことができます。 クエリの共有方法の詳細については、「クエリを共有する」を参照してください。

Power Query で可能な操作

  • さまざまなソースのデータを検索、接続します。

  • データ ソースをマージ、整形してデータ分析要件に合わせたり、PowerPivot や PowerView などのツールで詳しい分析、モデリングの準備をしたりします。

  • データのカスタム ビューを作成します。

  • JSON パーサーを使用して、Big Data や Azure HDInsight のデータを可視化します。

  • データ クレンジング操作を実行します。

  • 複数のログ ファイルからデータをインポートします。

  • Excel グラフを表示する Facebook などからクエリを作成します。

  • XML、Facebook、ファイル フォルダーなどの新しいデータ ソースから、更新可能な接続として PowerPivot にデータを取り込みます。

  • Power Query 2.10 以降では、組織内でクエリの共有、管理やデータの検索を行うことができます。

Power Query のデータ ソース

  • Web ページ

  • Excel ファイルまたは CSV ファイル

  • XML ファイル

  • テキスト ファイル

  • フォルダー

  • SQL Server データベース

  • Microsoft Azure SQL データベース

  • Access データベース

  • Oracle データベース

  • IBM DB2 データベース

  • MySQL データベース

  • PostgreSQL データベース

  • Sybase データベース

  • Teradata データベース

  • SharePoint リスト

  • OData フィード

  • Microsoft Azure Marketplace

  • Hadoop ファイル (HDFS)

  • Microsoft Azure HDInsight

  • Microsoft Azure テーブルストレージ

  • Active Directory

  • Microsoft Exchange

  • Facebook

関連トピック

外部データ ソースからデータをインポートする

データの整理

クエリ エディターは、新しいクエリの読み込み、編集、または作成を行うときにのみ表示されます。 次のビデオは、Excel ブックからクエリを編集した後で表示される [クエリ エディター] ウィンドウを示します。 既存のブッククエリを読み込んだり編集したりせずにクエリエディターを表示するには、[ Power Query ] リボンタブの [外部データの取り込み] セクションで、[その他のデータソースから] を選択します > 空のクエリ] をクリックします。 次のビデオは、クエリ エディターを表示する 1 つの方法を示します。

Excel でクエリ エディターを表示する方法

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×