Microsoft Office Starter 2010 のユーザー補助機能

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Starter 2010には、ソフトウェアを幅広い動作、視覚その他の障碍のある方を含め、すべてのユーザーにアクセスできるようにする機能が含まれています。

注: Windows のアクセシビリティ機能を使用する方法の詳細については、 Windows を使用して、Office の機能アクセスできることを参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

ショートカット キー

サイズを設定して、ズーム オプション

テキストの色を変更します。

収集し、Office Starter のプログラム間でアイテムを貼り付ける

新規または更新されたユーザー補助機能の詳細についてください。

キーボード ショートカット

ほとんどのタスクはキーボードを使用して実行できます。

ヒントで一部のキーボード ショートカットを表示または非表示にする

キーボードを使用する

  1. Alt キーを押しながら F キーと I キーを押して、[Word のオプション] ダイアログ ボックスまたは [Excel のオプション] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. キーを押して [詳細設定] を選択し、Tab キーを押して、Word の操作の詳細オプションを設定するウィンドウに移動します。

  3. [表示] の [ボタン名と一緒にショートカット キーを表示する] が選択されるまで、Tab キーを繰り返し押します。

  4. Space キーを押して、チェック ボックスのオンとオフを切り替えます。

マウスを使用する

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [Word] または [Excel] の [オプション] をクリックします。

  3. [詳細設定] をクリックします。

  4. [表示] の [ボタン名と一緒にショートカット キーを表示する] チェック ボックスをオフにします。

重要: この設定を変更すると、すべての Microsoft Office アプリケーションに反映されます。

キーボードの使用方法の詳細については、次の記事を参照してください。

ページの先頭へ

サイズ変更と拡大/縮小のオプションを設定する

文書を拡大/縮小する

文書を拡大して文書の一部を大きく表示したり、縮小してページ全体を表示したりできます。

キーボードを使用する

  1. ステータス バーにフォーカスがあるまでは、f6 キーを押します。

  2. [ズーム レベル] にフォーカスが移るまで Tab キーを繰り返し押します。

  3. Enter キーを押して [ズーム] ダイアログ ボックスを開きます。

  4. [指定] ボックスが選択されるまで Tab キーを押し、パーセンテージを入力するか、キーまたはキーを押してパーセンテージを選択します。

マウスを使用する

  1. ウィンドウの下部で、ズーム スライダーをクリックしてドラッグするか、[指定] ボックスにパーセンテージを入力します。

Microsoft IntelliMouse ポインティング デバイスまたは他のポインティング デバイスを使用して拡大/縮小する

  1. 文書をクリックします。

  2. 拡大または縮小表示するには、Ctrl キーを押しながらホイール ボタンを回転させます。

詳細については、お使いのポインティング デバイスのマニュアルを参照してください。

ページの先頭へ

文字列の色を変更する

キーボードを使用する

  1. 変更する文字列を選択します。

  2. Alt キーを押しながら、H、F、C キーを押します。

  3. 方向キーを使用して目的の色を選択し、Enter キーを押します。

マウスを使用する

  1. 変更するテキストを選択します。

  2. [ホーム] タブの [フォント] で、次のいずれかの操作を行います。

    • 最後にテキストに使用した色を適用するには、[フォントの色] をクリックします。

    • 別の色を適用するには、[フォントの色] の横の矢印をクリックし、目的の色を選択します。

ページの先頭へ

Office Starter プログラム間で項目の収集と貼り付けを行う

貼り付ける項目をまとめる

キーボードを使用する

  1. Microsoft Office クリップボード作業ウィンドウが開いていることを確認します。

    方法

    • Alt キーを押しながら H キーを押し、F、O キーを押します。

  2. 文書に移動するまで F6 キーを繰り返し押し、移動したらコピーする最初の項目を選択します。

  3. Ctrl キーを押しながら C キーを押して、項目をコピーします。

  4. コピーするすべての要素がクリップボードに入るまで、コピーを連続して行います (最大 24 個)。

マウスを使用する

  1. Microsoft Office クリップボード作業ウィンドウが開いていることを確認します。

    方法

    • [ホーム] タブの [クリップボード] グループで、[クリップボード] ダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。
      ダイアログ ボックス起動ツール

  2. コピーする最初のアイテムを選択します。

  3. [ホーム] タブの [クリップボード] で、[コピー] をクリックします。

  4. コピーするすべての要素がクリップボードに入るまで、コピーを連続して行います (最大 24 個)。

Office Starter で収集した項目を貼り付ける

キーボードを使用する

  1. Word Starter または Excel Starter を開きます。

  2. Microsoft Office クリップボード作業ウィンドウが開いていることを確認します。

    方法

    • Alt キーを押しながら H キーを押し、F、O キーを押します。

    • 文書に移動するまで F6 キーを繰り返し押し、移動したら項目を貼り付ける場所にカーソルを置きます。

    • F6 キーを押して、Microsoft Office クリップボード作業ウィンドウに移動します。

    • 次のいずれかを実行します。

      • 項目を 1 つずつ貼り付けるには、Microsoft Office クリップボード作業ウィンドウで、下方向キーを押して貼り付ける項目を強調表示し、Enter キーを押します。

      • コピーしたすべての項目を貼り付けるには、[すべて貼り付け] が選択されるまで Tab キーを繰り返し押し、選択されたら Enter キーを押します。

      • Esc キーを押して文書に戻ります。

マウスを使用する

  1. Word Starter または Excel Starter を開きます。

  2. Microsoft Office クリップボード作業ウィンドウが開いていることを確認します。

    方法

    • [ホーム] タブの [クリップボード] グループで、[クリップボード] ダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。
      ダイアログ ボックス起動ツール

  3. 項目を貼り付ける位置をクリックします。

  4. 次のいずれかを実行します。

    • 項目を 1 つずつ貼り付けるには、Office クリップボード上で貼り付ける項目をクリックし、Enter キーを押します。

    • コピーしたすべての項目を貼り付けるには、[すべて貼り付け] をクリックします。

ページの先頭へ

追加または更新されたユーザー補助機能の詳細

Microsoft Office Starter 2010は、これらのすべてのユーザー補助のコンテンツを作成する際に便利に加えて、障碍のあるユーザーに利用可能な Microsoft Office 製品の取り組みを続行します。多くの機能のほかに精通している可能性がありますOffice Starter 2010が含まれているいくつかの新規または更新されたユーザー補助機能にはします。

Microsoft Office Backstage ビュー

Office 2010 でのよりわかりやすい変更点の 1 つは、以前は [ファイル] メニューまたは Microsoft Office ボタンにあった操作が、Microsoft Office Backstage ビューに移動したことです。ここには、ファイルに含まれている内容ではなく、[印刷] や [保存] など、ファイル全体を操作するために使用するツールがあります。より多くの領域を表示して使用できるコマンドについてより詳細な情報を提供することで、アクセシビリティを重視するユーザーに、より多くのコンテキストとコマンドの使用方法に関する説明を提供します。さらに、画面領域を活用することで、ユーザー インターフェイスにコマンドがより論理的に表示されます。

Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイス (リボン)

Office 2010には、アプリケーション間で一貫した外観を提供する、すべての Office アプリケーションにFluent ユーザー インターフェイスでは、または、リボンが適用されます。また、キーボードを使用してリボンを移動するユーザーを支援するを次のまたは前のグループに移動するリボン タブで ctrl キーを押しながら右矢印または ctrl キーを押しながら左方向キーを押して (グループと呼ばれる) リボン タブの [セクションごとにジャンプすることがようになりました。

アクセシビリティ チェック

Office Starter にはよりアクセシビリティの高いコンテンツを作成するため、アクセシビリティ チェックが含まれています。アクセシビリティ チェックは、ファイルを作成すると、させる可能性がある、課題を表示または使用障碍のあるユーザーの領域を識別するときに自動的に実行されます。Backstage ビューから開いた [アクセシビリティ チェック] 作業ウィンドウでは、確認しのコンテンツを潜在的な問題を修正します。

この新しい機能の動作方法の詳細については、 「アクセシビリティ チェックを参照してください。

その他の機能強化

  • 表、イメージ、図形などに説明を追加できるようになりました。この説明は 2 番目のレベルの代替テキストに似ており、障碍のある読み手や補助を必要とする読み手向けに作成者が複雑な内容の説明を記述するときに役立ちます。

  • ファイルの浮動オブジェクトを選択しやすく選択ウィンドウを開くには、Word Starter または Excel Starter で alt キーを押しながら F10 キーを押します。

  • ファイル内の図形の回転やサイズ変更をキーボード ショートカットで実行できるようになりました。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×