Microsoft Office SharePoint Server 2007 の概要

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

この記事では、 Microsoft Office SharePoint Server 2007を紹介し、それを使ってコンテンツをより適切に制御し、ビジネスプロセスを合理化し、組織内の他のユーザーと情報を共有する方法について説明します。この記事で説明する機能は、組織内でOffice SharePoint Server 2007環境をカスタマイズする方法によって異なります。たとえば、サイトとサブサイトを作成できるかどうかは、組織がサイトをセットアップする方法と、それらを作成するためのアクセス許可によって異なります。

注: この記事では、IT プロフェッショナルや開発者を対象とした機能については説明しません。SharePoint サイトの管理に関する詳細情報へのリンクと、その機能を拡張する方法については、 「関連項目」を参照してください。

この記事の内容

概要

Office sharepoint Server 2007 と Windows sharepoint Services

コラボレーション

ユーザーと個人用設定

検索

コンテンツ管理

ビジネスプロセスとフォーム

ビジネス インテリジェンス

概要

Office SharePoint Server 2007は、 2007 Microsoft Office systemの一部である新しいサーバープログラムです。組織では、 Office SharePoint Server 2007を使用して共同作業を促進し、コンテンツ管理機能を提供し、ビジネスプロセスを実装し、組織の目標やプロセスに不可欠な情報にアクセスすることができます。

特定のコンテンツ発行、コンテンツ管理、レコード管理、またはビジネスインテリジェンスのニーズをサポートする SharePoint サイトを簡単に作成できます。また、ユーザー、ドキュメント、データの効率的な検索を行うことができます。また、フォーム駆動型のビジネスプロセスに参加したり、大量のビジネスデータにアクセスして分析したりすることも可能です。

さらに、 Office SharePoint Server 2007は、 2007 Office リリースの他のプログラム、サーバー、テクノロジと効率的に動作するように設計されています。たとえば、多くの2007 Office リリースプログラムでは、ワークフローを開始または参加させることができますが、これは、承認プロセスなどのビジネスプロセスに関連する特定の一連のアクションまたはタスクによって、ドキュメントまたはアイテムの自動的な動きです。経費明細書の場合。

次の一覧に、特定の2007 Office リリースプログラムがOffice SharePoint Server 2007でどのように動作するかの例を示します。

  • Microsoft Office PowerPoint 2007   Office SharePoint Server 2007サイトの他のユーザーと共有できる PowerPoint スライドのライブラリを作成します。

  • Microsoft Office Access 2007   SharePoint リストをオフラインにして、 Office Access 2007のレポート機能を使用して、旅行中にデータを表示したり、レポートを作成したりします。SharePoint リストを使用するフォームとレポートは完全に対話型であり、 Office Access 2007は、ノート pc をオンラインに戻すときに、ローカルリストをオンラインリストと同期させることができます。

  • Microsoft Office Outlook 2007   ドキュメントライブラリをオフラインにします。他の Outlook フォルダーと同じように、SharePoint フォルダーが表示されます。

  • Microsoft Office InfoPath 2007   ブラウザー互換フォームテンプレートをデザインし、 Office SharePoint Server 2007サイトに公開して、Web ブラウザーで使用できるようにします。

  • Microsoft Office Excel 2007   SharePoint サイトにワークシートを保存して、ユーザーがブラウザーを使ってアクセスできるようにします。これらのワークシートを使用すると、ワークシートに埋め込まれている財務モデルなどの独自の情報を保護しながら、1つの中央の最新バージョンを保持し、効率的に共有することができます。

  • Microsoft Office SharePoint Designer 2007   Office SharePoint Server 2007サイトとワークフローを作成してカスタマイズします。独自のマスターページとコンテンツページを作成して、サイトに一貫した外観と操作性を持たせるか、最新の ASP.NET テクノロジを使用してサイトをカスタマイズすることで、拡張可能なハイパーテキストマークアップ言語 (XHTML) コードやカスケードスタイルなどの Web 標準を確立しました。シート.

ページの先頭へ

Office SharePoint Server 2007とWindows SharePoint Services

Windows SharePoint Servicesについて聞いたことがある場合は、 Office SharePoint Server 2007にどのように関連するかを疑問に思うかもしれません。Windows SharePoint Servicesは、Microsoft Windows Server 2003 に含まれているテクノロジです。Windows SharePoint Servicesを使うと、チームは、情報に基づいて意思決定を行い、作業を完了するために必要なユーザー、ドキュメント、データに簡単にアクセスできるようになります。

Office SharePoint Server 2007は、 Windows SharePoint Services 3.0テクノロジを利用して、リストとライブラリ、サイト管理、サイトのカスタマイズについて、一貫した使い慣れたフレームワークを提供します。Windows SharePoint Services 3.0で利用できる機能は、 Office SharePoint Server 2007でも使用できます。

ただし、 Office SharePoint Server 2007では、Windows SharePoint Services サイトでは利用できない機能を強化し、追加で提供しています。たとえば、 Office SharePoint Server 2007とWindows SharePoint Servicesの両方に、同僚と共同作業したり、会議を設定したりするためのサイトテンプレートが含まれています。ただし、 Office SharePoint Server 2007には、エンタープライズと発行のシナリオに関連する追加のサイトテンプレートがいくつか含まれています。同様に、 Office SharePoint Server 2007によって、 Windows SharePoint Services 3.0からの検索テクノロジが強化され、SAP、Siebel、その他のビジネスアプリケーションでビジネスデータを検索する機能など、大規模な組織の従業員にとって役に立つ機能を組み込むことができます。

ページの先頭へ

コラボレーション

Office SharePoint Server 2007の次の機能を使用すると、組織内の他のユーザーとより効率的に、効果的に作業を行うことができます。

サイトテンプレートを使用して共同作業を行う、または会議を管理する   新しいOffice SharePoint Server 2007サイトを作成するときには、他のユーザーと共同作業し、会議を管理するために、さまざまな種類のサイトテンプレートのいずれかを選ぶことから始めます。グループ化されたサイトテンプレートは、組織内のチームがプロジェクトを作業し、ドキュメントを共同編集できるように設計されています。たとえば、ドキュメントワークスペースサイトテンプレートを使用して、ドキュメントまたはドキュメントのセットの他のユーザーと共同作業を行うことができます。[会議] グループのサイトテンプレートは、組織内のチームがさまざまな種類の会議を管理できるように設計されています。このグループのテンプレートでは、基本的な会議から決定に重点を置いた会議や、さらにはソーシャルイベントまで、あらゆるものをサポートしています。

ドキュメント、連絡先、タスク、予定表を共有   するOffice SharePoint Server 2007の予定表をOffice Outlook 2007と同期することができます。終日のイベントを入力し、その他の種類の繰り返し、または定期的なイベントを指定することができます。チームプロジェクトは、視覚的な日と月のビューを使用して、より効率的に追跡できます。

wiki サイトで簡単にブレーンストーミングを   行うwiki サイトを使用すると、アイデアのブレーンストーミング、チーム設計での共同作業、知識の百科事典の作成、または簡単な形式での定型情報の収集や変更を行うことができます。チームメンバーは、ブラウザーからウィキに寄稿することができます。これは、ワープロや特殊な技術知識は必要ありません。

ブログでアイデアを共有   する ブログ、または weblog は、最新の投稿から順に表示される、頻繁に短い投稿で構成します。Office SharePoint Server 2007を使用すると、ブログを作成したり、ブログに投稿したり、ブログの更新を購読したり、ブログをカスタマイズしたりするために、数回クリックするだけです。

RSS でリストとライブラリの更新プログラムを受信する   リストとライブラリは、実際にはシンプルなシンジケーション (RSS) テクノロジを使用しているため、ワークグループのメンバーは自動的に更新を受け取ることができます。RSS は、統合された場所で、ユーザーがニュース、ブログ、その他の関心項目の更新やフィードを受信して表示できるようにするテクノロジです。

プロジェクトを管理する    ガント チャートを含むプロジェクト タスク リストを作成できます。ガント チャートには、チーム タスクの日程および進捗状況を監視するために使用できる、プロジェクト タスクの視覚的な概要が示されます。

コンテンツへのモバイルアクセスを取得する   モバイルデバイスでポータル、チームサイト、リストを表示して、旅行時にチームプロジェクトやタスクの最新情報を把握することができます。たとえば、リストは、携帯電話 (または国際規格をサポートしているその他の通信デバイス) に表示されます。簡略化したテキスト形式で、各ページのコンテンツをスクロールするリンクを使用します。

Office SharePoint Server 2007に電子メールを送信する   メールプログラムを使用して、 Office SharePoint Server 2007サイトのディスカッション、会議、ドキュメントに参加することができます。チームにメールメッセージを送信して、タスクやプロジェクトをディスカッションするのと同じように、 Office SharePoint Server 2007サイトまたは特定のリストまたはライブラリに電子メールメッセージを送信することもできます。

ドキュメントと一部の種類のリストをオフラインで管理する   どこにいても、重要な作業を行うことができます。Office Outlook 2007を使用すると、ライブラリ内のファイルや、予定表、連絡先、タスク、ディスカッションなど、次の種類のリストに含まれるアイテムをオフラインで作業できます。オンラインで接続し直すと、サーバー上のファイルを更新できます。リストアイテムは自動的に更新されます。

ページの先頭へ

ユーザーと個人用設定

Office SharePoint Server 2007の次の機能を使用すると、適切なスキル、知識、プロジェクトのエクスペリエンスを持つ組織内のユーザーに接続できます。

個人用サイトに情報を保存して共有する   個人用サイトにコンテンツ、リンク、連絡先を保存することができます。個人用サイトは、他のユーザーが自分に関する情報を見つけるための連絡先としても機能します。個人用サイトを使用して、自分のスキルや役割、同僚や管理者、所属しているグループや配布リスト、自分が使用しているドキュメントなど、自分に関する情報を表示することができます。各サイトには厳格なプライバシー制御とセキュリティメカニズムが含まれているため、どの程度の情報を表示するかを選ぶことができます。個別の個人用サイトは、すべてのOffice SharePoint Server 2007ユーザーに対して使用できます。

情報を表示できるユーザーを管理   するパブリック個人用サイトコンテンツのプライバシー設定を使用して、サイト上の情報を共有しているユーザーを制限することができます。これは、携帯電話番号などの個人情報をワークグループまたは管理者のみと共有する場合に便利です。

特定の対象ユーザーに情報をターゲット設定する   リストまたはライブラリアイテム、ナビゲーションリンク、Web パーツ全体を特定のユーザーグループに表示することができます。適切なアクセス許可を持っている場合は、コンテンツクエリ Web パーツを使用して、SharePoint リストまたはライブラリ内の任意のアイテムを特定の対象ユーザーに設定できます。その他の種類の Web パーツとそのコンテンツを特定の対象ユーザーに対して対象指定することもできます。さらに、サイトナビゲーションリンクを対象ユーザーに設定することもできます。コンテンツをターゲットに設定すると、ユーザーは、関連する情報とナビゲーションリンクのみが表示されるので、この操作を簡単に行うことができます。

ページの先頭へ

検索

適切な情報またはユーザーを見つけることは、すべての検索についてです。Office SharePoint Server 2007の強力な検索関連機能を使用して、探しているものを正確に見つけることができます。たとえば、仕事を行うために必要な専門知識を持っているユーザーなどです。

検索センターから検索する   検索センターサイトでは、クエリを開始して検索結果を参照するための中心的な場所が提供されます。自分に関する情報を個人用サイトのページに追加した場合、組織内の他のユーザーは、検索センターを使用して、自分、プロジェクトに関する情報、および連絡先を見つけることができます。

イントラネット上のドキュメントを検索する   特定の言語で記述された特定の単語または語句を含むドキュメントを検索したり、特定のアプリケーションで作成したり、特定のプロパティを使用したりすることができます。

イントラネット上のユーザーを検索する   適切なユーザーを見つけることは、迅速な作業を行うために重要です。名前で他のユーザーを検索したり、スキル、現在のプロジェクト、タイトルなど、他のプロファイルの詳細を使用したりすることができます。組織のエンタープライズアプリケーション内のユーザーを検索することもできます。

エンタープライズアプリケーションでビジネスデータを検索   するOffice SharePoint Server 2007の検索機能を使用すると、SAP や Siebel などのエンタープライズアプリケーション、または組織用に作成されたカスタムデータベース内の情報を見つけるのに役立ちます。

ページの先頭へ

コンテンツ管理

Windows SharePoint Services 3.0を使用すると、バージョン管理、監査、ワークフローなど、ドキュメントのマネジメントタスクの基盤が提供されます。Office SharePoint Server 2007は、これらの機能を拡張して、強化されたドキュメント作成、ビジネスドキュメント処理、Web コンテンツ管理と発行、レコード管理、ポリシー管理、多言語発行のサポートを提供します。

Office SharePoint Server 2007では、コンテンツ管理は、ドキュメント管理、レコード管理、Web コンテンツ管理の3つのカテゴリに分類されます。次のセクションでは、これらの各カテゴリの詳細について説明します。

ドキュメント管理

ドキュメント管理機能によって、組織内のドキュメントの作成、レビュー、公開、アクセスの方法が決まります。Office SharePoint Server 2007を使用すると、ドキュメントのライフサイクルのすべてのステップで適切なポリシーを適用することができます。ドキュメントを保存、管理、アクセスするための一元管理されたリポジトリを使用し、ラベルとバーコードを使ってドキュメントを効率的に追跡します。次の機能を使用すると、組織の文書をより効率的で効果的な方法で管理できます。

ドキュメントセンターでドキュメントを管理する   ドキュメントセンターサイトテンプレートを使用すると、組織は高度に構造化されたドキュメント管理シナリオをサポートする大規模なドキュメント管理サイトを作成できます。ドキュメントセンターサイトテンプレートの既定の設定では、強力なコンテンツコントロールをサポートしています。編集する前にチェックアウトを行う必要があります。メジャーバージョンとマイナー版が有効になっており、複数のコンテンツタイプのサポートが有効になっており、監査を有効にしてコンテンツ変更を追跡時間.

翻訳ドキュメントとプロセスを管理   する翻訳管理ライブラリは、ドキュメントの翻訳プロセスを容易にするビューと機能の両方を提供することによって、翻訳されたドキュメントを作成、保存、管理するのに役立ちます。このライブラリには、ソース文書別に翻訳をグループ化した、カスタマイズされたビューがあります。また、翻訳管理ワークフローを使用して、手動による変換プロセスを管理することもできます。

サーバー上のドキュメントを変換する    Office SharePoint Server 2007は、1つのファイル形式から別のドキュメントへのサーバー側の変換をサポートします。

サーバーとクライアントにドキュメント管理を統合   するOffice SharePoint Server 2007のドキュメント管理機能の多くは、 Microsoft Office Word 2007やOffice Excel 2007などの2007 Office リリースクライアントプログラムとの緊密な統合によって強力に拡張されています。2007 Office リリースクライアントプログラム内から、ユーザーはワークフロータスクを開始して完了し、ドキュメント情報パネルでサーバードキュメントのプロパティを更新し、バーコードまたはラベルをサーバードキュメントに挿入することができます。

レコード管理

レコード管理は、組織のポリシーに基づいて一貫性のある一貫した方法で、企業レコード (会社の履歴、知識、または法的防御にとって重要と見なされる情報) を収集、管理、破棄するプロセスです。これらのポリシーは、組織が行う作業の種類、それが直面する法的リスクの種類、それを制御する法律や規制によって形成されます。Office SharePoint Server 2007には、組織内の正式なレコード管理機能を作成してサポートするための新機能のセットが導入されています。

情報管理ポリシーを実装   する組織では、 Office SharePoint Server 2007サイトの情報管理ポリシーを定義して使用することで、企業のビジネスプロセスや、情報の管理に関する法的または政府の規制に準拠することができます。情報管理ポリシーにより、サイト管理者またはリストマネージャーはコンテンツの管理方法を制御できます。Office SharePoint Server 2007には、組織が個別に、または組み合わせて使用して、サイトの情報管理ポリシーを定義できる、定義済みのポリシー機能がいくつか含まれています。サイトコレクション全体または特定のリスト、ライブラリ、またはコンテンツタイプに対して定義できるポリシー機能には、監査、バーコード、ラベル、アーカイブ用のフォーム変換、有効期限などがあります。さらに、組織はカスタム情報管理ポリシーを開発することができます。

サイトからダウンロードしたファイルに対するアクションを制限する   Office SharePoint Server 2007では、組織は Information Rights Management (IRM) を使用して、SharePoint リストまたはライブラリからダウンロードされたファイルに対してユーザーが実行できる操作を制限できます。IRM は、ダウンロードしたファイルを暗号化し、これらのファイルの暗号化を解除できるユーザーとプログラムのセットを制限します。IRM では、ファイルの閲覧を許可されているユーザーの権限を制限して、ファイルのコピーを印刷したり、テキストをコピーしたりするなどの操作を実行できないようにすることもできます。

レコードセンターでレコードの保持を管理する   Office SharePoint Server 2007のレコードセンターサイトテンプレートは、組織がレコード管理と保持プログラムを実装するのに役立つように設計されています。このサイトテンプレートは、レコードコレクションインターフェイス、vault アビリティー、レコードルーティング、情報管理ポリシーの機能 (監査、有効期限、バーコードなど) などの追加のレコード管理機能を使用して、 Office SharePoint Server 2007を拡張します。レコードを保留にする機能。

電子メールレコードを管理   するOffice SharePoint Server 2007は、 Microsoft Exchange Server 2007と緊密に統合されています。この統合により、組織は、 Office Outlook 2007のユーザーに公開されている Exchange で管理メールフォルダーを作成することができます。組織では、保持期間またはクォータを指定するこれらのフォルダーの情報管理ポリシーを定義できます。また、ユーザーはこれらのフォルダーを使って、 Office SharePoint Server 2007のレコードセンターサイトに電子メールを送信することもできます。 

Web コンテンツ管理

Office SharePoint Server 2007には、エンタープライズイントラネットポータル、企業のインターネットプレゼンス Web サイト、部門ポータルサイトの設計、展開、管理に役立つ多くの機能が用意されています。これらの機能を使用することで、組織内の従業員は Web コンテンツをタイムリーに作成し、公開できます。これによって、複数のサイトを管理するコストとオーバーヘッドを減らすことができます。

サイトデザインの一貫性と効率性を向上させる   マスターページ、ページレイアウト、コンテンツページを使用すると、サイト全体ですべてのページの外観を簡単に設定または変更できます。マスターページには、検索ボックスやナビゲーションリンクなど、サイト上のすべてのページを共有する共通要素が定義されています。ページレイアウトは、特定の種類のコンテンツページのレイアウトを定義します。たとえば、ニュース記事のページなどです。また、寄稿者が記事のタイトル、グラフィックス、見積、非構造化テキストなど、さまざまな種類のアーティクルコンテンツを入力できるフィールドも定義します。コンテンツページがブラウザーに表示されると、マスターページは共通のコンテンツを提供し、コンテンツページには、関連付けられているページレイアウトに表示されるページ固有のコンテンツを提供します。

Office SharePoint Designer 2007を使用してサイトをカスタマイズ   するOffice SharePoint Designer 2007は、 Office SharePoint Server 2007サイトを作成してカスタマイズする新製品であり、SharePoint テクノロジに基づいたワークフロー対応アプリケーションを構築します。Office SharePoint Designer 2007を使用して、 Office SharePoint Server 2007サイトのページレイアウトとマスターページを作成してカスタマイズすることができます。Office SharePoint Server 2007発行ポータルの既定のマスターページは、blueband と呼ばれ、サイトをブランディングするのに適した出発点です。ただし、必要に応じて、 Office SharePoint Designer 2007でまったく新しいマスターページをデザインできます。カスケードスタイルシートを使用する最新の編集ツールと共にマスターページを使うことで、サイト全体の変更を簡単かつ効率的に行うことができます。 

SharePoint サイトをより体系的に公開   するOffice SharePoint Server 2007には、ニュースサイトや共同作業ポータルや発行用 portal の特定のコンテンツ公開ニーズをサポートするサイトテンプレートが含まれています。各サイトテンプレートには、ページ編集ツールバー、コンテンツエディター、チェックアウトなど、発行機能が有効になっています。これらの機能を使用して、ワークフローを発行タスクに関連付けたり、ページの発行スケジュールを設定したり、バージョン管理機能を使用したり、ページレイアウトを制御したりすることができます。 

Web ベースのコンテンツエディターでページを作成して更新する   Office SharePoint Server 2007発行サイトでは、コンテンツ所有者は組み込みのコンテンツエディターを使用して、サイト上の Web ページを作成して更新することができます。たとえば、部門管理者の場合は、コンテンツエディターを使って、チーム Web サイトのお知らせやその他の情報の下書きや書式設定を行うことができます。コンテンツエディターを使用して、テキストを入力したり、ハイパーリンクや画像を挿入したり、スタイルを適用したりすることができます。すべての HTML コーディングは、シーンの背後で実行されます。または、html エディターを使用して、ページの基になる html コードにアクセスして編集することもできます。

2007 Office リリースクライアントプログラムからのページの作成と更新   Office SharePoint Server 2007サイトでドキュメントの変換機能が有効になっている場合は、既存の2007 Office リリースドキュメントを Web ページに変換できます。たとえば、 Office Word 2007ドキュメントを使って、サイトコレクションの Web ページを作成することができます。また、Office InfoPath forms (.xml ファイル) を Web ページに変換したり、追加のファイル形式をサポートするカスタムコンバーターを作成したりすることもできます。クライアント作成では、 2007 Office リリースプログラムの豊富な機能を使用して、インターネットに接続するかどうかに関係なく、Web ページをすばやく作成できます。

サイトのバリエーションを作成して管理する   Web サイトの対象ユーザーは、言語、地域、閲覧デバイス、会社の所属など、さまざまな方法で異なることがあります。サイトのバリエーションを作成し、維持する作業は、困難で時間がかかることがあります。Office SharePoint Server 2007のバリエーション機能を使うと、サイト管理者は、各ターゲットサイトのソースサイトからコンテンツのカスタマイズ可能なコピーを保持することで、バリエーションを管理するプロセスを簡素化できます。この機能は、多言語サイトを発行する場合に特に便利です。たとえば、ソースサイト (たとえば、プレスリリース-英語) と複数のターゲットサイトを指定した場合 (たとえば、プレスリリース-フランス語、プレスリリース-日本語)、 Office SharePoint Server 2007ターゲットサイトはソースサイトと同期されたままになります。

サイトのナビゲーションをより簡単に管理   するOffice SharePoint Server 2007は、そのナビゲーションモデルをサイトコレクションの階層構造に基づいています。つまり、サイトの構造を変更すると (たとえば、サブサイトを移動した場合)、変更はサイトナビゲーションに自動的に反映されます。さらに、サイト、ページ、または内部リンクが更新されると、ナビゲーションで自動的に名前が変更または削除されます。ページ、ドキュメント、その他のサイトなどの内部リソース、およびイントラネットポータルやインターネットリソースなどの外部の場所へのナビゲーションリンクを作成できます。ユーザーが見るサイト、ページ、および内部リンクのビューは、常にユーザーのアクセス許可レベルに合わせて調整されます。サイトの所有者は、ナビゲーションにページやサイトを自動的に表示したり、ナビゲーションリンクを並べ替えて編集したり、親サイトからグローバルナビゲーションと現在のナビゲーションを継承したりすることができます。ナビゲーションコントロールはマスターページの一部であり、 Office SharePoint Designer 2007で直接カスタマイズしてスタイルを設定することができます。 

サイトをより効率的に管理   するSharePoint サイトコレクションのコンテンツと構造の両方を管理するには、[サイトコンテンツと構造] ページを使用します。サイト、リスト、リストアイテムに対してアクションを実行することによって、コンテンツを管理することができます。たとえば、複数のアイテムを同時にチェックアウト、チェックイン、または公開することができます。サイトコレクション内の他の場所にサイトやリストアイテムを簡単にコピーしたり、移動したりすることができます。作成、カスタマイズ、およびオーサリング関連のレポートを表示することもできます。たとえば、承認を保留している、または自分にチェックアウトされているすべてのドキュメントを、サイト上のすべてのドキュメントを検索して表示することができます。その後、それらのドキュメントの承認やチェックインなどの操作を行うことができます。

ページの先頭へ

ビジネスプロセスとフォーム

ビジネスプロセスはあらゆる組織の中心にあり、フォームは多くのビジネスプロセスの中心にあります。たとえば、コストレポートの承認プロセスなどです。Office SharePoint Server 2007には組み込みのワークフローテンプレートが用意されており、プロセスを自動化するのに役立ちます。カスタムワークフローを作成して、共同作業を合理化することもできます。InfoPath forms Services を通じて提供される電子フォームは、ビジネスプロセスを促進する情報を収集し、検証するのに役立ちます。

ワークフローを使用してプロセスを合理化する   ワークフローは、 Office SharePoint Server 2007サイト上のドキュメントやアイテムに特定のビジネスプロセスを実装することによって、ユーザーがドキュメントで共同作業を行い、プロジェクトタスクを管理するのに役立ちます。Office SharePoint Server 2007には、一般的なビジネスシナリオに対応するように設計された、いくつかの定義済みワークフローが含まれます。

  • [承認]    このワークフローでは、ドキュメントまたはアイテムが承認のためにユーザーのグループに送信されます。

  • [フィードバックの収集]    このワークフローでは、ドキュメントまたはアイテムがフィードバックのためにユーザーのグループに送信されます。

  • [署名の収集]    このワークフローでは、デジタル署名を収集するために Microsoft Office ドキュメントがユーザーのグループに送信されます。

  • 廃棄の承認   このワークフローでは、レコード管理プロセスをサポートしており、有効期限が切れたドキュメントを保持するか削除するかを参加者が判断できるようにして、ドキュメントの有効期限と保持を管理します。

  • [3 段階の状態管理]    このワークフローを使用すると、カスタマ サポートの問題、見込み客、プロジェクト タスクなど、大量の問題やアイテムを追跡する必要があるビジネス プロセスを管理できます。

  • グループの承認   このワークフローでは、承認者を選択して、署名ではなくスタンプコントロールを使用できるようにするための階層的な組織図が用意されています。このソリューションは、東アジア市場向けに特別に設計されています。

  • [翻訳管理]    このワークフローでは、翻訳するドキュメントのコピーを作成し、翻訳タスクを翻訳者に割り当てて、手動のドキュメント翻訳プロセスを管理します。このワークフローは翻訳管理ライブラリのみで利用できます。

ブラウザーベースのフォームを使用して情報を収集し、検証   するOffice InfoPath 2007を使用してフォームテンプレートをデザインし、それらをOffice SharePoint Server 2007サイトに展開するときに、Web ブラウザーを使用してユーザーがフォームに入力できるようにする設定を有効にすることができます。これは、 Office SharePoint Server 2007がInfoPath Forms Servicesテクノロジを採用しているためです。これは、ブラウザーベースのフォームの展開を可能にするだけでなく、組織のフォームテンプレートを保存して管理するための中心的な場所を提供します。

フォームテンプレートをOffice SharePoint Server 2007サイトに発行すると、企業のイントラネットだけでなく、エクストラネットサイトや企業向け web サイトなどの外部の web サイトにも配布できます。これにより、顧客、パートナー、サプライヤ、その他の企業や組織の成功に不可欠なデータを収集することができます。たとえば、大規模な保険会社は、1つのフォームテンプレートを使用して、保険金請求を収集して処理し、そのフォームテンプレートをインターネットとイントラネットのサイトに展開することができます。

ページの先頭へ

ビジネス インテリジェンス

従来、分析を目的として大量の非構造化データにアクセスするためのツールは、データウェアハウスやデータマイニングで長年の経験を持つユーザーだけが利用できました。複数のソースからのデータを使用して Web に発行することは、開発者やコンサルタントには歴史的に制限されていました。Office SharePoint Server 2007で利用できる新機能を利用することで、インフォメーションワーカーは複数のソースからデータを収集し、そのデータを Web 上で公開できます。

Office SharePoint Server 2007を使用すると、SAP、Siebel、Microsoft SQL Server 2005 などのビジネスアプリケーションにリンクして、レポート、リスト、主要業績評価指標 (kpi) を簡単に公開することができます。

これらのシステムのいずれかでデータからレポートを発行する場合は、意思決定者のための戦略的データまたはオペレーショナル data を提供します。役員と行管理者は、タイムリーで正確なレポートを頼りにして、情報に基づいた決定を行うことができます。レポートの例としては、microsoft office Excel ブック、SQL Server Reporting Services レポート、microsoft office access レポートなどがあります。

レポートセンターにレポートを保存する   レポートセンターサイトでは、グループに共通するレポートを保存するための中心的な場所として、グループが小さなチームであるか、大規模な組織であるかを示します。レポートセンターサイトの特別なドキュメントライブラリには、レポート、リスト、外部データソースへの接続が格納されます。このサイトでは、ページテンプレートや Web パーツにアクセスして、ビジネス情報を含むページやリストを作成することもできます。レポートセンター内では、ユーザーはカテゴリを使用してアイテムを検索したり、今後のレポートの予定表を表示したり、関連するレポートを購読したりすることができます。

Office Excel 2007ブックを対話型レポートとして共有   するExcel Servicesは、 Office Excel 2007ブックを組織全体で一貫した方法で対話型レポートとして共有、セキュリティで保護し、管理するために使用できるサーバーテクノロジです。excel Services を使用すると、サーバーに excel ブックを保存して、そのブックの任意の部分を Web ページに公開することができます。ユーザーは、ライブデータを表示したり操作したりするためにブラウザーのみを必要とします。ブックは、Excel web Access web パーツを使用して web ページに公開されます。Web パーツでブックを発行する利点の1つは、サーバー上ですべての計算が行われることです。結果として、ブック内のビジネスロジックが公開されることはありません。もう1つの利点は、ブックのコピーが、中央のセキュリティで保護された場所に保存されていることです。Web ページから、ブックへのアクセスを制限するために、ユーザーに表示専用の権限を与えることができます。たとえば、ユーザーが Excel でブックを開くことができないようにしたり、ユーザーが表示できる内容を制限したりすることができます。 

SharePoint サイトを外部データソースに接続する   SAP や Siebel など、他のビジネスアプリケーションのデータを SharePoint リスト、ページ、Web パーツで使うことができます。管理者は通常、システム接続を作成し、レポートセンターのデータ接続ライブラリに保存することができます。このようにして、接続の中央のプールにアクセスして、権限を持つすべてのユーザーが簡単に再利用できるようになります。外部データソースへの接続を使用して、sharepoint ページを離れることなく、外部ソースのデータと対話できるようにする Web ページと sharepoint リストを作成できます。

主要業績評価指標を追跡   する主要業績評価指標 (kpi) は、チーム、管理者、企業が測定可能な目標に対する進捗状況を迅速に評価するのに役立ちます。SharePoint kpi を使用すると、次のような質問に対する回答を簡単に視覚化することができます。私は何を先読みしていますか?どのくらい前に、または背後にあるのですか?完了する必要がある最小値を教えてください。kpi は kpi リストを使用して作成され、kpi Web パーツを使用して表示されます。KPI リストをレポートセンターまたはOffice SharePoint Server 2007内の他のサイトに保存することができます。これらは、アクセス許可が付与されているすべてのユーザーが再利用することができます。

複数のソースからの情報をダッシュボードに表示   するダッシュボードは、状態を伝達したり、操作を実行したりするために使用されるツールです。Office SharePoint Server 2007ダッシュボードは、レポート、グラフ、メトリックス、kpi などのさまざまなソースからの情報をアセンブルして表示できるようにする Web ページテンプレートです。たとえば、人事部は、従業員が給与や福利厚生の履歴など、個人情報を表示するために使用するダッシュボードを設計する場合があります。

さまざまな方法で情報を接続してフィルター処理する   フィルターを使用すると、表示する必要があるデータのサブセットのみを表示することができます。たとえば、データセットには、国または地域全体について、複数の製品の5年の履歴を含めることができます。フィルターを使用すると、1つの売上地域、1つの製品のみ、または現在の年のみなど、よりわかりやすいものを表示できます。Office SharePoint Server 2007には、web パーツに必要な情報が正確に表示されるように、ページ上の1つ以上の web パーツのコンテンツを変更するために使用できる10個のフィルター web パーツがあります。たとえば、現在のユーザーフィルター Web パーツは、コンピューターにログオンしている相手に基づいて情報を自動的にフィルター処理します。これは、顧客のアカウントやタスクなど、現在ユーザーに割り当てられている情報のみを表示する場合に便利です。

ビジネスデータカタログを使用してビジネスデータをロック解除する   ビジネス データ カタログ (BDC) を構成した後、組織内のユーザーはOffice SharePoint Server 2007を使用して、SAP、Siebel、Microsoft SQL Server などのビジネスアプリケーションに保存されているデータを見つけて表示し、分析することができます。次に、1つのリストまたはライブラリで、SharePoint サイトと外部ビジネスアプリケーションの列を組み合わせることができます。たとえば、提案、契約、プレゼンテーションなどのドキュメントを SharePoint リストに保存して、それらのドキュメントを顧客関係管理 (CRM) データベースの顧客に関連付けることができます。これにより、すべての顧客ドキュメントを1か所にまとめることができるため、ビジネスアプリケーションで顧客のレコードに簡単に移動できます。

また、ビジネスアプリケーションのアクションをリストまたはライブラリに組み込むことができます。ビジネスアプリケーションのユーザーインターフェイスを表示したり、Web ページやフォームを開いたり、SharePoint サイトからその他のよく使われるタスクを実行したりすることができます。さらに、 Office SharePoint Server 2007には、接続してサイトにビジネスデータを表示する方法をカスタマイズするために使用できる、複数のビジネスデータ Web パーツが含まれています。Office SharePoint Server 2007でビジネスデータ検索機能を有効にした後、SharePoint サイト内からビジネスデータを検索できます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×