Microsoft Office InfoPath のキーボード ショートカット

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

このトピックでは、 Microsoft Office InfoPath 2007、フォーム テンプレートをデザインする際のタスク] などの一般的な作業のキーボード ショートカットについて説明します。以下のショートカット キーは、米国のキーボード レイアウトを参照してください。他のキーボード レイアウト キーは、米国のキーボードのキーに正確に一致しない可能性があります。

同時に複数のキーを押すショートカット キーについては、キーを正符号 (+) で区切って示しています。あるキーを押した直後に別のキーを押すショートカット キーについては、キーが読点 (、) で区切られています。

このトピックを印刷するには、Tab キーを押して [すべて表示] を選択し、Enter キーを押します。次に、Ctrl キーを押しながら P キーを押します。

この記事の内容

フォーム テンプレートのデザイン

ヘルプを表示

[ヘルプ] ウィンドウ

メニューのツールバー、およびタスク ウィンドウを使用します。

ダイアログ ボックスを使用します。

Microsoft Office の基本操作

フォーム テンプレートのデザイン

フォーム テンプレートを作成します。

操作内容

キー

新しいフォーム テンプレートをデザインする。

Ctrl + Shift + D

注: 作業の開始] ダイアログ ボックスが開いている場合は、TAB キーを押して、フォーム テンプレートのデザインを選択すると、し、ENTER キーを押します。

[デザイン モードで開く] ダイアログ ボックスを開く。

Ctrl + O キーまたは Ctrl + F12

[デザイン タスク] 作業ウィンドウを表示する。

Alt + N

現在のフォーム テンプレートをプレビューする。

Ctrl + Shift + B

語句を検索する。

Ctrl + F

語句を置換する。

Ctrl + H

選択されているテキストまたはアイテムを切り取ります。

Ctrl + X

選択されているテキストまたは項目をコピーする。

Ctrl + C

テキストまたは項目を貼り付ける。

Ctrl + V

現在のフォーム テンプレートを印刷する。

Ctrl + P

選択されたコントロールのプロパティを表示する。

Alt + Enter

コントロールを挿入します。

ALT + I, C

前のコントロールを選択する。

Ctrl + < (小なり記号) または Shift + Tab キー

次のコントロールを選択する。

Ctrl + > (大なり記号) または Tab

Microsoft Script Editor (MSE) を開きます。

ALT キーを押しながら SHIFT キーを押しながら F11

Web ブラウザーでは、Microsoft Office デベロッパー センターの Web サイトを開きます。

ALT キーを押しながら H キーは

ハイパーリンクを挿入する。

Ctrl + K

段落の先頭までを選択する。

Ctrl + Shift + ↑

段落の末尾までを選択する。

Ctrl + Shift + ↓

テキスト、グラフィックス、またはフィールドを 1 行上または 1 行下まで選択する。

Shift + ↑ または Shift + ↓

改行を挿入します。

Shift + Enter

ユーロ通貨記号を挿入する。

Ctrl + Alt + E

テキストの書式設定

操作内容

キー

すべての書式を削除する。

Ctrl + Space

選択されているテキストに対して太字の書式を適用または削除する。

Ctrl + B

選択されているテキストに対して斜体の書式を適用または削除する。

Ctrl + I

選択されているテキストに対して下線の書式を適用または削除する。

Ctrl + U

選択されているテキストに対して取り消し線の書式を適用または削除する。

Alt + Shift + K

選択されているテキストに対して上付きの書式を適用または削除する。

Ctrl + Shift + 等号 (=)

選択されているテキストに対して下付きの書式を適用または削除する。

Ctrl + 等号 (=)

適用または選択されているテキストに対して [標準] スタイルを削除します。

Ctrl + Shift + N

適用または見出し 1 スタイルを選択したテキストから削除します。

Alt + Ctrl + 1

適用する、または選択したテキストから、[見出し 2] スタイルを削除します。

Alt + Ctrl + 2

適用または選択したテキストから見出し 3 スタイルを削除します。

Alt + Ctrl + 3

選択されている段落に対して箇条書きの書式を適用または削除する。

Ctrl + Shift + L

段落の左インデントを設定する。

Ctrl + M

段落の左インデントを削除する。

Ctrl + Shift + M

選択されている段落を両端揃えにする。

Ctrl + J

選択されている段落を右揃えにする。

Ctrl + R

選択されている段落を中央揃えにする。

Ctrl + E

選択されている段落を左揃えにする。

Ctrl + L

選択されているテキストのフォント サイズを大きくする。

Ctrl + Shift + カンマ (,)

選択されているテキストのフォント サイズを小さくする。

Ctrl + Shift + ピリオド (.)

[フォント] 作業ウィンドウを開きます。

Ctrl + D

表を使用する

操作内容

キー

繰り返しテーブルを挿入します。

ALT + I、G

他の列の幅を変更せずに、列の幅を罫線の左方向に変更する。

Shift キーを押しながら、列の罫線をドラッグします。

他の行の高さを変更せずに、行の高さを罫線の上方向または下方向に変更する。

注: 最小の高さが設定されている行の場合は、このショートカットは、枠線の上の行の高さを変更します。行の高さの最小値は、テキストやコントロールが含まれているかどうかなど、いくつかの要因によって決まります。

Shift キーを押しながら、行の罫線をドラッグします。

選択されているすべての行または列のサイズを、同じ高さまたは幅に変更する。

Alt キーを押しながら、行または列の罫線をドラッグします。

テーブル内の次または前のセルに移動する。

TAB または SHIFT + TAB
] タブの [は、最後の行の最後のセルにカーソルを置いた状態を押した場合は、テーブルに新しい行を追加します。

テーブルのセルを選択または選択解除する。

F2

修正して変更を保存します。

操作内容

キー

次のスペルミスまたは文法エラーを検索する。

注: 入力時にスペル チェック] チェック ボックスが選択されている必要があります (alt キーを押しながら T キーを押すし、O キーを押します)。

Alt + F7

現在のフォーム テンプレートを保存または発行する。

注: このショートカット キーを使用すると、フォーム テンプレートを保存するか発行するかを選択するダイアログ ボックスが開きます。今後このダイアログ ボックスを非表示にすることを選択した場合は、Alt + Shift + F2 を押すと [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが表示されます。

Alt + Shift + F2

直前の操作を元に戻す。

Ctrl + Z

最後の操作を再実行します。

Ctrl + Y

現在のフォーム テンプレートを保存する。

Shift + F12

印刷前にフォーム テンプレートのプレビュー

操作内容

キー

[印刷プレビュー] ダイアログ ボックスを表示する。

Alt + F、V キー

次のページに移動する。

Alt + →

前のページに移動する。

Alt + ←

拡大表示して、フォーム テンプレートの一部を大きく表示する。

Alt + 等号 (=)

縮小表示して、フォーム テンプレート全体を小さく表示する。

Alt + ハイフン (-)

ページの先頭へ

ヘルプを表示する

[ヘルプ] ウィンドウを使用します。

ヘルプ ウィンドウからは、Microsoft Office ヘルプのすべてのコンテンツを参照できます。[ヘルプ] ウィンドウには、トピックとその他のヘルプ コンテンツが表示されます。

ヘルプ ウィンドウ

操作内容

キー

ヘルプ ウィンドウを開きます。

F1

ヘルプ ウィンドウを閉じます。

Alt + F4

ヘルプ ウィンドウとアクティブなプログラムの間で切り替えます。

Alt + Tab

戻りますInfoPath 2007 のヘルプと使い方ホーム。

Alt + Home

次の項目を選択する。

Tab

前の項目を選択する。

Shift + Tab

選択されている項目に対して既定の操作を実行する。

Enter

名前のヘルプの参照] セクションで、次または前の項目をそれぞれ選択します。

Tab または Shift + Tab

名前のヘルプの参照] セクションの展開または、選択されたアイテムを折りたたみます。

Enter

トピックの先頭にある [すべて表示する] または [すべて表示しない] を含め、次の隠し文字またはハイパーリンクを選択します。

Tab

前の隠し文字またはハイパーリンクを選択します。

Shift + Tab

選択した [すべて表示する]、[すべて表示しない]、隠し文字、またはハイパーリンクに対応するアクションを実行します。

Enter

前のヘルプ トピックに戻ります ([戻る] ボタン)。

Alt + ←または BackSpace

次のヘルプ トピックに進みます ([進む] ボタン)。

Alt + →

現在表示されているヘルプ トピック内を、それぞれ上と下に少しずつスクロールします。

↑、↓

現在表示されているヘルプ トピック内を、それぞれ上と下に大きくスクロールします。

PageUp、PageDown

ヘルプ ウィンドウのコマンドのメニューを表示する。これには、ヘルプ ウィンドウのフォーカスがアクティブになっている必要があります (F1 キーを押してください)。

Shift + F10

直前の操作を停止します ([停止] ボタン)。

Esc

ウィンドウを更新する ([更新] ボタン)。

F5

表示中のヘルプ トピックを印刷します。

注: 現在のヘルプ トピックがアクティブなウィンドウでない場合は、f6 キーを押すし、ctrl キーを押しながら P キーを押します。

Ctrl + P

接続の状態を変更する。

F6、↓

[検索語句を入力してください] ボックスにテキストを入力します。

F6、↓ (繰り返し押す)

ヘルプ ウィンドウ内の領域間を切り替えるたとえばとを切り替えるツールバーを検索する語句を入力] ボックス、[検索] ボックスの一覧。

F6

ツリー ビューの目次] の次または前の項目をそれぞれ選択します。

↑または↓

ツリー ビューの目次] の展開または、選択されたアイテムを折りたたみます。

←キーまたは→キー

次のハイパーリンクを選択するか、トピックの先頭にある [すべて表示] または [すべて非表示] を選択する。

Tab

前のハイパーリンクを選択する。

Shift + Tab

選択されているハイパーリンク、[すべて表示]、または [すべて非表示] に割り当てられた操作を実行する。

Enter

表示中のヘルプ トピックを印刷する。

Ctrl + P

質問を入力します。

質問を入力できますが、前に、質問の入力] ボックスを選択してください。

どう

  1. Alt キーを押して、メニュー バーを選択します。

  2. 質問の入力] ボックスに、カーソルが表示されるまで、TAB キーを繰り返し押します。

  3. 質問を入力します。

  • 質問の入力] ボックスに入力した検索語句を送信するには、[ENTER キーを押します。

ページの先頭へ

メニューのツールバー、およびタスク ウィンドウを使用します。

アクセスして、メニュー バーとツールバーを使用します。

移動するか、ツールバーのサイズを変更する、前に、まず選択する必要があります。

どう

  1. Alt キーを押して、メニュー バーを選択します。

  2. ツールバーを選択するには、繰り返しには、ctrl キーを押しながら TAB キーを押します。

  3. [ツールバーのオプション] メニューを表示するには、CTRL + SPACE キーを押します。

  4. 移動またはサイズコマンドを選択するには、 SまたはMキーを押します。

操作内容

キー

ツールバーを移動します。

Ctrl キーを押しながら方向キー

ツールバーをドッキング解除します。

↓ (繰り返し押す)

[左] または [画面の右側にあるツールバーを垂直方向にドッキングします。

← または → キー (繰り返し押す)

メニュー バーを選択するか、または同時に、開いているメニューとサブメニューを閉じます。

Alt または F10

メニュー バーを選択するには、F10 または alt キーを押して作業ウィンドウまたはツールバーを選択します。表示されているツールバーやメニュー バー、作業ウィンドウの間でフォーカスを移動するには、繰り返しキーを押します。

CTRL + TAB または CTRL + SHIFT + TAB

ツールバーまたはメニュー バーが選択されている場合は、次のボタンかメニューのツールバーを選択します。

Tab または→

ツールバーまたはメニュー バーを選択したら、[戻る] ボタンまたはメニューのツールバーを選択します。

SHIFT + TAB または ←

選択したメニューを開くか、選択したボタンやコマンドの操作を実行します。

Enter

選択した項目のショートカット メニューを表示する。

Shift + F10

タイトル バーのショートカット メニューを表示します。

Alt + Space

メニューまたはサブメニューが開いているときは、次のコマンドを選択します。

↓キー

メニューまたはサブメニューが開いているときは、前のコマンドを選択します。

↑キー

左側のメニューを選択します。サブメニューが開いているとき、メイン メニューとサブメニューを切り替えます。

←キー

右側にあるメニューを選択します。サブメニューが開いているとき、メイン メニューとサブメニューを切り替えます。

→キー

メニューまたはサブメニューの最初のコマンドを選択します。

Home

メニューまたはサブメニューの最後のコマンドを選択します。

End

開いているメニューを閉じます。サブメニューが表示されているサブメニューのみを閉じます。

Esc キー

選択したメニューを開きます。

Shift + ↓

短縮されたメニューが開いているときに、すべてのコマンドのセットを表示します。

Ctrl + ↓

作業ウィンドウとアクティブなフォーム テンプレートを切り替えます。

F6

作業ウィンドウで、次の項目を選択します。

Tab

作業ウィンドウで、前のアイテムを選択します。

Shift + Tab

注: キーボードを使用すると、メニュー バーで、メニューのコマンドを選択します。Alt キーを押して、メニュー バーを選択します。使用するコマンドが含まれる] メニューの [アイテム名の下線付きの文字を押します。

アクセスして、作業ウィンドウを使用します。

作業ウィンドウを操作できるように、前にする必要がありますまずを開き、それを選びます。

どう

  1. 作業ウィンドウを開くには、ctrl キーを押しながら F1 キーを押します。

  2. メニュー バーを選択する F6 キーを押します。

  3. 作業ウィンドウのオプションのメニューを表示するのには、ctrl キーを押しながら SPACE キーを押します。

  4. 移動またはサイズコマンドを選択するには、 MまたはSキーを押します。

操作内容

キー

[デザイン タスク] 作業ウィンドウを表示する。

Alt + N

プログラム ウィンドウの作業ウィンドウ間を移動します (時計回りの方向)。必要に応じて、F6 キーを複数回押します。

注: F6 キーを押しても、必要な作業ウィンドウが表示されない場合にフォーカスを移動、メニュー バーで、alt キーを押すと、作業ウィンドウに移動するには、CTRL + TAB キーを押してしてみてください。

F6

プログラム ウィンドウの作業ウィンドウから別の作業ウィンドウに移動する (反時計回りの方向)。

Shift + F6

作業ウィンドウのサイズを変更するには (後のサイズ] コマンドの選択)。

方向キー

([移動] コマンドを選択するには) の後の作業ウィンドウを移動します。

方向キー

作業ウィンドウを開くか、現在の作業ウィンドウを非表示にします。

Ctrl + F1

アクティブなプログラム ウィンドウから、作業ウィンドウに移動します。(するによっては、f6 キーを 2 回以上押す必要があります)。

F6

メニューまたはツールバーがアクティブになったら、作業ウィンドウに移動します (必要に応じて、Ctrl + Tab キーを複数回押します)。

Ctrl + Tab

作業ウィンドウのオプションのメニューを開きます。

Ctrl + Space

現在開いている、またはフォーム テンプレートに戻る場合は、メニューを閉じる。

Esc キー

作業ウィンドウがアクティブなときに、作業ウィンドウで次のオプションを選択します。

Tab

作業ウィンドウがアクティブなときに、作業ウィンドウで前のオプションを選択します。

Shift + Tab

選択されているサブメニュー内の選択項目間移動またはオプション グループ内のオプション間を移動します。

↑キー

、選択されているサブメニュー内の項目間を下へ移動する、またはオプション グループ内のオプション間を移動します。

↓キー

選択したメニューを開きます。または、選択したボタンに割り当てられている操作を実行します。

Enter

フォーム テンプレートのショートカット メニューを開くか、選択したタスク] ウィンドウのアイテムのドロップダウン メニューを開きます。

Shift + F10

メニューまたはサブメニューが表示されているときは、メニューまたはサブメニューの最初のコマンドを選択します。

Home

メニューまたはサブメニューが表示されているときは、メニューまたはサブメニューの最後のコマンドを選択します。

End

選択した作業ウィンドウ リストの一番上に移動します。

Ctrl + Home

選択した作業ウィンドウ リストの一番下に移動します。

Ctrl + End

ページの先頭へ

ダイアログ ボックスを使用します。

アクセスして、ダイアログ ボックスでオプションを選択します。

操作内容

キー

[デザイン モードで開く] ダイアログ ボックスを開く。

Ctrl + O キーまたは Ctrl + F12

開かれたダイアログ ボックスから、この操作をサポートしているダイアログ ボックスのフォーム テンプレートに移動する。

Alt + F6

次のオプションに移動する。

Tab

前のオプションに移動する。

Shift + Tab

次のタブに切り替える。

Ctrl + Tab

前のタブに切り替える。

Ctrl + Shift + Tab

次の分類に切り替える。

Tab

注: 分類を選択した後、方向キーを使用して目的の分類名に移動します。

前の分類に切り替える。

Shift + Tab

注: 分類を選択した後、方向キーを使用して目的の分類名に移動します。

一覧のオプション間、またはオプション グループのオプション間を移動する。

方向キー

選択したボタンに割り当てられている操作を実行する。または、選択したチェック ボックスをオンまたはオフにする。

Space

一覧が閉じている場合は一覧を開き、一覧内の特定のオプションに移動する。

ドロップダウン リスト内のオプションの最初の文字キー

オプションを選択するか、チェック ボックスをオンまたはオフにする。

Alt+ オプション内の下線付き文字

選択したドロップダウン リストを開く。

選択したドロップダウン リストを閉じる。または、コマンドを取り消し、ダイアログ ボックスを閉じる。

Esc

選択したコマンドを実行します。

Enter

1 つ前のフォルダーに移動する。

Alt + 1

選択したフォルダーの 1 レベル上のフォルダーを開く。

Alt + 2

選択したフォルダーまたはファイルを削除する。

Alt + 3

開いているフォルダーに新しいサブフォルダーを作成します。

Alt + 4

[縮小表示]、[並べて表示]、[アイコン]、[一覧]、[詳細]、[プロパティ]、および [プレビュー] の間で表示を切り替える。

Alt + 5

選択したフォルダーまたはファイルのショートカット メニューを表示する。

Shift + F10

(Windows vista の場合は、アドレス バーと呼ばれる)で保存したり、ファイルの場所のリストを開きます。

F4

[ファイルを開く]、[デザイン モードで開く]、または [名前を付けて保存] の各ダイアログ ボックスでフォルダーまたはファイルの一覧を更新する。

F5

ダイアログ ボックス内のエディット ボックスを使用します。

エディット ボックスは、フィールドに入力するか、ユーザー名やフォルダーへのパスなど、エントリを貼り付けます。

操作内容

キー

入力値の先頭に移動する。

Home

入力値の末尾に移動する。

End

左へ 1 文字分移動します。

←キー

右へ 1 文字分移動します。

→キー

左へ 1 語分移動します。

Ctrl + ←

右に 1 単語分移動する。

Ctrl + →

左にある文字を選択または選択解除する。

Shift + ←

右にある文字を選択または選択解除する。

Shift + →

左にある単語を選択または選択解除する。

Ctrl + Shift + ←

右にある単語を選択または選択解除する。

Ctrl + Shift + →

カーソル位置から入力値の先頭までを選ぶ。

Shift + Home

カーソル位置から入力値の末尾までを選ぶ。

Shift + End

ページの先頭へ

Microsoft Office の基本操作

ウィンドウを表示して使用する

操作内容

キー

次のウィンドウに切り替えます。

Alt + Tab

前のウィンドウに切り替えます。

Alt + Shift + Tab

作業中のウィンドウを閉じます。

Ctrl + W または Ctrl + F4

最小化または最大化した後は、作業中のウィンドウのサイズを復元します。

Ctrl + F5

複数のウィンドウが開いているときに、次のウィンドウに切り替えます。

Ctrl + F6

複数のウィンドウが開いているとき、前のウィンドウに切り替えます。

Ctrl + Shift + F6

ドキュメント ウィンドウが最大化されていない場合、(ウィンドウのコントロールメニュー) で、[移動] コマンドを実行します。ウィンドウを移動するには、方向キーを使用して、変更が終わったら、esc キーを押します。

Ctrl + F7

ドキュメント ウィンドウが最大化されていない場合、(ウィンドウのコントロールメニュー) の [サイズ] コマンドを実行します。ウィンドウのサイズを変更する方向キーを押してし、完了したら、esc キーを押します。

Ctrl + F8

ウィンドウをアイコン化する (一部の Microsoft Office プログラムでのみ機能)。

Ctrl + F9

最大化するかサイズが変更されている選択したウィンドウを復元します。

Ctrl + F10

画面の図をクリップボードにコピーします。

PrintScreen

選択したウィンドウの図をクリップボードにコピーします。

Alt + PrintScreen

テキスト内を移動する

操作内容

キー

左へ 1 文字分移動します。

←キー

右へ 1 文字分移動します。

→キー

上に 1 行移動する。

下に 1 行移動する。

左へ 1 語分移動します。

Ctrl + ←

右に 1 単語分移動する。

Ctrl + →

行の末尾に移動します。

End

行の先頭に移動します。

Home

1 段落上に移動する。

Ctrl + ↑

1 段落下に移動する。

Ctrl + ↓

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×