Microsoft Office 365 で SVG 画像を編集する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

windows、Mac、Android、windows Mobile の Microsoft Word、PowerPoint、Outlook、Excel for Office 365 では、スケーラブルベクターグラフィックスの挿入と編集をサポートしています。SVG) ドキュメント、プレゼンテーション、メール、ブック内のファイル。

iOS では、既に別のプラットフォームに挿入した SVG イメージを編集できます。

これはサブスクライバーのみの機能です この機能は Office 365 サブスクライバーのみが利用できます。

ヒント: SVG は、1999 年に確立されたオープン標準です。

SVG 画像をファイルに追加する方法の詳細については、Office 2016 への SVG 画像およびアイコンの挿入に関するドキュメントを参照してください。 

ドキュメント内で、SVG 画像の外観をカスタマイズする方法は、いくつかあります。これらのツールにアクセスするには、SVG 画像をクリックします。文脈に応じた [書式] タブがリボンに表示されます。[書式] タブが提供するいくつかの便利なオプションを見てみましょう。

  • 図の変更 - 別の画像を選択して、現在の画像を置き換えます。

  • グラフィックのスタイル -これらは、画像の外観を編集するための主要なツールです。

    • ギャラリーには、画像を線画に変換したり、その塗りつぶしの色を変更したりするための、事前に定義されたスタイルのコレクションが含まれています。次の例では、自転車のロゴを挿入しました。元の色はすべて黒です。スタイル ギャラリーで、会社のテーマに合致するように、黒い輪郭と薄い青の標準スタイルを選択しました。

      ヒント: 各グラフィックのギャラリーの各グラフィックのスタイルにマウス ポインターを置き、そのスタイルを選択した場合に画像がどのように見えるか確認します。これはプレビューです。そのスタイルを実際にクリックしなければ、変更は有効になりません。

      PowerPoint 2016 で、スタイル ギャラリーを使用して SVG 画像の外観を変更します。
    • 画像の色を変更したいと考えていて、どのギャラリーのスタイルも希望のものと違う場合、図の塗りつぶしにより、数百色から選択することができます。選択した色が画像全体に適用されます。次の例では、自転車のロゴを選択し、赤の塗りつぶしを適用しました。

      注: 異なる色で SVG 画像の個々のパーツを塗りつぶす場合は、最初に SVG 画像を図形に変換する必要があります。それを行う方法については、以下を参照してください。

      スポイトは特に面白いツールです。メニューから選択すると、カーソルは小さなボックスが付いたスポイトに変わります。スライド上またはワークシート上のドキュメント内の任意のオブジェクトでスポイトをポイントすると、小さなボックスはそのオブジェクトの色で塗りつぶされます。マウスの左ボタンをクリックし、選択した SVG 図形がその色で塗りつぶされていることを確認します。図形の色を、会社のロゴなどの別のアイテムの色に簡単に合わせる優れた方法です。そして、これは挿入した写真の色でも使用できます。

      図の塗りつぶしツールを使用して、SVG 画像の色を変更する
    • SVG 画像の周囲の線を変更 (または削除) するには、図の枠線を選択します。これにより、画像の周囲の枠線の色を設定できます。上で説明したスポイト ツールをここでも使用できます。

    • SVG 画像に、さらにスタイルを適用したい場合は、図の効果により、画像に影を付けたり、光彩、3D 効果などを追加したりできます。次の例では、[影付き (透視投影)] を選択して、画像をもう少し立体的に見えるようにしました。

      図の効果ツールを使用して影付きなどの効果を SVG グラフィックに追加する
  • [整列] - このグループには、Office で他の画像形式を使用したことがある場合はおそらく使い慣れているツールが含まれています。

    • [前面へ移動] または [背面へ移動] ツールを使用して画像をページ上に重ねて表示します。これは他のオブジェクトを画像の前に (または背後に) 配置する場合に便利です。

    • [オブジェクトの選択と表示] ツールを使うと、複雑なページ上の特定のアイテムを簡単に選択できます。

    • [配置] により、選択した画像の左端を揃えて、中央またはページ上の他の既知の場所に配置することが簡単になります。

    • 1 つのオブジェクトとして処理したい複数の画像がある場合、最初のオブジェクトを選択し、Ctrl キーを押しながら他の各オブジェクトを選択し、[グループ] をクリックします。グループ化を解除するには、グループ内の任意のオブジェクトを選択し、[グループ]、[グループ解除] の順にクリックします。

    • [回転] コマンドにより、画像を回転させたり、上下または左右の方向に反転することが簡単になります。

  • [サイズ] - 画像のトリミングやサイズ変更のためのツールです。トリミング ツールを使用する方法の詳細については、「図をトリミングする」を参照してください。サイズ ツールを使用するには、目的の高さまたは幅をインチ単位で指定します。

SVG 画像を Office 図形に変換する

注: この機能は、Windows または Mac で office デスクトップアプリケーションを使用している office 365 サブスクライバーでのみ使用できます。

svg 画像またはアイコンを Office 図形に変換することで、svg ファイルを逆アセンブルし、個々の要素を編集することができます。ファイルを変換するのは非常に簡単です。文書、ブック、またはプレゼンテーションで SVG 画像を右クリックし、表示されるコンテキストメニューから [図形に変換] を選択します。

次の短いビデオで、Doug がそれを行う方法を説明しています。

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Office for Mac で SVG ファイルを挿入するには、[ 挿入]、[その他の画像ファイル] などの画像を使用します。

SVG イメージが文書内でどのように見えるかをカスタマイズするには、いくつかの操作を行うことができます。これらのツールにアクセスするには、SVG 画像をクリックし、リボン上にコンテキストグラフィックの [書式] タブが表示されている必要があります。ここでは、[グラフィックの書式設定] タブで使用できる便利なオプションをいくつか見てみましょう。

SVG 画像を選択し、リボンの [グラフィックの書式設定] タブを有効にします。
  • 図の変更 - 別の画像を選択して、現在の画像を置き換えます。

  • [グラフィックススタイル]-ギャラリーには、画像を線画に変換したり、塗りつぶしの色を変更したりするための事前定義されたスタイルのコレクションが含まれています。次の例では、自転車のロゴを挿入しましたが、元のものはすべて黒です。[スタイル] ギャラリーで、会社のテーマに合わせて水色の塗りつぶしが適用されたプリセットを選択しました。

    自転車のグラフィックに水色のスタイルが適用されたスタイルギャラリー
  • 画像の色を変更する必要があり、ギャラリー内のスタイルがまったく必要ない場合は、グラフィックの塗りつぶしを使用して何百もの色から選択できます。任意の色を選択すると、画像全体に適用されます。

  • SVG 画像に、さらにスタイルを適用したい場合は、図の効果により、画像に影を付けたり、光彩、3D 効果などを追加したりできます。次の例では、[影付き (透視投影)] を選択して、画像をもう少し立体的に見えるようにしました。

  • SVG 画像の周囲の線を変更 (または削除) するには、図の枠線を選択します。これにより、画像の周囲の枠線の色を設定できます。上で説明したスポイト ツールをここでも使用できます。

  • SVG 画像の周囲のテキストの流れを制御するには、[折り返しテキスト] ツールを使用します。

  • [前面へ移動] または [背面へ移動] ツールを使用して画像をページ上に重ねて表示します。これは他のオブジェクトを画像の前に (または背後に) 配置する場合に便利です。

  • [オブジェクトの選択と表示] ツールを使うと、複雑なページ上の特定のアイテムを簡単に選択できます。

  • [配置] により、選択した画像の左端を揃えて、中央またはページ上の他の既知の場所に配置することが簡単になります。

  • 1 つのオブジェクトとして処理したい複数の画像がある場合、最初のオブジェクトを選択し、Ctrl キーを押しながら他の各オブジェクトを選択し、[グループ] をクリックします。グループ化を解除するには、グループ内の任意のオブジェクトを選択し、[グループ]、[グループ解除] の順にクリックします。

  • [回転] コマンドにより、画像を回転させたり、上下または左右の方向に反転することが簡単になります。

  • [サイズ] - 画像のトリミングやサイズ変更のためのツールです。トリミング ツールを使用する方法の詳細については、「図をトリミングする」を参照してください。サイズ ツールを使用するには、目的の高さまたは幅をインチ単位で指定します。

  • [書式] ウィンドウにウィンドウが開き、この画像を変更するためのツールに簡単にアクセスできるようになります。

iOS では svg 画像を挿入することはできませんが、ファイルに既に用意されている svg 画像には、Office で使用できる編集ツールがいくつかあります。作業を開始するには、編集する SVG 画像をタップし、リボンに [グラフィックス] タブが表示されている必要があります。

[グラフィックス編集] タブが表示されている iOS 用 Word
  • グラフィックススタイル-これらは、SVG ファイルの外観をすばやく変更するために追加できる定義済みのスタイルのセットです。

  • 画像の色を変更する必要があり、ギャラリー内のスタイルがまったく必要ない場合は、グラフィックの塗りつぶしを使用して何百もの色から選択できます。任意の色を選択すると、画像全体に適用されます。

    注: SVG 画像の個々の部分を別の色で塗りつぶす場合は、まず図形に変換する必要があります。現在、Windows の office 365 でドキュメントを開く必要があります。

  • SVG 画像の周囲の線を変更 (または削除) するには、[グラフィックスの輪郭] を選びます。これにより、画像の周囲の境界線の色を設定できます。

  • [文字列の折り返し] を使うと、文書内の画像の周囲のテキストの流れを制御することができます。

  • 複数のオブジェクトを重ねて配置する場合は、選択した画像を積み重ねで上下に移動できます (前後)。

  • SVG 画像の一部のみを必要とする場合は、[トリミング] ツールを使用します。画像が選択されている状態で、[トリミング] をタップし、ボックスをドラッグして目的の画像をフレームにします。完了したら、[トリミング] をタップします。

    ヒント: トリミングを元に戻すには、画像をタップし、もう一度 [トリミング] を選び、表示されるコンテキストメニューから [リセット] をタップします。

  • [代替テキスト] ツールを使用すると、スクリーンリーダーを使用しているユーザーが文書を読み上げるときに、画像にテキストの説明を与えることができます。

Office for Android で svg イメージを編集するには、をタップして編集する svg を選び、[グラフィックス] タブをリボンに表示する必要があります。

選択された SVG イメージで、リボンの [グラフィックス] タブを表示する

注: リボンが表示されない場合は、[編集] アイコン [編集] アイコン をタップします。

  • [スタイル]-これらは、SVG ファイルの外観をすばやく変更するために追加できる定義済みのスタイルのセットです。

  • 画像の色を変更する必要があり、ギャラリー内のスタイルがまったく必要ない場合は、[塗りつぶし] を使用して何百もの色から選択できます。任意の色を選択すると、画像全体に適用されます。

    注: SVG 画像の個々の部分を別の色で塗りつぶす場合は、まず図形に変換する必要があります。現在、Windows の office 365 でドキュメントを開く必要があります。

  • SVG 画像の周囲の線を変更 (または削除) するには、[アウトライン] を選びます。これにより、画像の周囲の境界線の色を設定できます。

  • [文字列の折り返し] を使うと、文書内の画像の周囲のテキストの流れを制御することができます。

  • 複数のオブジェクトを重ねて配置する場合は、選択した画像を積み重ねで上下に移動できます (前後)。

  • SVG 画像の一部だけが必要な場合は、[トリミング] グラフィックツールを使用します。画像が選択されている状態で、[トリミング] をタップし、ボックスをドラッグして目的の画像をフレームにします。完了したら、[トリミング] をタップします。

  • サイズと位置を指定します。このページには、SVG 画像をどのくらいの大きさにするかを設定します。

  • [代替テキスト] ツールを使用すると、スクリーンリーダーを使用しているユーザーが文書を読み上げるときに、画像にテキストの説明を与えることができます。

Windows Mobile アプリで SVG 画像を挿入するには、 [挿入]、[画像] の順に選びます。

SVG 画像で使用できる編集ツールもいくつかあります。作業を開始するには、編集する SVG 画像をタップし、リボンに [グラフィックス] タブが表示されている必要があります。

Word Mobile の [グラフィックス] タブ
  • グラフィックススタイル-イメージの外観を編集するための主なツールです。Windows Mobile アプリでは、グラフィックリボンの左端にギャラリーとして表示されます。

  • 画像の色を変更する必要があり、ギャラリー内のスタイルがまったく必要ない場合は、[塗りつぶし] を使用して何百もの色から選択できます。任意の色を選択すると、画像全体に適用されます。

    注: SVG 画像の個々の部分を別の色で塗りつぶす場合は、まず図形に変換する必要があります。現在、Windows の office 365 でドキュメントを開く必要があります。

  • SVG 画像の周囲の線を変更 (または削除) するには、[アウトライン] を選びます。これにより、画像の周囲の境界線の色を設定できます。

  • [文字列の折り返し] を使うと、文書内の画像の周囲のテキストの流れを制御することができます。

  • 複数のオブジェクトを前面または背面に重ねて配置する場合は、選択した画像を積み重ねで上下に移動できます。これらのボタンを有効にするには、 [行内] 以外のテキストを折り返して配置する必要があることに注意してください。

  • SVG イメージを回転させるには、画像の上に表示される回転ハンドルを使用します。画像の周囲のハンドルをクリックしてドラッグし、回転します。90度をすばやく回転させるか、垂直方向または水平方向に反転する場合は、リボンの [回転] コマンドを使用します。

  • SVG 画像の一部のみを必要とする場合は、[トリミング] ツールを使用します。画像が選択されている状態で、[トリミング] をタップし、ボックスをドラッグして目的の画像をフレームにします。完了したら、[トリミング] をタップします。

    ヒント: トリミングを元に戻すには、ctrl キーを押しながら Z キーを押すか、ウィンドウの右上にある [元に戻す] の矢印をクリックします。

  • サイズと位置を指定します。このページには、SVG 画像をどのくらいの大きさにするかを設定します。

  • [代替テキスト] ツールを使用すると、スクリーンリーダーを使用しているユーザーが文書を読み上げるときに、画像にテキストの説明を与えることができます。

Microsoft Office についてご質問、ご提案またはご意見がありますか。

Microsoft Office に関するフィードバックを送信する方法」を参照してください。

ご意見をお待ちしています。

この記事は、コメントの結果として2018 年12月5日に最終更新されました。役に立ちましたが、特にしていない場合は、以下のフィードバックコントロールを使用して、どのように改善することができるかをお知らせください。

関連項目

Office 2013 および Office 2016 で画像を挿入する

アイコンを挿入する

画像、クリップ アート、テキスト、その他のオブジェクトにアニメーション効果を適用する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×