Microsoft Office のライセンス認証と Mac App Store

Word、Excel、および PowerPoint を Mac App Store からダウンロードした場合、ドキュメントを作成および編集するには、Office 365 サブスクリプションが必要です。メールを送受信するには、Outlook には Office 365 サブスクリプションが必要です。既存の Office 365 サブスクリプションをライセンス認証したり、アプリ内購入オプションを使用して、新しいサブスクリプションを開始したりできます。

Office 2019 Home & Business、Office 2019 Home & Student、ボリューム ライセンスなど 1 回限りの Office ライセンス (永続的ライセンスとも呼ばれる) は、Mac App Store からダウンロードした Office アプリと互換性がありません。これらのライセンスは、Microsoft から直接ダウンロードした Office アプリでのみ使用できます。

Mac App Store からダウンロードしたアプリで 1 回限りの Office ライセンスを使用すると、[サブスクリプションが見つかりません] という黄色のメッセージ バーが表示されて、そのアプリが機能制限モードになります。

永続的 (1 回限りの) ライセンスを所有しており、誤って Mac App Store から Office アプリをダウンロードした場合は、次の手順を実行して適切なアプリをインストールできます。

Office をいったん削除してから再インストールする

  1. Word、Excel、PowerPoint、Outlook アプリを閉じます。

  2. [Finder] を開いて、[アプリケーション] フォルダーに移動します。

  3. Word、Excel、PowerPoint、Outlook の各アプリを見つけて、control キーを押しながらクリックし、[ゴミ箱に移動] を選択します。

  4. Safari などの Web ブラウザーを開き、次のリンクを使用して、Microsoft から直接 Office アプリをダウンロードします。

または、すべての Office アプリを 1 つのパッケージでダウンロードすることもできます。

ダウンロードされたら、パッケージを開いてインストール プロセスを開始します。インストールが完了したら、Office アプリをライセンス認証し、永続的 (1 回限りの) ライセンスで使用できます。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×