スキップしてメイン コンテンツへ

Microsoft Office からドキュメントをメールで送信する

Microsoft Office の一部として Outlook がインストールされており、それを既定のメール アプリとして設定している場合は、ドキュメントをメールの添付ファイルとして送信することができます。 Excel、Publisher、または Word を使っている場合は、ファイルをメール メッセージの本文として送信することもできます。

Outlook が既定のメールアプリケーションではない場合は、この機能を使用するために既定として構成する必要があります。 詳細については、「 Outlook を電子メール、連絡先、予定表の既定のプログラムにする」を参照してください。 

添付ファイルとして送信する

Excel、PowerPoint、Project、Publisher、Visio、Word

  1. [ファイル]、[共有]、[電子メール] の順にクリックし、次のいずれかのオプションを選びます。

    • [<c0>添付ファイルとして送信</c0>]    メールメッセージが開き、ファイルのコピーが元のファイル形式で添付されます。

    • [<c0>PDF として送信</c0>]    メールメッセージが開き、ファイルのコピーが .pdf 形式で添付されます。

    • [<c0>XPS として送信</c0>]    メールメッセージが開き、ファイルのコピーが .xps 形式で添付されます。

    • インターネット Fax として送信    インターネット経由で fax を送信できるプロバイダーの一覧から選択できる web ページを開きます。

      注:  使用している Office アプリケーションに応じて、表示されるオプションは異なります。

  2. 受信者のエイリアスを入力し、必要に応じて件名行とメッセージ本文を編集して、[送信] をクリックします。

OneNote

  1. [ファイル]、[送信] の順にクリックし、次のいずれかのオプションを選びます。

    • [<c0>添付ファイルとして送信</c0>]    メールメッセージを開き、元のファイル形式でファイルのコピーを保存し、ファイルのコピーを web ページとして添付します。

    • [<c0>PDF として送信</c0>]    メールメッセージが開き、ファイルのコピーが .pdf 形式で添付されます。

  2. 受信者のエイリアスを入力し、必要に応じて件名行とメッセージ本文を編集して、[送信] をクリックします。

メール メッセージの本文として送信する

Excel、Publisher、または Word を使用している場合は、ファイルを添付ファイルではなく、実際のメール メッセージの内容として送信することができます。 この操作を行うには、最初に [メールの宛先に送信] コマンドをクイック アクセス ツール バーに追加する必要があります。 コマンドを追加する方法については、「クイック アクセス ツールバーをカスタマイズする」を参照してください。

  1. 送信するファイルを開きます。

  2. クイック アクセス ツール バーの [メールの宛先に送信] をクリックして、メール メッセージを開きます。 ファイルがメッセージの本文に表示されます。

  3. 受信者のエイリアスを入力し、必要に応じて件名行とメッセージ本文を編集して、[送信] をクリックします。

添付ファイルとして送信

次の手順は、Excel、PowerPoint、Project、Publisher、Visio、Word に適用されます。

  1. [ファイル] をクリックします。

  2. [保存と送信] をクリックします。

  3. [電子メール​​で送信] を選択し、次のいずれかのオプションを選びます。

    • [<c0>添付ファイルとして送信</c0>]    メールメッセージが開き、ファイルのコピーが元のファイル形式で添付されます。

    • [<c0>PDF として送信</c0>]    メールメッセージが開き、ファイルのコピーが .pdf 形式で添付されます。

    • [<c0>XPS として送信</c0>]    メールメッセージが開き、ファイルのコピーが .xps 形式で添付されます。

      注: PDF および XPS の各オプションは Project 2010 にはありません。

  4. 受信者のエイリアスを入力し、必要に応じて件名行とメッセージ本文を編集して、[送信] をクリックします。

次の手順は、OneNote 2010 に適用されます。

  1. [ファイル] をクリックします。

  2. [送信] をクリックし、次のいずれかのオプションをオンにします。

    • 添付ファイルとしての電子メールページ    メールメッセージを開き、元のファイル形式でファイルのコピーを保存し、ファイルのコピーを web ページとして添付します。

    • [ページを PDF として​​電子メールで送信]   : メール メッセージが開き、ファイルのコピーが .pdf 形式で添付されます。

  3. 受信者のエイリアスを入力し、必要に応じて件名行とメッセージ本文を編集して、[送信] をクリックします。

メール メッセージの本文として送信する

Excel、Publisher、または Word を使用している場合は、ファイルを添付ファイルではなく、実際のメール メッセージの内容として送信することができます。 この操作を行うには、最初に [メールの宛先に送信] コマンドをクイック アクセス ツール バーに追加する必要があります。 コマンドを追加する方法については、「クイック アクセス ツールバーをカスタマイズする」を参照してください。

メール メッセージの本文としてファイルを送信するには、次の手順を実行します。

  1. 送信するファイルを開きます。

  2. クイック アクセス ツール バーの [メールの宛先に送信] [メールの宛先に送信] アイコン をクリックして、メール メッセージを開きます。 ファイルがメッセージの本文に表示されます。

  3. 受信者のエイリアスを入力し、必要に応じて件名行とメッセージ本文を編集して、[送信] をクリックします。

関連項目

Outlook メール メッセージにファイルを添付または画像を挿入する

画像および添付ファイルのサイズを小さくする

添付ファイルを表示する、開くまたは保存する

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×