Microsoft Jet データベース エンジン SQL と ANSI SQL のデータ型

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

次の表は、ANSI SQL でサポートされているデータ型、およびそれらと一致する Microsoft Access データベース エンジン SQL でサポートされているデータ型とその別名を示したものです。また、この表には、Microsoft Access データベース エンジン SQL と ANSI SQL のデータ型に対応する Microsoft SQL Server のデータ型も示されています。

ANSI SQL
データ型

Microsoft Access
SQL データ型


別名

Microsoft SQL
Server データ型

BIT、BIT VARYING

BINARY (次の「メモ」を参照)

VARBINARY、
BINARY VARYING
BIT VARYING

BINARY、VARBINARY

使用不可

BIT (次の「メモ」を参照)

BOOLEAN、LOGICAL、LOGICAL1、YESNO

BIT

使用不可

TINYINT

INTEGER1、BYTE

TINYINT

使用不可

COUNTER (次の「メモ」を参照)

AUTOINCREMENT

(次の「メモ」を参照)

使用不可

MONEY

CURRENCY

MONEY

DATE、TIME、TIMESTAMP

DATETIME

DATE、TIME (次の「メモ」を参照)

DATETIME

使用不可

UNIQUEIDENTIFIER

GUID

UNIQUEIDENTIFIER

DECIMAL

DECIMAL

NUMERIC、DEC

DECIMAL

REAL

REAL

SINGLE、FLOAT4、IEEESINGLE

REAL

DOUBLE PRECISION、FLOAT

FLOAT

DOUBLE、FLOAT8、IEEEDOUBLE、NUMBER (次の「メモ」を参照)

FLOAT

SMALLINT

SMALLINT

SHORT、INTEGER2

SMALLINT

INTEGER

INTEGER

LONG、INT、INTEGER4

INTEGER

INTERVAL

使用不可

使用不可

使用不可

IMAGE

LONGBINARY、GENERAL、OLEOBJECT

IMAGE

使用不可

TEXT (次の「メモ」を参照)

LONGTEXT、LONGCHAR、MEMO、NOTE、NTEXT (次の「メモ」を参照)

TEXT

CHARACTER、CHARACTER VARYING、NATIONAL CHARACTER、NATIONAL CHARACTER VARYING

CHAR (次の「メモ」を参照)

TEXT(n)、ALPHANUMERIC、CHARACTER, STRING、VARCHAR、CHARACTER VARYING、NCHAR、NATIONAL CHARACTER、NATIONAL CHAR、NATIONAL CHARACTER VARYING、NATIONAL CHAR VARYING (次の「メモ」を参照)

CHAR、VARCHAR、NCHAR、NVARCHAR


注: 

  • Microsoft Access SQL のデータ型 BIT は、ANSI SQL のデータ型 BIT とは異なります。Microsoft Access SQL のデータ型 BINARY が ANSI SQL のデータ型 BIT と同じ役割を果たします。Microsoft Access SQL のデータ型 BIT に相当する ANSI SQL のデータ型はありません。

  • データ型 TIMESTAMP を、データ型 DATETIME の別名として使用することはできません。

  • データ型 NUMERIC を、データ型 FLOAT または DOUBLE の別名として使用することはできません。データ型 NUMERIC を、データ型 DECIMAL の別名として使用することはできません。

  • LONGTEXT 型フィールドでは、データは常に Unicode 表示形式で格納されます。

  • データ型 TEXT を文字列の長さを指定しないで使用すると、LONGTEXT 型フィールドが作成されます。このため、CREATE TABLE ステートメントのデータ型と Microsoft SQL Server のデータ型の整合性を保つことが可能になります。

  • CHAR 型フィールドでは、データは常に Unicode 表示形式で格納されます。データ型 CHAR は、ANSI SQL のデータ型 NATIONAL CHAR に相当します。

  • たとえば TEXT(25) のように、フィールドのデータ型が、文字列の長さを指定したデータ型 TEXT である場合、そのフィールドのデータ型はデータ型 CHAR と一致します。データ型が一致することによって、文字列の長さが指定されていない TEXT データ型と Microsoft SQL Server のデータ型の間の整合性が保たれると共に、以前に作成された Microsoft Access 用のアプリケーションで使用されているデータ型との下位互換性が保たれます。



Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×