Microsoft InfoPath 2010 の概要

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この記事の内容

InfoPath および InfoPath Forms Services とは

InfoPath の構成要素とは

InfoPath の使用方法を指定できますか。

InfoPath の対象者とは何ですか。

高度なビジネス ユーザーの

IT 担当者と開発者向け

InfoPath の他のプログラムとテクノロジの動作方法

InfoPath および InfoPath Forms Services とは

InfoPath 2010 を Microsoft SharePoint Designer 2010 と共に使用すると、SharePoint Server 2010 上で、エンタープライズ規模のワークフローや主要ビジネス データへのアクセスに対応した強力なフォームを利用する、エンドツーエンドのソリューションを容易に作成できます。InfoPath の中核となる強力な XML 編集エンジンにより、エンド ユーザーは簡単にデータを操作できます。

SharePoint の強力なグループ作業機能と並び、InfoPath 2010 は、エンタープライズ アプリケーション ニーズを満たすアプリケーションを迅速に作成するのに必要となる重要なツールセットの 1 つとなります。 ビジネス ユーザーは、InfoPath 2010 と SharePoint Server 2010 の InfoPath Forms Services を利用して、情報を収集、管理、共有する独自のビジネス プロセスを自動化できます。IT 部門、開発者、およびパワー ユーザーは、SharePoint プラットフォーム上で InfoPath フォームを通じて外部データを操作し、ワークフローを運用し、Web ページを強化する強力なビジネス アプリケーションを作成できます。ユーザーは Microsoft Office や SharePoint を使い慣れているため、InfoPath 2010 フォームを利用したビジネス プロセスの作成、使用、改善は迅速かつ簡単です。

Microsoft InfoPath 2010 は、経費報告書、タイム カード、アンケート、保険申請書などの電子フォームのデザインおよび入力に使用できます。このことは、テキスト ボックスやリスト ボックスなどの標準のフォーム コントロールを使用して、または、ユーザー エクスペリエンスを向上させるために、ユーザーがフォームのセクションを自由に追加、削除、置換、または非表示にできるコントロールを挿入して実現することができます。直接関係しているチームのデータを集めるだけの単純なフォームから、より大きなビジネス プロセスの一部となる複雑なフォームまで、さまざまな種類のフォームをデザインできます。InfoPath フォームは、単独で使用することも、既存のデータベースや Web サービスと連携するようにデザインすることもできます。フォームは、共有フォルダー、Web サーバー、Microsoft SharePoint Server 2010 や Microsoft SharePoint Foundation 2010 サイトのライブラリなど、社内ネットワーク上の共通の場所に発行して、そこからアクセスできるようにすることができます。

InfoPath 2010 でフォームに入力する場合は、使い慣れたドキュメント機能を使用できます。たとえば、フォーム内のスペルをチェックしたり、書式設定されたテキストやグラフィックスを特定のフィールドに挿入したりできます。フォーム テンプレートのデザインによっては、複数のフォームのデータを 1 つのフォームに結合することや、データを他のプログラムにエクスポートすることもできます。フォーム テンプレートがブラウザーに対応している場合は、コンピューターに InfoPath をインストールしていないユーザーでも、Web ブラウザーまたはモバイル デバイスでフォームに入力できます。

InfoPath 2010 に加え、InfoPath Forms Services を実行している Microsoft SharePoint Server 2010 を使用すると、InfoPath でブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインし、それを内部および外部の Web サイトで使用可能にすることができます。これにより、従業員、顧客、納入業者、パートナーなどのさまざまなユーザーと、ビジネス フォームを共有できます。ユーザーは、フォームに入力するためにコンピューターに InfoPath をインストールしたり、追加プログラムなどを Web からダウンロードしたりする必要はありません。必要なのは、Windows Internet Explorer、Apple Safari、Mozilla Firefox などのブラウザーにアクセスすることだけです。コンピューターに InfoPath がインストールされている場合は、ブラウザーではなく InfoPath でフォームを表示して入力できます。

ページの先頭へ

InfoPath のコンポーネントについて

InfoPath を構成するコンポーネントは、InfoPath Designer 2010、InfoPath Filler 2010、および InfoPath Forms Services を実行する SharePoint Server 2010 です。InfoPath Designer と InfoPath Filler は、クライアント コンピューターに Microsoft Office Professional Plus 2010 の一部としてインストールされます。InfoPath フォームをブラウザー互換フォームとして発行する場合は、InfoPath Forms Services を実行している SharePoint Server 2010 のインストール環境へのアクセスが必要になります。

InfoPath Designer 2010   作成して、InfoPath フォーム テンプレート (.xsn) を発行、InfoPath Designer 2010 を使用します。フォーム テンプレート (.xsn) ファイルをデザインする際に、レイアウト、ビュー、および特定の InfoPath フォーム ソリューションが依存しているロジックの実装するサポート ファイルが格納されている 1 つのファイルを作成します。ユーザーがフォームに入力するときに、関連するフォーム テンプレートに基づくフォーム (.xml) ファイルのインスタンスを実際に入力します。InfoPath デザイナーを使用して作成済みのレイアウト セクションで、既定のルール、強化されたルールの管理] で、さまざまなスタイルを含むフォームをすばやく作成できます。さらに、InfoPath Designer 今すぐには、別のフォーム テンプレートの数値がゼロからフォームのすべての項目を定義する必要はありません。

InfoPath Filler 2010   InfoPath Filler、フォームに記入されているユーザー、シンプルで使用する ui し、下書きを保存する、ローカル コピーを保存または PDF として保存し、フォームの地域のレコードがある選択できます。フォームをデザインするためのすべての不要な機能が開き、フォームに入力するようにしユーザーの削除されました。

InfoPath Forms Services   InfoPath Filler 2010 フォームと SharePoint Server 2010 での InfoPath ブラウザー フォームと強化された同じでは、フォームの入力がユーザーのためのより大きい整合性を確保します。たとえば、2 つの環境で使用できる機能が含まれています: 箇条書き、段落番号、および標準のリストです。複数選択リスト ボックスです。コンボ ボックスボタンの画像。ハイパーリンクの機能です。選択肢グループとセクション。フィルター機能です。日付と時刻のコントロールユーザーの選択します。

また、InfoPath 2010 は SharePoint Designer 2010 と統合され、Business Connectivity Services (BCS) 外部リストやワークフロー ソリューションに関連するフォームの作成やカスタマイズが可能になっています。

ページの先頭へ

InfoPath の使用方法

InfoPath を使用して、同僚、パートナー、納入業者、顧客などからビジネス データを収集できます。少人数のワークグループで使用する簡潔な InfoPath フォームを作成できます。たとえば、10 名から成る営業チームで InfoPath フォームを使用して、訪問販売に関する情報を非公式に収集して共有できます。このようなフォームへの入力データを 1 つのサマリー レポートに結合し、経営陣に毎月送ることができます。

また、非常に精巧なフォームをデザインして、既存の企業データベースに接続したり、既存のビジネス システムに統合したりすることもできます。たとえば、情報技術 (IT) 部門の開発者は、組織の経費報告プロセスを管理する InfoPath フォーム テンプレートをデザインできます。このフォーム テンプレートには、さまざまな職務区分のユーザーが経費報告書の送信、レビュー、承認、および申請者への払い戻しを行うために使用するビューおよびビジネス ロジックの機能を含めることができます。

InfoPath 2010 および InfoPath Forms Services には次のような新機能が導入され、強力な SharePoint アプリケーションを迅速かつ簡単に作成できるようになりました。

  • SharePoint リスト アイテムの作成、表示、および編集に使用するフォームをカスタマイズする

  • SharePoint Designer 2010 と連携してワークフロー アプリケーションを作成する

  • InfoPath フォーム Web パーツを使用して、コードを記述せずに強力な Web パーツを作成したり、それらを他の Web パーツと接続してデータ マッシュアップを作成したりする

次に、InfoPath を使用する利点のいくつかを紹介します。

Office system との統合   InfoPath では、Microsoft Outlook、Microsoft Excel の場合は、Microsoft Access など、Microsoft Office system の他のプログラムとサーバーの数値で動作します。たとえば、デザインし電子メール メッセージでの InfoPath フォームに入力する、フォーム データをワークシートにエクスポートする、データベースのフォーム データを送信したり SharePoint リストからデータを照会できます。さらに、開発者は InfoPath フォームを埋め込むことができます: メニューのツールバー、または他のユーザー インターフェイスの側面せずに、カスタム アプリケーションにします。

再利用可能なデータ   InfoPath フォームに入力されるデータが永久にはそのフォーム内のロックされた状態でがないです。書式が変更されたまたはさまざまな方法で再利用できます。この柔軟性開発者は、組織内に既存のビジネス プロセスにフォームのデータを統合できます。たとえば、会社のエンタープライズ リソース プラニング (ERP) および顧客関係管理 (CRM) システムを更新する販売レポート フォームで収集したデータを使用できます。これにより、事業部に基づいて意思決定を行うことができるように、必要なときとデータにアクセスできます。売上の適切な更新プログラムでは、他のグループに対して、操作と財務など生産やコストを正確に予測する簡単です。

一貫した、正確なデータ   InfoPath には、多くデータ入力エラーを回避して、フォームに入力するより迅速にユーザーをサポートする機能にはが含まれています。たとえばに自動的にユーザーの数学的な値を計算する、条件付き書式を使用して、データに、ユーザーの注目またはユーザーがそのフォームを送信する前にスペルをチェックできるように、スペル チェック機能を有効にする数式を使用することができます。さらに、ユーザーがフォームに入力するときに、データを入力するは、データの入力規則のエラーを確認できます。フォーム テンプレートがデータベースや Web サービスに接続している場合は、ユーザーこれらのエラーを修正するまで、データを送信することはできません。これにより、データを収集するには、正確性とエラーのない標準に準拠していることを指定していることを確認することができます。

低オーバーヘッド   用紙とは異なりフォームで、変更した場合に検出されるが、InfoPath フォーム テンプレートは簡単に変更して再発行します。さらに、自動的に検出されるため、ユーザーは常に最新バージョンにフォーム テンプレートが更新されました。

オフラインのサポート   InfoPath フォームに入力するときに、ユーザーがネットワークに接続する必要はありません。ユーザーできる自分のコンピューターにフォームを保存に対するオフラインで作業を行うと、社内ネットワークに再接続します。これは、機能は、断続的なまたは制限頻繁に出張する従業員になどのネットワーク リソースへのアクセスを所有するユーザーの方が便利です。

以下のフォーム   配布する方法と同じビジネス プロセスの複数の紙フォームの管理] ではなく infopath では、複数のビューを含む 1 つのフォーム テンプレートを作成できます。たとえば、経費明細書のフォーム テンプレートでは、従業員経費を承認管理者のための 2 番目のビューの経費を入力し、払い戻しを処理する従業員の 3 つのビューに 1 つのビューを作成できます。既定では、ユーザーは、[ホーム] タブで [現在のビューのドロップダウン リストからビューを選択してビューを切り替えることができます。ユーザーがフォームを開き、フォームを送信または、フォーム上のボタンをクリックした場合に、ビューを自動的に切り替えるルールを作成することもできます。

柔軟なコントロール   テキスト ボックスとリスト ボックスなどの標準コントロールに加えて InfoPath には、いくつかの繰り返しテーブル、選択肢グループ、省略可能セクションなどのコントロールが含まれています。これらの種類のコントロールを使用して、ユーザーに対応する柔軟なフォーム テンプレートをデザインできます。たとえば、経費明細書のフォーム テンプレートで繰り返しテーブルに使えるユーザーだけを入力できるようにする必要があるは、アイテムを経費します。

フォーム テンプレートの部分を成すテンプレート パーツを作成することもできます。テンプレート パーツは、保存して、複数のフォーム テンプレートで再利用することができます。一般的なテンプレート パーツは、コントロールとデータ ソースで構成され、さらにデータ接続、データの入力規則、ルールなどの機能を持つことができます。テンプレート パーツを使用すると、作業時間の節約になると共に、組織内のフォーム テンプレートの外観、構造、および動作方法の一貫性を保つために役立ちます。

ページの先頭へ

InfoPath の対象ユーザー

InfoPath 2010 は、ユーザーや組織が作成したいと考えているフォームベースのソリューションの種類に応じて、熟練したビジネス ユーザー、または IT プロフェッショナルや開発者が使用することを目的として設計されています。ただし、フォームへの入力は、すべてのレベルのユーザーが行うことができます。

熟練したビジネス ユーザー向け

InfoPath 2010 では、差し迫ったビジネス ニーズを満たす情報をコスト効率の高い方法で迅速に収集できる、機能豊富な電子フォームをデザインできます。コードを記述することなく、集計フィールド、既定値の設定、条件付き書式、ヒントなどの機能を使用して、フォームをカスタマイズできます。組織で SharePoint Server 2010 も使用している場合は、SharePoint リストに保存された情報を取得するためのフォームを作成できます。共有場所 (SharePoint リストなど) に情報を保存すると、チーム メンバーがその情報を利用しやすくなり、グループでの作業の効率が向上します。

また、InfoPath Filler でフォームに入力する環境、および Microsoft Outlook や Microsoft SharePoint Workspace 2010 (旧 Microsoft Office Groove) などの他の Microsoft Office 2010 アプリケーションとの相互運用性が改良され、オンライン入力、オフライン入力、モバイル デバイスでの入力など、ユーザーがフォームに入力するときのオプションが増えました。さらに、InfoPath 2010 を使用すると、Microsoft Office Word、Microsoft PowerPoint、Microsoft Excel の各アプリケーションのドキュメント情報パネルをカスタマイズして、ドキュメントのメタデータを収集できます。

IT プロフェッショナルおよび開発者向け

InfoPath 2010 は、電子フォームのデザイン、開発、展開、ホスト (SharePoint Server との併用時)、収集、集計、および統合のための最適な環境を提供します。InfoPath 2010 は、World Wide Web コンソーシアム (W3C) XML 勧告に従って基礎から構築され、既存のインフラストラクチャやプロセス管理環境と連携するように設計されています。

高度なフォームの部門エンタープライズ ビジネス プロセスでは、複合アプリケーションとワークフローのシーケンスを使用して作成 InfoPath 2010 と SharePoint Server 2010 と、ほとんどまたはまったくコーディングを使用します。InfoPath 2010 は、SharePoint Server 2010 と完全に統合することができます。

InfoPath フォームは、SharePoint Server 2010 Business Connectivity Services、Web サービス、SOAP (簡易オブジェクト アクセス プロトコル) および REST (Representational State Transfer) Web サービスを使用して、Microsoft SQL Server、Oracle、SAP などの他のデータ ソースや基幹業務システムと接続できます。また、InfoPath ソリューションは、SharePoint Foundation 2010 ソリューション ファイル (.wsp) および SharePoint サイト テンプレート (.stp) 形式を使用して移植できるため、サイト間やサーバー間でのアプリケーションの移動も簡単です。さらに、InfoPath では、ポータブル性を確保するため、URL は (絶対値ではなく) 相対値として保存されます。

これらのことは、強力なフォーム駆動型のビジネス プロセスの自動化ソリューションを作成するのに役立つ、InfoPath 2010 および SharePoint Server 2010 の機能のほんの数例にすぎません。

ページの先頭へ

他のアプリケーションやテクノロジとの連携

InfoPath を最大限に活用するために、InfoPath を次の表に示すような他のアプリケーションやテクノロジと連携させて使用することができます。

プログラムまたはテクノロジ

InfoPath との連携

Microsoft SharePoint Foundation 2010

Microsoft SharePoint Foundation 2010 を実行しているサーバー上のライブラリにフォーム テンプレートを直接発行できます。これにより、関連するフォームをすべて同じ場所に保存できます。たとえば、営業チームは SharePoint サイトを使用して、売り上げ報告書フォームのデータを入力、保存、閲覧することができます。ライブラリでは、ユーザーがフォーム テンプレートに基づくフォームに入力したり、入力済みフォームのデータを Excel にエクスポートしたり、複数のフォームのデータを単一のフォームに結合したりできます。フォーム テンプレートにデータ接続を設定して、SharePoint のリストやライブラリからデータを受信したり、ライブラリにデータを送信したりすることもできます。

また、SharePoint Foundation 2010 を実行しているサーバーに、サイト コンテンツ タイプとしてフォーム テンプレートを発行することができます。これにより、複数のフォーム テンプレートを単一のライブラリに割り当てたり、単一のフォーム テンプレートをサイト コレクションの複数のライブラリに割り当てたりすることができます。

Microsoft SharePoint Server 2010

Microsoft SharePoint Server 2010 は、SharePoint Foundation 2010 のコア機能を拡張する統合サーバー アプリケーション スイートです。

SharePoint Server 2010 上のライブラリにフォーム テンプレートを直接発行し、それを Web 上で使用可能にすることができます。さらに、次の機能を活用できます。

InfoPath Forms Services   ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインし、InfoPath Forms Services を実行している SharePoint サーバーに発行できます。ユーザーは、またはモバイル デバイスで Web ブラウザーでフォーム テンプレートに基づくフォームに入力し、ことができます。さらに、InfoPath Forms Services は、1 つの場所に保存し、組織のフォーム テンプレートの管理を提供します。

SharePoint リストのフォームを作成します。   InfoPath 2010 と SharePoint 通常または外部リストに基づくボタンをクリックするだけで見栄えの良いフォームを作成できます。ブラウザーには、移動し、SharePoint リボンの [リスト ツールの [SharePoint リストに、InfoPath を使用してフォームをカスタマイズする] を選びます。SharePoint リストのすべてのフィールドがフォームを自動生成し、し、カスタマイズして、フォームを作成する時間を短縮できます。1 回のクリックでフォームを発行して、SharePoint リストにアクティブで使用できるように、フォームが表示されます。

オフラインで完了するための SharePoint Workspace 2010 を使用します。   InfoPath 2010 と SharePoint Workspace 2010 では、ビジネス プロセスの参加者はオンラインまたはオフラインで操作できます。SharePoint Workspace 2010 では、SharePoint リストまたはライブラリを InfoPath フォームをオフラインにしやすく、InfoPath フォームと連携します。参加者は、ユーザーの接続に関係なく生産性を支援する、オンラインに戻った後、フォームに入力した情報は自動的に同期します。

Web ページのフォームを埋め込む   SharePoint Server 2010 での新しい InfoPath フォーム Web パーツを使用して Web ページで、フォームのホストよりも簡単です。SharePoint Server 2007 では、Web ページで InfoPath フォームをホストしたいユーザーを Visual Studio で ASP.NET コードを記述する必要があります。これで、1 行のコードを作成せずにだけで Web パーツ ページに InfoPath フォーム Web パーツを追加して、発行されたフォームを指すようします。SharePoint リストまたはフォーム ライブラリに発行されている任意の InfoPath ブラウザー フォームをホストするのに Web パーツを使用することができます。データ送信または受信するページ上の他の Web パーツに接続することもできます。

フォームの基幹業務システムとの接続   SharePoint Server 2010 には、データ接続、システムのユーザー アクセスを管理するための拡張のアーキテクチャが用意されています。これで複数のデータ ソースへのアクセスに複雑なフォームの開発を簡素化され、IT サポートを最小限に抑える頭痛します。

InfoPath 2010 は、SharePoint Server 2010 の Business Connectivity Services (BCS) と連携します。BCS は、外部データとサービス間の接続を利用してソリューションの開発を効率化する組み込みの機能、サービス、およびツールによって、Microsoft Office アプリケーションと SharePoint プラットフォームの機能を拡張します。BCS は、さまざまな方法で外部データ ソースに接続できます。BCS は、ADO.NET データ プロバイダーを介してリレーショナル データベース内のデータを利用および操作できます。また、WSDL 1.1 または 2.0 で記述された SOAP 1.2 プロトコルを介して標準のすべての Web サービスに接続することができます。BCS では、Windows Communication Foundation サービスのほか、ソリューションの開発者によってコンパイルされた Microsoft .NET カスタム コードを利用および操作できます。また、InfoPath 2010 で、REST Web サービスの XML データを取得できるようになりました。REST Web サービスでは、URL を介して渡される入力パラメーターが使用されます。フォーム設計者は、コードを使用することなく動作規則を使用して、URL パラメーターを InfoPath フォーム内で動的に変更し、REST Web サービスから必要なデータを取得できます。

SharePoint Designer 2010 を使用すると、外部リストに対してデータの作成、読み取り、更新、および削除を行うためのカスタム InfoPath フォームを作成できます。SharePoint Workspace 2010 を使用すると、外部リストをオフラインにしても、フォームのカスタマイズ内容は維持されます。SharePoint Workspace 2010 では、サーバーとクライアントで動作するビジネス ロジックとそのコードを追加することもできます。

SharePoint Server のセキュリティ保護されたソリューション   InfoPath 2010 とユーザーは、1 回のクリックでの InfoPath フォームを SharePoint Server サンド ボックス ソリューションの一部として実行されるマネージ コードを展開することができますようになりました。SharePoint サーバーにセキュリティ保護されたソリューションでは、フォーム デザイナーには、SharePoint サイト、制限付きアクセス許可のセット内にコードを含むソリューションをアップロードできます。リソースのクォータには、大量のリソース配分状況が制限されています。サイト コレクションの管理者は、コントロールは保持され、ソリューションについてのセキュリティの決定を下します。ファーム管理者は瞬時にできます。

データ接続ライブラリ   複数のフォーム テンプレートでは、同じまたは類似のデータ接続を使用] の場合、SharePoint Server 2010 サイト上のデータ接続ライブラリ内のデータ コレクション ファイルにデータ接続の設定を保存できます。ユーザーは、データ接続ファイルに接続するフォームが開いたら、InfoPath 設定を使用して、そのファイルに、外部データ ソースに接続します。この方法では、複数のフォーム テンプレートが、同じデータ接続ファイルを使用できるため、フォーム テンプレートごとに最初から同じデータ接続を作成する必要はありません。さらに、外部データ ソースの場所または接続設定を変更する場合は、データ接続ファイルのみ、個々 のフォーム テンプレートを更新する必要があります。

ワークフロー   SharePoint Server 2010 と共にで InfoPath を使用する場合は、InfoPath 内で直接ドキュメントのサーバー ベースのワークフローに参加することができます。フォーム テンプレートでワークフローを開始、進行中のワークフローの進捗状況を管理したり、ワークフロー タスクを実行できます。SharePoint Server 2010 には、ドキュメントの承認、ドキュメントのレビュー、署名の収集などの一般的なビジネス プロセスを管理するのには、いくつかの定義済みワークフローが含まれています。

ドキュメント情報パネル   多くの Microsoft Office プログラムでは、一連の文書の上部にある編集可能なフィールドとして表示されるドキュメント情報パネル] で、サーバーのドキュメントのプロパティを更新できます。たとえば、Microsoft Word 2010 文書でが必要作成者名、作成、およびドキュメントの種類の日付のプロパティを編集します。最終的に簡単に何を探しているサーバー上で検索します。たとえば、見つかることが簡単にすべてのプレス リリースが顧客のプロパティが特定の顧客の名前と一致します。InfoPath を使用するにを作成またはサイトまたはリスト コンテンツ タイプに使用するためのカスタム ドキュメント情報パネルを編集します。これにより、ドキュメント情報パネルの外観を制御したり、データの入力規則、条件付き書式] などの InfoPath 機能を使用して、パネル内のフォーム フィールドの動作をカスタマイズすることができます。

Outlook

フォーム テンプレートを電子メール メッセージの宛先のリストに発行することによって、フォーム テンプレートをユーザーに配布することができます。同様に、ユーザーによって入力されたフォームが電子メール メッセージの添付ファイルとして送信されるように、フォーム テンプレートをデザインできます。

Outlook 2010 では、ユーザーは InfoPath フォームを電子メール メッセージとして開いたり、入力したり、送信したりできます。他の電子メール メッセージと同様に、返信したり転送したりすることもできます。受信トレイ内の専用の InfoPath フォーム フォルダーに、関連するフォームを集めて保存できます。各フォームのデータをフォルダーの列に表示すると、複数のフォームのデータのグループ化、フィルター処理、および並べ替えをすばやく行うことができます。

Word

Word でフォームのような形式の文書を作成することはできますが、Word はフォーム デザイン プログラムとしてではなく文書処理プログラムとして使用するのが最も適しています。逆に、InfoPath は電子フォームのデザインおよび入力向けに特別に作成されています。既存の Word 文書を InfoPath フォーム テンプレートに変換するには、InfoPath のインポート ウィザードを使用します。

Excel

ユーザーは、1 つまたは複数の InfoPath フォームのデータを 1 つの新規の Excel ワークシートにエクスポートできます。また、一部の組織では、データを収集するためのフォームとして Excel ブックを使用しています。このようなブックには通常、ユーザーがデータを入力するための空白のセルが含まれています。InfoPath のインポート ウィザードを使用すると、Excel ブックを InfoPath フォーム テンプレートに変換できます。

Access

フォーム テンプレートを既存の Access データベースに接続できます。ユーザーは、接続先のデータベースにクエリしたり、データを送信したりすることができます。同様に、データベースの値をリスト ボックスに埋め込んだり、データベースに関連付けられたフィールドやグループにコントロールをバインドしたりすることもできます。

Access 2010 ではさらに、Access データベースに基づく InfoPath フォーム テンプレートを作成し、宛先のリストに電子メール メッセージとして発行できます。

Microsoft SQL Server

InfoPath は、Microsoft SQL Server 2000 形式から Microsoft SQL Server 2008 形式までの SQL Server データベースと連携できます。

SQL Server データベースに接続するフォーム テンプレートをデザインできます。ユーザーは、このフォームを使用して、接続先のデータベースにクエリしたり、データを送信したりすることができます。同様に、データベースの値をリスト ボックスに埋め込んだり、データベースに関連付けられたフィールドやグループにコントロールをバインドしたりすることもできます。

Microsoft Visual Studio Tools for Applications

InfoPath フォームは、コードを記述しなくてもさまざまな方法でカスタマイズできますが、宣言型ロジックが実装するソリューション機能のニーズを満たさない場合は、コードを使用して InfoPath フォームを拡張できます。マネージ コードの記述に関する知識があれば、デザイン モードから Microsoft Visual Studio Tools for Applications プログラミング環境にアクセスして、Microsoft Visual Basic または Microsoft Visual C# 形式のフォーム コードを記述、編集、およびデバッグできます。その後、記述したコードを InfoPath フォーム テンプレート (.xsn ファイル) に埋め込みます。

たとえば、フォーム内に利子を計算する機能を追加する場合は、フォーム自体にマネージ コードを記述し、フォームを開くか編集するときに InfoPath Filler または InfoPath Forms Services によってコードが実行されるようにすることができます。

Web サービス

他のアプリケーションやシステムと XML データをやり取りするために、フォーム テンプレートを Web サービスに接続できます。たとえば、InfoPath で直接サポートされていない Oracle データベースとの間でデータをやり取りするために Web サービスを使用できます。Web サービスの値をリスト ボックスに埋め込んだり、コントロールを Web サービスに関連付けられたフィールドやグループにバインドしたりすることもできます。

XML スキーマ

InfoPath は、拡張マークアップ言語 (XML) に基づいています。フォーム テンプレートをデザインする際に、.xsn ファイル キャビネット (.cab) ファイルを含むフォームの XML スキーマ (XSD) および XSL 変換 (XSLT) ファイルなどの機能に必要なファイルが作成されます。フォームを保存または業界標準の XML として送信するには、[InfoPath では、データ フォームのユーザーが入力されます。ただしにフォームに入力するフォーム テンプレートをデザイン、または XML について知っておく必要はありません。いる XML やすくのフォームを使用して、それを収集するデータを再利用する組織です。たとえば、顧客関係管理システム、やすくシステムでは、旅行計画システムの XML データを提供する活動のレポートの 1 つの InfoPath フォームを使用できます。さらに、組織では、経費明細書の特定の .xsd ファイルを使用している場合は、その .xsd ファイルで経費明細書のフォーム テンプレートのデザインを作成できます。既存のスキーマを持っていない場合は、自動的に作成するフォーム テンプレートにコントロールを追加するとします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×