Microsoft Exchange ユニファイド メッセージングの概要

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Microsoft Exchange Server アカウントがユニファイド メッセージング (UM) に対して有効になっている場合、電子メール、ボイス、および FAX の各メッセージを "受信トレイ" に受信できます。また、Exchange Server 2010 アカウントで追加の機能 (ボイス メール メッセージを転写したものを "受信トレイ" に配信するボイス メール プレビューなど) も使用できます。

注: ユニファイドメッセージングでは、 Microsoft exchange server 2010 または exchange server 2007 アカウントを使用する必要があります。Exchange Server 管理者は、これらのコマンドを使用できるように、ユニファイドメッセージング機能を有効にする必要があります。

ユニファイド メッセージングの機能

注: 一部の機能は、Exchange Server 2010 アカウントでのみ使用できます。Exchange アカウントのバージョンの詳細については、「アカウントが接続する Microsoft Exchange Server のバージョンを確認する」を参照してください。

  • Exchange 情報へのアクセス   インターネット対応の携帯電話、Microsoft Office outlook 2007、outlook 2010、outlook Web App (OWA) からボイスメール機能の完全なセットにアクセスできます。これらの機能には、多くのボイスメール構成オプションと、コンピューターのスピーカーを使って、統合された Windows Media Player、またはメッセージ一覧を使用して、閲覧ウィンドウから音声メッセージを再生する機能が含まれています。

  • [電話で再生   ][電話で再生] 機能を使うと、電話で音声メッセージを再生できます。office キュービクルで作業している場合は、パブリックコンピューターまたはマルチメディアが有効になっていないコンピューターを使うか、または機密情報である音声メッセージを聞くと、コンピューターのスピーカーから音声メッセージを聞くことができない場合があります。自宅、職場、携帯電話など、任意の電話を使って音声メッセージを再生します。

詳細については、「ユニファイド メッセージングの [電話で再生] に使う番号] オプションを構成する」を参照してください。

  • ボイスメールフォーム   outlook 2007、outlook Web App、outlook 2010 ボイスメールフォームは、既定の電子メールメッセージウィンドウと似ています。これには、音声メッセージの再生、停止、一時停止、電話での音声メッセージの再生、ノートの追加や編集などの操作のためのコントロールが含まれています。

ボイス メール フォームには、Windows Media Player が組み込まれているほか、オーディオ ノート フィールドがあります。組み込みの Windows Media Player とノート フィールドは、ボイス メッセージをプレビューするときは閲覧ウィンドウに表示され、ボイス メッセージを開いたときは独立したウィンドウに表示されます。

  • ユーザー構成   outlook Web App (exchange 2010 アカウントのみ) または outlook 2010 (exchange 2007 アカウントのみ) を使用して、ユニファイドメッセージングの複数のボイスメールオプションを構成することができます。たとえば、電話番号を構成したり、ボイスメールの再生をダイヤルしたりして、ボイスメールアクセス PIN をリセットしたりすることができます。

詳細については、「ユニファイド メッセージングの [電話で再生] に使う番号] オプションを構成する」または「ユニファイド メッセージングのボイス メールの暗証番号をリセットする」を参照してください。

  • 通話応答   通話応答には、利用できないときに着信通話に応答したり、個人の案内応答を再生したり、メッセージを記録したり、ボイスメールメッセージを受信トレイに電子メールメッセージとして送信したりします。

詳細については、「ユニファイドメッセージングボイスメールのあいさつ文を記録し、ユニファイドメッセージングボイスメールの応答を選択する」を参照してください。

  • 通話応答ルール   通話応答ルールは、Exchange 2010 アカウントで利用できる新機能です。この機能を使用して、着信通話の応答方法を決定することができます。通話応答ルールは着信通話に適用されますが、受信メールメッセージに受信トレイのルールが適用される方法に似ています。既定では、通話応答ルールは構成されていません。着信通話がユニファイドメッセージング (UM) サーバーによって応答された場合、発信者は、呼び出されたパーティの音声メッセージを残すように求められます。通話応答ルールを使うと、発信者は次のことができます。

    • ボイス メッセージを録音する。

    • 代替の連絡先に転送する。

    • 代替の連絡先のボイス メールに転送する。

    • 着信者が指定した別の電話番号に転送する。

    • "自分を検索" 機能を使用するか、管理された転送を使用してユーザーを検索する。

  • ボイスメールのプレビュー   Exchange 2010 では、ユニファイドメッセージングサーバーの役割は、新しく作成されたボイスメールメッセージで自動音声認識 (ASR) を使用します。受信トレイで音声メッセージを受信すると、音声録音から作成されたレコーディングとテキストの両方がメッセージに含まれます。詳細については、「ユニファイドメッセージングボイスメールプレビューを有効または無効にする」を参照してください。

  • SMS テキストメッセージを使用した不在着信およびボイスメール通知   自分の携帯電話番号を設定して、着信の転送を構成することができます。不在着信に関する通知と、携帯電話での新しい音声メッセージをショートメッセージサービス (SMS) テキストメッセージとして受信します。詳細については、「ユニファイドメッセージングの通知を有効または無効にする」を参照してください。

  • 保護されたボイスメール   保護されたボイスメールは、プライベートメールを送信できるようにするユニファイドメッセージング機能です。このメールは Active Directory Rights Management Services (AD RMS) によって保護されており、メールメッセージからの音声ファイルの転送、コピー、または抽出を制限します。保護されたボイスメールは、ユニファイドメッセージングの機密性を高め、音声メッセージの対象ユーザーを制限する場合は、ユニファイドメッセージングを使用できます。

  • Outlook Voice Access   ユニファイドメッセージング対応ユーザーは、電話ユーザーインターフェイス (TUI) と音声ユーザーインターフェイス (VUI) の2つのユニファイドメッセージングユーザーインターフェイスを使用できます。これら2つのインターフェイスは、Outlook Voice Access と呼ばれます。Outlook Voice access を使用して、電話からユニファイドメッセージングシステムにアクセスします。ユニファイドメッセージングシステムにダイヤルインすると、Outlook Voice access を使用して Exchange メールボックスにアクセスし、次の操作を行うことができます。

    • ボイス メールにアクセスする

    • 電子メール メッセージを作成または転送する、または電子メール メッセージに応答する

    • 予定表情報を音声で聞く

    • グローバル アドレス一覧 (GAL) または連絡先のグループ内の連絡先にアクセスまたはダイヤルする

    • 会議出席依頼を受理または拒否する

    • ボイス メール メッセージを設定して発信者に自分が応答できないことを知らせる

    • セキュリティおよび個人オプションを設定する

  • Outlook Voice Access を使用したグループのアドレス指定   Exchange 2007 アカウントでは、Outlook voice Access の電話ユーザーインターフェイス (TUI) または音声ユーザーインターフェイス (VUI) のいずれかを使用して、電子メールと音声メッセージを送信することができます。個人用連絡先の1人のユーザーに対して1つの電子メールメッセージを送信できるのは、各受信者を個別に追加するか、グローバルアドレス一覧から配布リストの名前を追加することによって、ディレクトリから複数の受信者に対してのみです。Exchange 2010 アカウントを使用すると、個人の連絡先に保存されているグループ内のユーザーに電子メールや音声メッセージを送信することもできます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×