Microsoft Exchange アカウントでオフライン作業するかどうかを確認する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この機能では、Microsoft Exchange Server 2000、Exchange Server 2003、または Exchange Server 2007 のアカウントを使用する必要があります。ほとんどの自宅用や個人用のアカウントでは、Microsoft Exchange は使用しません。 Microsoft Exchange アカウントと、アカウントを接続する Exchange のバージョンを決定する方法については、[参照] リンクを参照してください。

Microsoft Outlook を起動するときに、使用している Microsoft Exchange アカウントの作業をオンラインとオフラインのどちらで行うかを選択するように求めるか、または Exchange メールボックスを利用できる場合は常にオンライン モードで起動するかを指定できます。

  1. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。

  2. [電子メール] タブで Exchange アカウントをクリックし、[変更] をクリックします。

  3. [詳細設定] をクリックします。

  4. [全般] タブの [起動時の設定] で、[自動的に接続状態を検出する] または [手動で接続状態をコントロールする] をクリックします。

    起動時に Exchange の接続状態を変更する

    1。 Exchange アカウントへの接続が使用できない場合、オフライン モードで Outlook の接続状態を自動的に検出が開始されます。

    2。接続状態を手動で設定するときに Outlook を起動、オンラインとオフラインで作業するかどうかを選択するように求められます。このオプションは、オフラインで作業を行うこと場合でも、Exchange への接続は使用できます。

注: オフラインで作業するように Outlook を設定していない状態で、Exchange キャッシュ モードを使用していない場合、Exchange に接続していないときは Outlook のデータを利用できません。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×