Microsoft Bookings で言語とタイム ゾーンを設定する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft の予約 を使っていて、間違った時刻に予約が作成される場合は、タイム ゾーンの設定の変更が必要な場合があります。または、予約が正しくない言語で作成される場合は、言語の設定を変更する必要があります。

予約 には、2 つの独立した言語とタイム ゾーンの設定があります。1 つ目の設定は、ビジネス側のエクスペリエンスを設定します。この設定は、予約予定表の言語とタイム ゾーンを制御し、ログインしているユーザーの個人用予定表に適用される Outlook on the web の設定を使って設定します。言語とタイム ゾーンの 2 つ目の設定は、ユーザーが使うセルフサービスの予約ページに適用され、そのページの言語とタイム ゾーンだけを制御する専用の "地域設定" ページを使って設定します。

この記事では、これらの設定にアクセスしてタイム ゾーンと言語が正しく設定されていることを確認する方法、および必要な場合にそれらを編集する方法について説明します。

注: 予約が有効で既定の Office 365 Business Premium、またはOffice 365 A3とOffice 365 A5サブスクリプションがあるユーザー。Office 365 Enterprise E3 および E5 があるユーザーも予約が既定でオフになっています。有効にするには、エンタープライズ サブスクリプションの場合は、Office 365 business アプリにアクセスするを参照してください。

予約予定表の言語とタイム ゾーンの設定

予約予定表では、ログインしているユーザーの言語とタイム ゾーンの設定が使われます。そのため、たとえば、ログインしているユーザーのタイム ゾーンが東部標準時 (EST) に設定されている場合、予約予定表の既存の予定の開始時刻と終了時刻は EST で表示されます。このタイム ゾーンは、もともと、ユーザーの Microsoft Office 365 アカウントと Outlook on the web アカウントが作成されるときに設定されたものです。予約予定表の言語とタイム ゾーンを設定するには、以下の手順のようにします。

まず、 Office 365にログインし、(下を参照) にアクセスする] ページでの Outlook タイルをクリックしてまたはOffice 365アプリ起動ツールをクリックします。

Outlook アプリが強調表示された Office 365 のホーム ページ

クリックしたアプリが開いたら、画面の右上隅にある 設定アイコン をクリックして、個人とアカウントの設定を開きます。設定パネルの検索ボックスで、「タイム ゾーン」を検索します。このアカウントの現在の個人の言語とタイム ゾーンの設定が表示されます。前に説明したように、この設定は、予約予定表の言語とタイム ゾーンも制御します。変更が必要な場合は、[言語] または [現在のタイム ゾーン] ボックスのドロップダウン矢印をクリックして、最適な選択肢を選びます。

現在のタイム ゾーンが表示されている [設定] ページ

選択が済んだら [保存] をクリックします。[設定] パネルが閉じ、Outlook on the web が再起動して、新しい言語とタイム ゾーンの設定が適用されます。

予約ページの言語とタイム ゾーンの設定

  1. Office 365 でアプリ起動ツールを選び、[Bookings] を選びます。

  2. ナビゲーション ウィンドウでは、ページの予約を選択し、言語の変更とタイム ゾーンの設定を選択します。

    Sreenshot: 予約予定表の言語とタイム ゾーンの設定を選択します。
  3. 現在のタイム ゾーンと言語を選択し、 [ok]を選択します。

    スクリーン ショット: 現在のタイム ゾーン、言語を選択します。

関連項目

予約ページの公開と公開中止

Microsoft Bookings の概要

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×