スキップしてメイン コンテンツへ

Microsoft Bookingsで提供サービスを定義する

Microsoft の予約でサービスの内容を定義する場合は、その他の項目を設定します。これには、サービス名、説明、場所 (人と会議を行うか、オンライン会議を開催するかを選びます)、期間、顧客とスタッフへの既定の通知、およびサービス、料金。 また、サービスを提供する資格がある従業員にタグを付けることもできます。 顧客が会社の web サイトにアクセスして予定を予約するときに、どのような種類の予定が利用できるかを確認したり、サービスを提供するユーザーを選択したり、サービスのコストを確認したりすることができます。

カスタマイズした情報と Url を、ユーザーが予約ページを通じてサービスに登録したときに送信するメール確認とアラームに追加できるようになりました。

注: Office 365 Business Premium または Office 365 A3 および Office 365 A5 のサブスクリプションをお持ちのお客様の場合、Bookings が既定で有効になります。 Office 365 Enterprise E3 および E5 をお持ちのお客様も Bookings を利用できますが、既定では無効になっています。 オンにする方法については、「Get access to the Office 365 business apps for enterprise subscriptions」 (Enterprise サブスクリプションで Office 365 Business アプリにアクセスする) をご覧ください。

サービスの詳細情報を作成する

このビデオを視聴するか、以下の手順に従ってサービス内容を定義してください。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
  1. Office 365 でアプリ起動ツールを選び、[Bookings] を選びます。

  2. ナビゲーション ウィンドウで、[サービス]、[サービスの追加] の順に選びます。

  3. 名前、説明、場所などのサービスの詳細情報を入力します。 [既定の場所] に住所を入力し始めると、Bing から場所が提案されます。

  4. サービスに必要な期間を入力します。 [期間] から [日]、[住宅]、[分] の期間を入力して、ユーザーが予約できない場合のバッファー時間を設定することができます。

  5. 価格モデルを選びます。 [固定料金]、[最低価格]、[時間単位] の場合、料金を指定するように求められます。

  6. [価格と支払い] で、サービスの既定の価格を設定します。

  7. その他のメモやアラームの情報を入力します。

  8. [保存] をクリックします。

サービスにスタッフメンバーを割り当てる

スタッフを割り当てるときは、高度なトレーニングや特別な認定が必要なサービスかどうかを考えます。 必要な場合、その資格を持つスタッフ メンバーのみを割り当てます。 割り当てたいスタッフメンバーがリストにない場合は、[スタッフ] ページに移動して追加する必要があります。 詳細については、「スタッフ リストを作成する」を参照してください。 Microsoft Teams または Skype for Business を使用してオンライン会議を行う場合は、管理センターでチームまたは skype for business のライセンスを割り当てていることを確認してください。

  1. [サービス] ページで、そのサービスを提供する資格を持つ従業員を選びます。 1 名または複数名を選ぶことができます。 選んだ従業員名の横にチェック マークが付きます。

    サービスに割り当てられているスタッフには、名前の横にチェックマークが表示されます

  2. [保存] をクリックします。

公開とスケジュール ポリシーのオプションを設定する

既定では、サービスの詳細とスタッフの割り当ては、[保存] を選ぶとすぐに Web サイトの予約ページに投稿されます。 また、設定したスケジュール ポリシーは、作成したサービスに既定で適用されます。 既定をそのまま使用しない場合は、次の手順を実行します。

  1. [サービス] ページの [公開] オプションで、[予約ページにこのサービスを表示する]、[既定のスケジュール ポリシーを使用する]、またはその両方のチェック ボックスをオフにします。

  2. このサービスのスケジュール ポリシーを設定します。 スケジュール ポリシーの詳細については、「スケジュール ポリシーを設定する」を参照してください。

  3. [保存] をクリックします。

[オンライン会議の追加] オプション

オンライン会議オプションを使用してサービスを設定することができます。 自分または顧客が新しい予約を作成するか、既存の予約を更新すると、Microsoft Teams または Skype for Business を使用してオンラインで予定を作成することができます。

  1. [サービス] ページで、[オンライン会議を有効にする] 切り替えをオンにします。

  2. [保存] を選択します。

[オンライン会議の追加] を選択すると、Teams ライセンスまたは Skype for business のライセンスを所有するすべてのスタッフメンバーが、このサービスに対して有効になります。 スタッフが Teams ライセンスまたは Skype for Business のライセンスを持っていない場合、ユーザーが予約を試みても、このサービスに割り当てることはできません。 Microsoft Teams または Skype for Business を使用してオンライン会議を有効にしたい場合は、管理センターで Teams または skype for business のライセンスを割り当てていることを確認してください。

重要: お客様は、Teams ライセンスまたは Skype for Business のライセンスを取得している必要はありません。 また、チームや Skype for Business をインストールする必要もありません。 オンライン会議に参加するためのリンクをクリックすると、そのブラウザーからチームと Skype for Business を使用できるようになります。

グループ予約

グループ予約では、複数のユーザーが1人のスタッフメンバーとセッションに参加できるサービスの予定を設定できます。 グループ予約を使用すると、複数の人と同時に会議、講義、トレーニングセッションのスケジュールを立てることができます。

  1. [サービス] ページの [出席者の最大数] の下で、このイベントを出席できるユーザーの数を入力します。 最大数を設定すると、出席者リストで設定した番号を超えることはできません。 既定では、このフィールドは空白になります。

  2. [保存] を選択します。

予定表で予定を設定したら、サービスにユーザーを追加して、メールの招待状を送信することができます。

関連項目

勤務先情報を入力する

スタッフ リストを作成する

予約の作成とスタッフの割り当て

Microsoft の予約について教えてください

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×