スキップしてメイン コンテンツへ
Office

Microsoft 365 Family サブスクリプションを共有する

注: Microsoft 365 Family とサブスクリプションの共有は日本では利用できません。

Microsoft 365 Family を購入した場合は、家族の最大 5 人までサブスクリプション特典を共有できます。 これを行うには、各ユーザーに招待を送信するか、または Microsoft ファミリに追加します。 招待を受け入れると、そのユーザーは自分の Microsoft アカウントを使用して www.office.com にサインインし、デバイスに Office をインストールしたり、独自の 1 TB の OneDrive ストレージにアクセスしたりできるようになります。

Microsoft 365 Family サブスクリプション特典を共有するために、家族を招待する方法

注: 他のデバイスに Office をインストールする必要がある場合は、Microsoft アカウントの [インストール] ページで行えます。

  1. Microsoft アカウントの [共有] ページにサインインします。 Microsoft 365 Family サブスクリプションのセットアップに使用するものと同じ Microsoft アカウントを必ず使用してください。

  2. [共有の開始] ボタンを選択します。

    注: 

    • [共有の開始] ボタンが表示されない場合は、Microsoft 365 Family サブスクリプションの所有者ではない可能性があります。 他のユーザーから共有された Microsoft 365 Family サブスクリプションを使用している場合、または別の種類の Microsoft 365 サブスクリプションを所有している場合は、サブスクリプションを他のユーザーと共有することができません。

    • また、Microsoft 365 Family サブスクリプションを持っていない可能性もあります。 [サービスとサブスクリプション] ページで製品名を確認します。 Microsoft 365 Personal には、サブスクリプションの共有は含まれていません。

  3. [サブスクリプションの共有] ポップアップで、以下のいずれかを選択してください。

    メールで招待

    メールアドレスを入力し、 招待 を選択します。

    招待メールの送り先は、その家族が共有の Microsoft 365 サブスクリプションに使用するメールにする必要があります。

    リンク経由で招待する

    [コピー ] ボタンを選択して、メール、テキスト、またはその他のメッセージを使用して、共有するユーザーにリンクを送信します。

    リンクをクリックして Microsoft アカウントを使用してサインインすると、サブスクリプションに追加されます。 複数のユーザーと共有したい場合は、ユーザーごとに別々のリンクを作成します。

  4. 手順3でメールで招待することを選んだ場合は、このユーザーを Microsoft ファミリに追加する場合は、[招待] を選択します。 いつでも後で追加することができます。 microsoft ファミリを作成する利点の詳細については、「 microsoft ファミリとは」を参照してください。

  5. 招待を受け入れると、その家族は自分の Microsoft アカウントを使用して www.office.com にサインインし、デバイスに Office をインストールしたり、独自の 1 TB の OneDrive ストレージにアクセスしたりできるようになります。

Microsoft ファミリを使用して、家族とサブスクリプションを共有する方法

Microsoft ファミリの機能を使用すると、家族と予定表を手軽に共有する、画面の時間制限を設定する、より安全な閲覧を有効にする、家族と Microsoft 365 Family サブスクリプションを共有する、などの操作を行えます。

  1. microsoft ファミリに他のユーザーを追加するには、 microsoft アカウント、ファミリーページに移動し、下にスクロールして、[ファミリーメンバーの追加] を選びます。 各ファミリメンバーについて、この手順を繰り返します。 家族として最大 20 人を追加できますが、Microsoft 365 サブスクリプションはそのうち 5 人とのみ共有できます。

  2. 利用可能なライセンスがある場合、Office は Microsoft ファミリに追加された後、自動的に家族と共有されます。

  3. Microsoft ファミリに追加すると、その家族は自分の Microsoft アカウントを使用して www.office.com にサインインし、デバイスに Office をインストールしたり、独自の 1 TB の OneDrive ストレージにアクセスしたりできるようになります。

サブスクリプションの特典

各ユーザーは、追加料金なしで次の特典を取得できます。

  • PC、Mac、タブレット、スマート フォン用の最新バージョンの Office アプリ

    各ユーザーは、すべてのデバイスに office をインストールし、同時に5台のデバイスで office にサインインすることができます。 Office をインストールするには、自分の Microsoft アカウントを使用して www.office.com にサインインします。 既に Microsoft アカウントを持っていない場合は、招待状を共有することを承諾したときに1つを作成できます。 無料です。

    注: ユーザーが Office をインストールする前に、そのユーザーのコンピューターが システム要件 を満たしているか確認してください。 たとえば、Chromebook や、Windows Vista または Windows XP を実行しているコンピューターに最新バージョンの Office をインストールすることはできません。

  • OneDrive: 無料の 1 TB の OneDrive ストレージ。 詳細については、「Microsoft 365 についてよく寄せられる質問」の「OneDrive について」の項を参照してください。

    サブスクリプション特典を共有するユーザーには独自の OneDrive ストレージが与えられます。 心配することはありません。必要なファイルは共有できますが、他のユーザーは個人用の OneDrive ストレージにあるファイルやフォルダーにはアクセスできません。 方法については、「OneDrive のファイルとフォルダーの共有」を参照してください

  • 1 か月につき 60 分間の Skype の通話を利用でき、携帯電話は 8 か国、固定電話は 60 か国以上 (Skype が使用可能な市場のみ) に電話をかけることができます。 詳細については、「Microsoft 365 についてよく寄せられる質問」の「Skype 通話プランについて」の項を参照してください。

  • Outlook.com: 高度なメール セキュリティ ツールは、悪意のある Web サイトに関してリアルタイムで警告し、最新のウイルスの添付ファイルをスキャンすることで、各ユーザーの受信トレイをフィッシング詐欺やマルウェアから保護するのに役立ちます。 共有しているユーザーは、広告のないエクスペリエンスと、メールボックスあたりの 50 GB の記憶域も取得します。

    注: サブスクリプションを共有する他のユーザーは、Office を使用して作成するファイルにアクセスできません。また、他のユーザーのファイルにもアクセスできません。 ファイルとサービスの使用状況に関する情報も他のユーザーには公開されません。そのユーザーには自分でサブスクリプションを購入したかのように見えます。

共有するユーザー、招待状、インストールの管理方法

時間が経つにつれて、別のユーザーと共有したり、新しいデバイスで Office にサインインしたりすることができます。 次のデバイスから他のユーザーとの共有を停止したり、Office からサインアウトしたりする方法について学習できます。

Office を共有したユーザーを管理する

Microsoft アカウントの [共有] ページ[他のユーザー] セクションで、Microsoft 365 Family サブスクリプションの特典を共有しているユーザーを表示し、管理することができます。

たとえば、既に 5 人の家族とサブスクリプションを共有していて、新しいユーザーと共有したい場合は、新しいユーザーと共有する前に誰かと共有を停止する必要があります。

他のユーザーとのサブスクリプションの共有を停止する :
他のユーザーとのサブスクリプションの共有を停止すると、そのユーザーはすべての Microsoft 365 Family サブスクリプションの特典 (追加の OneDrive ストーレジや Office を使用する機能など) が失われます。 共有を停止したユーザーは自分の Office ファイルの表示および印刷はできますが、既存のファイルの編集やファイルの新規作成はできません。

Office を共有するための招待状を管理する

[Microsoft アカウント]、[共有] ページの [他のユーザー] セクションで、作成した招待状を表示して管理できます。 招待の状態を確認したり、招待状を再送信したり、削除したりすることができます。

招待されたユーザーが招待状を見つけられない場合は、「Microsoft 365 Family を共有するための招待状を見つからない」を参照してください。 招待状を承諾しないユーザーがいる場合、問題がなければ、その招待状を削除することができます。

Office デバイスの管理

すべてのデバイスに Office をインストールし、同時に 5 台のデバイスで Office にサインインすることができます。 デバイスが 6 台以上ある場合は、サインインの制限を超えないよう、Office によってデバイスから自動的にサインアウトされます。 サインアウトしたデバイスで Office を使用するには、もう一度サインインします。 詳細については、「Microsoft 365 でのサインインのしくみ」を参照してください。

サブスクリプションを共有したユーザーを支援する

他のユーザーとサブスクリプションを共有すると、Microsoft 365 Family サブスクリプションが共有されたことを伝えるメールがそのユーザーに届きます。 共有されたユーザーはメールにある [承諾] ボタンをクリックして、[個人用 Office アカウント ] ページに移動するだけで Office をインストールしたり、OneDrive ストレージにアクセスしたりできます。

既に説明したように、招待状が届かない場合は、「Microsoft 365 Family を共有するための招待状を見つからない」を読むように伝えてください。 Office のインストールに問題がある場合は、「Office をインストールする場合のトラブルシューティング」を読むように伝えてください。

関連項目

Office を PC または Mac にインストールする

モバイル デバイスで Office アプリとメールをセットアップする

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×