Microsoft 365 Business セキュリティ機能

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft 365 Businessには、Pc、電話、タブレット上のデータの保護のために簡素化されたセキュリティ機能が提供されています。

この記事の内容:

Microsoft 365 Business 管理センターのセキュリティ機能

追加セキュリティ機能(2018 年 4 月 30日 [発表)

高度な脅威保護機能を設定します。

オンライン アーカイブの Exchange での電子メールの保存を設定します。

Azure 情報保護機能を設定します。

FAQ

Microsoft 365 Business 管理センターのセキュリティ機能

多くのでは、簡単な方法でこれらの機能を有効または無効にする、管理センターでMicrosoft 365 Businessセキュリティ機能を管理することができます。管理センターで、次の操作を行います。

管理センターのデバイス カードのスクリーンショット
  • Windows 10 の再設定するデバイスを出荷時の設定にします。

    デバイスの保護設定が適用されたすべての Windows 10 デバイスをリセットすることができます。

追加セキュリティ機能

インターネット脅威からビジネスを保護し、機密情報を保護するために Microsoft 365 Business で高度な機能を利用します。

  • Office 365 の高度な脅威保護

    により脅威保護 (分析ツール) 高度な高度なフィッシング詐欺と従業員や顧客の情報を侵害するように設計 ransomware 攻撃に対して、[ビジネスを保護します。機能は次のとおりです。

    • 高度な添付ファイルをスキャンし、AI 駆動の分析を検出し、危険なメッセージを破棄します。

    • フィッシング詐欺に含まれているかどうかの評価をメールでリンクを web の自動確認します。安全でない web サイトへのアクセスを信頼できるようにできます。

  • Exchange オンライン アーカイブ

    Exchange Online アーカイブ ライセンスは、連続データのバックアップを簡単にアーカイブするメッセージを使用できます。すべての検出または復元の後で必要な場合に、[削除済みアイテム] を含む、ユーザーのメールが格納されます。さらに、または法令遵守要件を満たしている訴訟の保留、電子情報開示、メール データを保持するのには、異なるアイテム保持ポリシーを使用できます。

  • Azure 情報の保護

    ようなコントロールでメールとドキュメント内の機密情報へのアクセスを制御する情報の保護を支援が「?」と「コピーしません」「社外秘」としての機密情報を分類し、[外機密情報を共有する方法とビジネスを指定することもできます。企業レベル暗号化はメールとドキュメントを非公開にしておく情報に適用するのには簡単です。Microsoft 365 Business にはAzure 情報保護プラン 1のすべての機能が含まれます。

  • Azure ポータルで Intune のすべての機能

    Azure ポータルの管理センターでは、MacOS デバイス、iPhone、および (Windows)、高度なデバイスの管理とデバイスか Android デバイスの管理などの他のセキュリティ機能を設定することができます Intune へのアクセスをご利用いただけません Microsoft からBusiness 管理センターの 365 します。

次のセクションでは、セキュリティとコンプライアンス センターと Intune 管理センターでこれらの機能を管理する方法について説明します。時間の経過簡素化されたコントロールは、Microsoft 365 Business 管理センターに追加されます。

高度な脅威保護機能を設定します。

  • 危険な添付ファイルを保護する:分析ツールは、仮想環境でのメールの添付ファイルを開くと、悪意のあるコンテンツを特定し、結果の動作の分析を実行します。 (標準または悪意のある) かどうかの目的を決定する内容が評価される、分析ツールはフィッシング詐欺や ransomware 感染から保護するのにも役立ちます、安全でない添付ファイルの配信をブロックしています。添付ファイルの保護をアクティブには、 Office 365 の分析ツールの安全な添付ファイルのポリシーを設定するを参照してください。

  • ユーザーは、悪意のあるリンクをクリックすると、その使用環境を保護する: 分析ツールが、時にユーザーをクリックしてもメールでリンクを検証します。リンクが安全でない場合は、ユーザーがサイトにアクセスしないように警告またはサイトがブロックされていることを通知します。これにより、フィッシング詐欺から保護します。すべてのユーザーに適用される分析ツールの安全なリンク ポリシーを定義または特定の電子メールの受信者のポリシーを追加できます。

オンライン アーカイブの Exchange での電子メールの保存を設定します。

ライセンスのExchange オンライン アーカイブ機能では、維持するためにコンプライアンスと規制基準メールを保存することによりコンテンツするために電子情報開示の機能を問い合わせてください。また、訴訟、リスクを軽減し、セキュリティ違反した後、または [削除済みアイテムを復元する必要がある場合は、データを回復する方法を提供します。これらの機能をアクティブにすべてのユーザーのコンテンツを保持するための訴訟ホールドの使用またはアイテム保持ポリシーを使用してより詳細にカスタマイズできます。

  • 訴訟ホールド:訴訟でユーザーのメールボックスの全体を配置して [削除済みアイテムを含む保持すべてのメールボックスの内容を保存できます。

    • 管理センターでの訴訟ホールドには、メールボックスを配置します。

      1. 左側のナビゲーションで管理センターに移動 > Exchangeします。

      2. Exchange 管理センターでコンプライアンス管理に移動 >インプレース電子情報開示と保持します。

      3. 新しい名前を入力し、名前説明] フィールドに説明をプラス記号をクリックし、[次へ] を選びます。

      4. メールボックスの下には、指定のメールボックスを検索するを選択し、追加するには、プラス] リストに名前を選択します。名前を選択すると、[追加> [ok] [次へします。

      5. 次の場所、もう一度 [次へ] を選びますし、選択したデータ ソースの検索クエリに一致する場所のコンテンツを保持] チェック ボックスを選択して] を選びます無期限に保持または項目を保持する日数を指定する基準に、日付が表示される>終了します。

  • 保持: 一定の時間の保存または保持期間の最後にあるコンテンツを完全に削除するのには、カスタマイズしたアイテム保持ポリシーを有効にできます。詳細については、アイテム保持ポリシーの概要を参照してください。

Azure 情報保護機能を設定します。

Web 版 Outlook でメールを送信する場合は、次の制限を適用する機能はすべてのユーザーに対して自動的に有効にします。

  • 転送不可: 受信者は、メッセージを読むことができますが、印刷、または、コンテンツをコピーすることはできませんが、

  • 暗号化: メッセージ全体を暗号化します。受信者は、暗号化されたコンテンツにアクセスする前に、身元を確認する追加の手順を実行する必要がありますおよび暗号化を解除することはできません。

  • 「社外秘: 組織外のユーザーではなく、[電子メールの内容と添付ファイルに、組織内従業員に完全なアクセス許可を提供します。データの所有者を追跡し、任意の時点でのコンテンツを取り消すことができます。

  • 機密性の高い: 機密性の高いデータを表示、編集と、返信しますが、いない転送、印刷、またはデータをコピーする従業員ができるようにするのには、この制限を適用できます。データの所有者を追跡し、任意の時点でのコンテンツを取り消すことができます。

FAQ

Q: これらの新しいセキュリティ機能提供されますか。

A: 次の機能は、2018 年 4 月 30日 [Microsoft 365 のビジネスに追加されました。

  • メール用の office 365 高度な脅威保護

  • Web クライアントでの情報の保護

  • Exchange オンライン アーカイブ

  • Windows 悪用警備隊と Bitlocker 暗号化の強制実行

注: これで利用可能な多くのボックスの一覧で機能が、他のユーザーに公開される新規または既存の顧客にいくつかの週間です。

夏季 2018、中にデータ損失防止が利用可能になり、Office デスクトップ アプリケーションをサポートする更新されます。

  • DLP ポリシーのヒントは、Outlook、Word、Excel、および PowerPoint デスクトップ アプリケーションでします。

  • Outlook Word、Excel、PowerPoint デスクトップ アプリケーションでの information Rights Management 機能します。

  • Word、Excel、PowerPoint のドキュメントの高度な脅威保護します。

Q: これらのセキュリティ機能は利用可能なすべての市場で

A: はい、これらの機能は Microsoft 365 ビジネスを販売しているすべての市場で使用します。

Q: セキュリティとコンプライアンス センターを検索するどうすればよいですか。

A:

  1. 管理者資格情報を使用してMicrosoft 365 Business へのサインインにします。

  2. 左側のナビゲーションでは、管理センターを検索し、展開します。

    Microsoft 365 管理センターの左側のナビゲーションで [管理センター] を選びます。
  3. セキュリティとコンプライアンス センターに移動するには、セキュリティとコンプライアンスを選択します。

Q: Intune 管理センターを検索するどうすればよいですか。

A:

  1. 管理者資格情報を使用してMicrosoft 365 Business へのサインインにします。

  2. 左側のナビゲーションでは、管理センターを検索し、展開します。

  3. Intune Intune 管理センターに移動する] を選びます。

関連項目

Microsoft 365 Business のドキュメントとリソース

Microsoft 365 Business を使い始める

Microsoft 365 Business の管理

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×