Microsoft 365 の利用状況分析を有効にする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

使用状況分析を Microsoft 365 も for Office 365 米国政府コミュニティ使用できます。

Microsoft 365 の使用状況分析を有効にする手順

Microsoft 365 の使用状況分析を使ってみるには、まず、Office 365 管理センターで、データを使用できるようにし、Power bi コンテンツ パックのインスタンスを作成する必要があります。

Power BI を取得する

Power BI をまだお持ちでない場合は、無料で Power BI にサインアップできます。[無料で使い始める] を選択して、無料バージョンを取得します。

無料で開始を選択して Power BI を取得する

[製品] を展開して Power BI のバージョンを購入することもできます。

パッケージのコンテンツを有効にします。

パッケージのコンテンツを有効にするには、グローバル管理者レポートの閲覧者Exchange 管理者Skype for Business 管理者、またはSharePoint 管理者があります。

詳細については、「Office 365 の管理者ロールについて」を参照してください。

  1. 管理者の資格情報でサインインし、管理センターに移動します。

  2. 管理センターで、左側のナビゲーションを展開し、[レポート]、[使用状況] の順に移動します。

  3. 使用法] ページで、[使用状況分析を Microsoft 365カードを見つけて作業を開始する] を選びます。

  4. レポートを開くと、パネルことでは、Power BI の Microsoft 365 の使用状況分析を使用可能なデータに設定>を保存します。

    これにより、データ収集のプロセスを開始しは、テナントのサイズによって 2 ~ 48 時間以内に完了します。Power BI に移動] ボタンを有効に (なった灰色の) データの収集が終了するとします。

コンテンツのパックのインスタンスを作成します。

コンテンツ パックのインスタンスを作成するには、グローバル管理者レポートの閲覧者Exchange 管理者Skype for Business 管理者、またはSharePoint 管理者があます。

  1. テナント ID をコピーして、[Power BI に移動] を選択します。

  2. Power BI にしたときに、サインインします。データの取り込み] を選択し、独自のコンテンツを作成するのには、他の方法で、コンテンツのサービス パックをクリックします。

    コンテンツ パック ライブラリの [サービス] で [取得] を選択します。
  3. [アプリ] タブで、[検索] ボックスで、Microsoft 365 を入力し、 Microsoft 365 の使用状況分析を選択 >でもようになりました

  4. 使用状況分析を Microsoft 365 への接続] 画面で、[手順 (1) でコピーした Id のテナントに入力 >します。

  5. 次の画面で、[認証方法] として [oAuth2] を選択し、[サインイン] を選択します。その他の認証方法を選択した場合、コンテンツ パックへの接続は失敗します。

    認証方法として oAuth2 を選択する
  6. インスタンス化されるコンテンツ pack とは、Microsoft 365 の使用状況分析ダッシュ ボードは web 上の Power BI で利用されます。2 ~ 30 分間のダッシュ ボードの最初の読み込みになります。

    T enant レベル集計は、すべてのレポートに表示されます。ユーザー レベルの詳細のみ利用可能になる後に予定表の月の第 1 または 15 日より後に。次のレポート - データなしでのタイルが表示されます - その時点まで影響されます。

    役立つヒントを表示して、これらのレポートを使用する方法については、移動および Microsoft 365 の使用状況分析でレポートを利用するを参照してください。

    • Exchange – ユーザー アクティビティ

    • Skype for Business - ユーザー アクティビティ

    • チームのユーザーのアクティビティ

    • Yammer のユーザーのアクティビティ

    • [OneDrive - ユーザー アクティビティ

    • SharePoint のユーザーのアクティビティ

    • 部門の導入

    • 製品別の導入

    • 地域ごとの導入

    • Yammer の使用

収集されたデータを匿名にする

すべてのレポート用に収集されるデータを匿名にするためには、グローバル管理者になる必要があります。ユーザー名、グループ名、サイト名などの特定できる情報はレポートおよびコンテンツ パック内で非表示になります。

  1. 管理センターで、左側のナビゲーションを展開し、[設定]、[サービスとアドイン] の順に移動します。

  2. [サービスとアドイン] ページで、[レポート] を選び、[すべてのレポートで名前の代わりに匿名識別子を表示] の横のスイッチをオンに切り替えます。この設定は利用状況レポートとコンテンツ パックの両方に適用されます。

    オンに切り替えて匿名でレポートを作成する
  3. [保存] を選びます。

関連トピック

使用状況分析を Microsoft 365
Office 365 の使用状況レポートでアクティブなユーザー
の移動および Microsoft 365 の使用状況分析でレポートを利用する
Microsoft 365 の使用状況分析でレポートをカスタマイズします。
Microsoft 365 のトラブルシューティングの使用状況分析
Microsoft 365 使用状況分析をデータ モデル

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×