スキップしてメイン コンテンツへ
セキュリティとコンプライアンス

フィッシング詐欺対策保護をセットアップする

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

フィッシング詐欺とは、使い慣れたソースからメールが送信されたように見える悪質な攻撃ですが、個人情報の収集を試みます。 既定では、Microsoft 365 にはフィッシング詐欺対策の一部が含まれていますが、設定を調整することで保護を高めることができます。 では、見てみましょう。

  1. 管理センター (https://admin.microsoft.com)で、[セキュリティ]、[脅威の管理]、[ポリシー]、[ATP フィッシング対策] の順に選択します。

  2. [既定のポリシー] を選択して、詳細を設定します。

  3. [権限借用] セクションで、[編集] を選びます。

  4. [保護対象のドメインの追加] に移動し、所有するドメインを自動的に含むように切り替えボタンを選択します。

  5. [アクション] に移動して、偽装ユーザーによってメールが送信された場合はドロップダウンを開き、必要な操作を選択します。

    偽装ドメインによってメールが送信された場合は、ドロップダウンを開き、必要な操作を選びます。

  6. [偽装の安全性のヒントを有効にする] を選択します。 システムが、偽装したユーザー、ドメイン、または不審な文字を検知したときに、ヒントをユーザーに表示するかどうかを選択します。 [保存] を選択します。

  7. [メールボック スインテリジェンス] を選択し、有効になっていることを確認します。 これにより、使用パターンがメールによって学習されるため、より効果的になります。

  8. [信頼できる送信者とドメインの追加] を選択します。 ここでは、偽装として分類してはいけないメール アドレスまたはドメインを追加できます。

  9. [設定の確認] を選択し、すべて正しいことを確認したら、[保存]、[閉じる] の順に選択します。

これで、フィッシングの脅威に対する組織の保護が強化されました。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×