Microsoft プランナーからユーザーデータをエクスポートする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

この記事では、office 365 グローバル管理者が Microsoft プランナから特定のユーザーのデータをエクスポートする方法について説明します。エクスポートされたデータには、プランナに含まれているユーザーに関するデータと、ユーザーが参加したプランに含まれているデータも含まれます。エクスポートプロセスは、Windows PowerShell を使用して実行されます。

注: office 365 グローバル管理者は、microsoftサービスセキュリティポータルdata Log export ツールを使用して、microsoft プランナユーザーのテレメトリデータをエクスポートできます。

要件

まず、次の操作を行う必要があります。

  • プランナーユーザーデータをエクスポートするための PowerShell スクリプトを実行するには、Office 365 グローバル管理者である必要があります。

  • プランナユーザーデータエクスポートファイルをダウンロードして解凍する必要があります。これら3つのファイルは、ユーザーデータをエクスポートするために必要な powershell モジュールと powershell スクリプトファイルです。

    注: このパッケージをダウンロードすると、同封のライセンスと条項に同意したことになります。

ファイルのブロックを解除する

PowerShell でユーザーに注文するには、プランナユーザーデータエクスポートスクリプトパッケージでダウンロードした3つのファイルを "ブロック解除" する必要があります。これは、既定では、インターネットからダウンロードしたスクリプトの実行は許可されていないためです。ブロックを解除する必要があるファイルは次のとおりです。

  • plannertenantadmin .psm1

  • microsoft へ. activedirectory

  • へ. activedirectory. windowsforms

これらのファイルのブロックを解除するには、次の操作を行います。

  1. エクスプローラーで、ファイルを解凍した場所に移動します。

  2. 上で説明した解凍されたファイルのいずれかを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  3. [全般] タブの [ブロックの解除] を選びます。

    ファイルのブロックを解除する
  4. [OK] をクリックします。

  5. 残りの2つのファイルについて、次の手順を繰り返します。

プランナーからユーザーコンテンツをエクスポートするには

ファイルのブロックを解除したら、次の操作を行って、プランナからユーザーデータをエクスポートします。

  1. Windows PowerShell を起動します。PowerShell で、次のように入力して、このセッションのみでインターネットからダウンロードしたスクリプトを実行できるようにします。"Y" と入力すると、確認メッセージが表示されることがあります。

    PS> Set-ExecutionPolicy -ExecutionPolicy Unrestricted -Scope Process
  2. PlannerTenantAdmin PowerShell スクリプトを実行するには、次のように入力します。これにより、エクスポートを実行するために必要なコマンドレットを含むモジュールがインポートされます。

    PS> Import-module "<location of the .psm1 file>"

    たとえば、C:\AdminScript にファイルを保存する場合は、次のように入力します。

    PS> Import-module "C:\AdminScript\PlannerTenantAdmin.psm1"
  3. スクリプトが完了したら、 PlannerUserContentコマンドレットを使用して、ユーザーのコンテンツをプランナからエクスポートします。

    PS> Export-PlannerUserContent -UserAadIdOrPrincipalName <user's AADId or UPN> -ExportDirectory <output location>

    パラメーター

    説明

    -UserAadIdOrPrincipalName

    コンテンツをエクスポートするユーザーの Azure Active Directory ID または UPN のいずれかを使用します。

    -ExportDirectory

    出力ファイルを保存する場所。フォルダーは既に存在している必要があります。

    -HostName

    task.office.com以外のホスト名は、プランナにアクセスする場合にのみ、このパラメーターを使う必要があります。たとえば、 tasks.office365.usを通じてプランナにアクセスする場合は、コマンドに-HostName tasks.office365.usを含めます。

    たとえば、次の手順では、自分の UPN を使用してプランナから Adam バールのユーザー情報をエクスポートし、エクスポートファイルを場所C:\PlannerExportAdamBarrにダウンロードします。

    PS> Export-PlannerUserContent -UserAadIdOrPrincipalName adambarr@contoso.onmicrosoft.com -ExportDirectory C:\PlannerExportAdamBarr 
  4. 認証を求めるメッセージが表示されます。エクスポートするユーザーではなく、自分としてログインします (Office 365 Global admin)。

  5. PowerShell コマンドレットが正常に実行されたら、エクスポート先に移動して、ユーザーのエクスポートされたデータファイルを表示します。

エクスポートされる内容とその読み取り方法

PowerShell コマンドレットを実行して、ユーザーのデータをプランナからエクスポートすると、ダウンロード場所のフォルダーに次の2種類のファイルが表示されます。

  • ユーザーに関する情報が含まれた json 形式の単一のユーザーファイル。

  • ユーザーが使用しているプランごとに1つの json ファイルを作成します。

    • タスクが割り当てられている。

    • タスクが作成されました。

エクスポートしたファイルを読み取る方法

このセクションの情報を使用して、受信したユーザーとプランの両方の json ファイルに表示されるプロパティについて理解しやすくすることができます。

ユーザーファイル

ユーザーファイル名には、"user" というプレフィックスと、ユーザーの Microsoft プランナー ID が付けられます。次のプロパティがあります。

プロパティ

説明

User.Id

ユーザーの Microsoft プランナー ID。

ユーザー ExternalId

ユーザーの Azure Active Directory ID。

ユーザー名

ユーザーの表示名。

ユーザー InternalDisplayName

ユーザーの Microsoft プランナーの表示名です。

ユーザー UserPrincipalName

ユーザーのユーザープリンシパル名 (UPN)。

ユーザー PrincipalType

Value は常に "User" です。

ユーザー UserDetailsId

ユーザーの詳細オブジェクトを表す一意の識別子です。

ユーザー ICalendarPublishEnabled

true の場合、プランの ICalendar 共有が有効になっています。詳細については、「予定表でタスクを表示する」を参照してください。

ユーザー OptedInNotifications

ユーザーがオプトインした通知。

ユーザー OptedOutNotifications

ユーザーが選んだ通知。

ユーザー FavoritePlans

ユーザーがお気に入りを持っているプランのブックマーク。

User.FavoritePlans.Id

プランの Microsoft プランナー ID。

ユーザー FavoritePlans. ブックマーク名

ブックマークに割り当てられた名前。

ユーザー FavoritePlans. OrderHint

並べ替え順序に使用されます。「 Microsoft プランナでの注文のヒントの使用」を参照してください。

ユーザー RecentPlans

ユーザーが最近開いたプラン。

User.RecentPlans.Id

プランの Microsoft プランナー ID。

ユーザー RecentPlans. ブックマーク名

ブックマークに割り当てられた名前。

ユーザー RecentPlans. LastAccess

計画が最後に開かれたとき。

ユーザー UserData

プランナ Web クライアントからのカスタムデータ。

ユーザー UserData キー

カスタムデータキー。

User UserData 値

カスタムデータ値。

ユーザー AssignedTaskOrdering

ユーザーに割り当てられているタスクの並べ替え順序。

ユーザー AssignedTaskOrdering. PlanId

タスクが含まれているプランの Microsoft プランナ ID。

User.AssignedTaskOrdering.Id

タスクの Microsoft プランナー ID。

ユーザー AssignedTaskOrdering 注文

並べ替え順序に使用されます。「 Microsoft プランナでの注文のヒントの使用」を参照してください。

ユーザー AssignedTaskOrdering

タスクのタイトル。

ファイルを計画する

各プランのファイル名には、"プラン" と、プランの Microsoft プランナ ID が付加されます。各ファイルには、次のプロパティがあります。

プロパティ

説明

Plan.Id

プランの Microsoft プランナー ID。

タイトルを計画する

プランのタイトル。

所有者を計画する

プランの所有者 (グループまたはユーザーエンティティ)。

Plan.Owner.Id

エンティティ (グループまたはユーザー) の Microsoft プランナー ID。

ExternalId を計画します。

エンティティ (グループまたはユーザー) の Azure Active Directory ID。

所有者を計画します。

所有者 (グループまたはユーザー) の表示名です。

UserPrincipalName を計画します。

所有者がユーザーの場合は、ユーザープリンシパル名 (UPN)。

PrincipalType を計画します。

エンティティの種類 (グループまたはユーザー)。

CreatedDate を計画する

計画が作成された日付と時刻。

CreatedBy を計画する

プランを作成したユーザー。詳細については、「ユーザープロパティ」を参照してください。

CreatedByAppId を計画する

プランが作成されたアプリを表す一意の識別子です。

ModifiedDate を計画する

計画が最後に更新された日付と時刻。

ModifiedBy を計画する

計画を最後に更新したユーザーの名前です。詳細については、「ユーザープロパティ」を参照してください。

PlanDetailsId を計画する

プランの詳細オブジェクトを表す一意の識別子です。

ICalendarPublishEnabled を計画する

true の場合、プランの ICalendar 共有が有効になっています。詳細については、「予定表でタスクを表示する」を参照してください。

CreateTaskCommentWhen を計画する

プランのタスクに対してコメントが作成されるイベント。

ReferencesToPlan を計画する

プランにリンクする外部システム。たとえば、Project Online デスクトップクライアントに Microsoft プランナープランを埋め込むことができます。

ReferencesToPlan. ExternalId

このプランの外部システムの ID。

ReferencesToPlan. AssociationType

外部アプリによって指定されたプランへのリンクの種類です。

ReferencesToPlan. CreatedDate

参照オブジェクトが作成された日付と時刻。

ReferencesToPlan. OwnerAppId

参照を作成したアプリの ID です。

ReferencesToPlan. DisplayNameSegments

このプランを参照する内容を説明する場所のブレッドクラムです。

ReferencesToPlan の Url を計画する

プランを参照するアプリに直接リンクします。

CategoryDescriptions を計画する

プランのカテゴリの完全なセットです。 これらの6つがあります。これは、使用中である場合とない場合があります。

CategoryDescriptions. インデックスを計画する

カテゴリの説明のインデックス (0 ~ 5)。

CategoryDescriptions. 説明を計画する

対応するカテゴリの説明のインデックス値のラベルテキストです。

PlanFollowers を計画する

プランをフォローしているユーザー。

TimelineId を計画する

この機能は廃止されました。

TimelineDisplaySettings を計画する

この機能は廃止されました。

TimelineLockedWidth を計画する

この機能は廃止されました。

タスクを計画する

計画のタスクオブジェクト。

Plan.Tasks.Id

タスクを表す一意の識別子です。

タスクのタイトルを計画する

タスクの名前。

タスク id を計画する

タスクが実行されているバケットの Microsoft プランナ ID。

タスク BucketName を計画する

バケットの名前。

タスク達成を計画する

タスクの完了状況 (0 ~ 100)。

タスク StartDate を計画する

タスクの開始がスケジュールされている日付。

タスク DueDate を計画する

タスクの完了がスケジュールされている日付。

タスク ConversationThreadId を計画する

Microsoft Exchange からの会話の一意の識別子です。

タスク PreviewType を計画する

タスクカードに表示されるプレビュー。

タスク OrderHint を計画する

並べ替え順序に使用されます。「 Microsoft プランナでの注文のヒントの使用」を参照してください。

タスク CreatedBy を計画する

タスクを作成したユーザー。詳細については、「ユーザープロパティ」を参照してください。

タスク CreatedDate を計画する

タスクが作成された日付。

タスクまでを計画する

タスクを完了したユーザー。詳細については、「ユーザープロパティ」を参照してください。

タスク CompletedDate を計画する

タスクが完了した日付。

タスク ModifiedBy を計画する

タスクを最後に更新したユーザー。詳細については、「ユーザープロパティ」を参照してください。

タスク ModifiedDate を計画する

タスクが最後に更新された日付。

タスク AppliedCategories を計画する

プランの CategoryDescriptions インデックスから選択されたラベル。

タスク TaskDetailsId を計画する

タスクの詳細オブジェクトを表す一意の識別子です。

タスクの説明を計画します。

タスクの説明です。

タスク AssignedToTaskBoardFormatId を計画する

タスクボード形式であるオブジェクトの一意の識別子です。

タスク AssignedToTaskBoardFormatUnassignedOrderHint を計画する

並べ替え順序に使用されます。「 Microsoft プランナでの注文のヒントの使用」を参照してください。

タスク AssignedToTaskBoardFormatOrderHintsByAssignee を計画する

各譲受人の注文のヒント。

AssignedToTaskBoardFormatOrderHintsByAssignee. 担当:

タスクが割り当てられているユーザー。詳細については、「ユーザープロパティ」を参照してください。

AssignedToTaskBoardFormatOrderHintsByAssignee を計画します。

割り当てられているビューで、譲受者によって指定されたタスクの順序。

タスク BucketTaskBoardFormatId を計画する

バケットタスクボード形式のオブジェクトの一意の識別子です。

タスク BucketTaskBoardFormatOrderHint を計画する

並べ替え順序に使用されます。「 Microsoft プランナでの注文のヒントの使用」を参照してください。

タスク ProgressTaskBoardFormatId を計画する

バケット形式ではなく、進行状況によってグループ化されたオブジェクトの一意の識別子です。

タスク ProgressTaskBoardFormatOrderHint を計画する

並べ替え順序に使用されます。「 Microsoft プランナでの注文のヒントの使用」を参照してください。

タスク TimelineFormatId を計画する

この機能は廃止されました。

タスク TimelineFormatShowOnTimeline を計画する

この機能は廃止されました。

タスク TimelineFormatAnchorPosition を計画する

この機能は廃止されました。

タスク TimelineFormatCalloutHeight を計画する

この機能は廃止されました。

タスク TimelineFormatColor を計画する

この機能は廃止されました。

タスク TimelineFormatDrawingStyle を計画する

この機能は廃止されました。

タスク TimelineFormatLabelOffsetX を計画する

この機能は廃止されました。

タスク TimelineFormatLabelOffsetY を計画する

この機能は廃止されました。

タスク TimelineFormatSwimlane を計画する

この機能は廃止されました。

タスクを計画します。参照

外部リンク。

[タスク] を参照します。

リンクの URL。

[タスク] を参照します。エイリアス

リンクのテキストの説明

[タスク] の [参照] を入力します。

リンク先のファイルの種類を指定します。

ModifiedBy を計画します。

リンクを最後に更新したユーザー。詳細については、「ユーザープロパティ」を参照してください。

ModifiedDate を計画します。

リンクが最後に更新された日付。

PreviewPriority を計画します。

UI のタスクのプレビューとして表示される参照の優先順位を表します。Microsoft プランナには、最も優先度の高いアイテムのみが表示されます。

タスクの割り当てを計画する

タスクの割り当て。

タスクの割り当て担当を計画します。

タスクが割り当てられているユーザー。詳細については、「ユーザープロパティ」を参照してください。

タスクの割り当て AssignedBy を計画します。

タスクを割り当てたユーザー。詳細については、「ユーザープロパティ」を参照してください。

タスクの割り当てを計画します。注文

タスクが複数のエンティティに割り当てられている場合は、割り当ての順序を指定します。

タスクを計画します。チェックリスト

タスクのチェックリスト。

Plan.Tasks.Checklist.Id

チェックリスト項目を表す一意の識別子です。

タスクを計画します。チェックリストのタイトル

チェックリスト項目の名前です。

タスクの OrderHint を計画します。

並べ替え順序に使用されます。「 Microsoft プランナでの注文のヒントの使用」を参照してください。

タスクの IsChecked を計画します。

true の場合、チェックリスト項目は完了しています。

タスクの ModifiedBy を計画します。

チェックリストを最後に更新したユーザー。詳細については、「ユーザープロパティ」を参照してください。

タスクの ModifiedDate を計画します。

チェックリストが最後に更新された日付。

バケットを計画する

計画のバケットオブジェクト。

Plan.Buckets.Id

バケットの一意の識別子です。

バケットを計画します。タイトル

バケットの名前。

OrderHint を計画します。

並べ替え順序に使用されます。「 Microsoft プランナでの注文のヒントの使用」を参照してください。

Createdby を計画します。

バケットを作成したユーザー。詳細については、「ユーザープロパティ」を参照してください。

CreatedDate を計画します。

バケットが作成された日付。

ModifiedBy を計画します。

バケットを最後に更新したユーザー。詳細については、「ユーザープロパティ」を参照してください。

ModifiedDate を計画します。

バケットが最後に更新された日付。

プランの json ファイルのユーザープロパティ

プランにはいくつかのオブジェクトがあります。 Microsoft プランナユーザーを表す json データは、類似したプロパティを持つことになります。次のオブジェクトが含まれます。

  • CreatedBy を計画する

  • ModifiedBy を計画する

  • PlanFollowers を計画する

  • タスク CreatedBy を計画する

  • タスクまでを計画する

  • タスク ModifiedBy を計画する

  • AssignedToTaskBoardFormatOrderHintsByAssignee. 担当

  • ModifiedBy を計画します。

  • タスクの割り当て担当を計画します。

  • タスクの割り当て AssignedBy を計画します。

  • タスクの ModifiedBy を計画する

  • Createdby を計画します。

  • Modifiedby を計画します。

上記のそれぞれには、次のプロパティがあります。

プロパティ

説明

Id

ユーザーの Microsoft プランナー ID。

ExternalId

ユーザーの Azure Active Directory ID。

DisplayName

ユーザーの表示名。

UserPrincipalName

ユーザーのユーザープリンシパル名 (UPN)。

PrincipalType

エンティティの種類 (ユーザーまたはグループ)。

関連項目

Microsoft プランナーでユーザーデータを削除する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×