MAXIFS 関数

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

MAXIFS 関数は、条件セットで指定されたセルの中の最大値を返します。

注: この機能は、Office 365 サブスクリプションを購入している場合を除き、 Excel 2016 では利用できません。Office 365 のサブスクライバーは、最新バージョンの Office をインストールしていることを確認してください

構文

MAXIFS(最大範囲, 条件範囲 1, 条件 1, [条件範囲 2, 条件 2], ...)

引数

説明

max_range
(必須)

最大値を求めるセルの実際の範囲です。

条件範囲 1
(必須)

条件で評価するセルのセットです。

条件 1
(必須)

最大として評価されるセルを定義する、数値、式、またはテキストの形式での条件です。同じ条件セットを、MINIFSSUMIFS、および AVERAGEIFS 関数に対して使用できます。

条件範囲 2,
条件 2, ... (省略可能)

追加の範囲と対応する条件です。最大 126 個の範囲/条件ペアを入力できます。

解説

  • 最大範囲と条件範囲 N のサイズおよび形状は同じでなければなりません。違うと、これらの関数は #VALUE! エラーを返します。

次のそれぞれの表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選んで、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

使用例 1

グレード

ウェイト

89

1

93

2

96

2

85

3

91

1

88

1

数式

結果

=MAXIFS(A2:A7,B2:B7,1)

91

条件範囲 1 について、セル B2、B6、および B7 が条件 1 に一致します。最大範囲における対応するセルでは、A6 に最大値があります。このため、結果は 91 です。

使用例 2

ウェイト

グレード

10

b

1

a

100

a

1

b

1

a

1

a

数式

結果

=MAXIFS(A2:A5,B3:B6,"a")

10

注: 条件範囲と最大範囲は位置は合っていませんが、同じ形状とサイズです。

条件範囲 1 においては、1 番目、2 番目、および 4 番目のセルが、条件 "a" に一致します。最大範囲における対応するセルでは、A2 に最大値があります。このため、結果は 10 です。

使用例 3

ウェイト

グレード

クラス

レベル

10

b

Business

100

1

a

Technical

100

100

a

Business

200

1

b

Technical

300

1

a

Technical

100

50

b

Business

400

数式

結果

=MAXIFS(A2:A7,B2:B7,"b",D2:D7,">100")

50

条件範囲 1 では、B2、B5、および B7 が条件 ”b” に一致します。条件範囲 2 における対応するセルでは、D5 と D7 が条件 > 100 に一致します。最後に、最大範囲における対応するセルでは、A7 に最大値があります。このため、結果は 50 です。

使用例 4

ウェイト

グレード

クラス

レベル

10

b

Business

8

1

a

Technical

8

100

a

Business

8

11

b

Technical

0

1

a

Technical

8

12

b

Business

0

数式

結果

=MAXIFS(A2:A7,B2:B7,"b",D2:D7,A8)

12

検索条件 2 の引数は、A8 です。ただし、A8 は空であるため、0 (ゼロ) として扱われます。0 に一致する条件範囲 2 のセルは D5 と D7 です。最後に、最大範囲における対応するセルでは、A7 に最大値があります。このため、結果は 12 です。

例 5

ウェイト

グレード

10

b

1

a

100

a

1

b

1

a

1

a

数式

結果

=MAXIFS(A2:A5,B2:c6,"a")

#VALUE!

最大範囲と条件範囲のサイズと形状が同じではないので、MAXIFS は #VALUE! エラーを返します。

例 6

ウェイト

グレード

クラス

レベル

10

b

Business

100

1

a

Technical

100

100

a

Business

200

1

b

Technical

300

1

a

Technical

100

1

a

Business

400

数式

結果

=MAXIFS(A2:A6,B2:B6,"a",D2:D6,">200")

0

条件に一致するセルはありません。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

MINIFS 関数

SUMIFS 関数

AVERAGEIFS 関数

COUNTIFS 関数

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×