スキップしてメイン コンテンツへ
Math Assistant でサポートされている問題の種類

Math Assistant でサポートされている問題の種類

OneNote で数式アシスタントを使用している場合は、選択した数式に応じて、数式の下にある[アクションの選択]ドロップダウンが変更されることにご注意ください。 ここでは、解決しようとしている方程式に応じて、サポートされている問題の種類をいくつか示します。

注: この機能は、Office 365 サブスクリプションを購入しているユーザーのみが使用できます。Office 365 のサブスクリプションを使用している場合は、最新バージョンの Office をインストールしているかどうかを確認してください

配列

実際の数値の一覧については、以下のすべてがサポートされています。
 

  • ぜひ

  • 並べ替え

  • 平均

  • メジアン

  • モード

  • 合計

  • 製品

  • 最も一般的な因数

  • 最低共通の複数

  • Variance

  • Standard Deviation

  • Minima



  • 数式アシスタントの配列の一覧。

    最大化 Polynomials の場合、サポートされているアクションは、最大の共通要素であり、最も一般的な複数の操作です。 また、2D でグラフを作成してすべての関数のグラフを表示することもできます。

    数式アシスタントの配列の一覧

任意の式では、次の操作を実行できます。

  • ぜひ

  • ください

  • 展開 (該当する場合)

  • ファクター (該当する場合)

  • 2D のグラフ (変数がある場合にのみ使用可能)

  • 区別 (変数がある場合にのみ使用可能)

  • 統合 (変数がある場合にのみ使用可能

    ) 数式アシスタントの式の一覧

数式と inequalities

数式と inequalities については、次の操作を実行できます。

  • {自分の変数} の解決

  • 2-D の両方の面をグラフ化します。等号または不等式の各辺は個別の関数としてグラフ化されます。

  • 2D のグラフ: 数式または非等値ソリューションのグラフ

  • グラフの不等号—グラフ

    これを解決する方法のドロップダウンを含む数式。 のソリューション領域を示します。

Os

適切な関数を使用できるようにするには、同じ数の方程式と変数を用意することが重要です。 システムを作成するには、次の2つの方法があります。 

  1. 次の1つは、それ

    より前の大きな波かっこの有無を 角かっこで書かれたシステム数式

  2. 1行をカンマで割る


    コンマで書かれたシステムの方程式

微分係数と積分

微分係数は、関数の前に d/dx または素数のマークで記述できます。

微分係数と積分方程式の例

微分係数と積分に使用できるアクションは、次のとおりです。

  • ぜひ

  • 2-D のグラフ

  • 相違

  • 統合 (微分係数のみ)

    微分係数と積分の解のオプションを示す数式の例

マトリクス

マトリックスは、正方形または角かっこで囲むことができます。 マトリックスでは、次の操作がサポートされています。

  • ぜひ

  • 決定要素を計算する

  • 反転マトリックス

  • トレースの計算

  • マトリックスの入れ替え

  • マトリックスサイズ

  • マトリックスを減らす


マトリックスのソリューションオプション

マトリックス式は現在サポートされていません。

極座標でのグラフ化

極座標で関数をグラフ化するには、r をシータ関数として表す必要があります。

極座標グラフの例

複合モード

注: 実数と複素数の間を切り替えるには、[設定] を選択します。

複素数 i を含む複雑な式と数値の場合は次の操作を実行できます。

  • ぜひ

  • 実数部

  • 虚数部

  • 共役

  • 指定絶対値

  • 引数

  • 区別 (変数が存在する場合のみ)

  • 統合 (変数が存在する場合のみ)

    複合モードのソリューションオプション

関連項目

OneNote の数式アシスタントでインクまたはテキストを使用して数式を作成する

OneNote の数式アシスタントを使用して数式を解決する

OneNote の数式アシスタントを使用して数学関数のグラフを描画する

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×