Mac の Office でのオブジェクトを配置します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Word、PowerPoint、Excel for Mac で、オブジェクトを配置することが簡単に、画像、図形、SmartArt、グラフなど、他のオブジェクト、ページ、または [余白] の端を基準します。

Word

  1. Shift キーを押しながら、オブジェクトを揃えるをクリックし、[図形の書式設定] タブのをクリックします。

  2. [配置] をクリックして >揃え>選択したオブジェクトを配置します。

    選択したオブジェクトを配置します。

    既定では、このオプションが選択されています。

    [選択したオブジェクトの配置] を使用できない場合

    文書内に少なくとも 2 つのオブジェクトを選択します。選択したオブジェクトの配置]オプションが有効になります。

  3. [配置] をクリックして > [配置] [、配置する] をクリックします。

  1. Shift キーを押しながら、オブジェクトを揃えるをクリックし、[図形の書式設定] タブのをクリックします。

  2. [配置] をクリックして >揃え> ] ページに合わせて配置します。

    ページに合わせて配置します。

  3. [配置] をクリックして > [配置] [、配置する] をクリックします。

グリッドを使用して、オブジェクトを簡単に配置することができます。 また、他のオブジェクトの垂直面、水平面、または中心を通過するグリッド線に合わせてオブジェクトを配置することもできます。 グリッド線は、オブジェクトを別のオブジェクトの近くにドラッグしたときにだけ表示されます。

グリッドを使用するには、最初に [グリッド] オプションがあります。

  1. [Word] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. Word の [環境設定] ボックスに、[作成および校正ツール] の [編集] をクリックします。

  3. [編集] ボックスで、グリッドのオプション] をクリックします。

  4. [グリッドのオプション] ボックスでグリッド線に合わせる動作が目的の種類を選択します。

    • デザイン グリッドに [オブジェクトの位置を合わせるオブジェクトをスナップするには、印刷レイアウト表示でグリッドに選択します。

    • オブジェクトの位置を合わせる] の下の他のオブジェクトにオブジェクトをスナップするには、他のオブジェクトを選択します。

    グリッドのオプション

  5. (オプション)間隔などの他のグリッドの設定を設定することができます。

  6. グリッドの表示]、で、枠線を表示するには、画面の表示の枠線を選択します。

    注: 選択するか、[表示] タブまたは [表示] メニューの [枠線] チェック ボックスをオフにする、枠線のオンとオフを切り替えることができます。

  7. [OK] をクリックします。

グリッドのオプションを選択したら、次のように、オブジェクトを配置します。

  1. Shift キーを押しながら、オブジェクトを揃えるをクリックし、[図形の書式設定] タブのをクリックします。

  2. [配置] をクリックして > [配置] と配置オプションを選択します。枠線を表示した場合、オブジェクトをグリッドに揃っているが表示されます。

    ヒント: グリッドに合わせて配置するように環境設定で設定していて、オブジェクトの移動中にこの設定を一時的に無効にする場合は、 コマンド キーを押しながらオブジェクトをドラッグします。

PowerPoint

  1. Shift キーを押しながら、オブジェクトを揃えるをクリックし、[図形の書式設定] タブのをクリックします。

  2. [配置] をクリックして >選択したオブジェクトを配置します。

    選択したオブジェクトを配置します。

    既定では、このオプションが選択されています。

    [選択したオブジェクトの配置] を使用できない場合

    文書内に少なくとも 2 つのオブジェクトを選択します。選択したオブジェクトの配置]オプションが有効になります。

  3. [配置] をクリックし、配置する] をクリックします。

  1. Shift キーを押しながら、オブジェクトを揃えるをクリックし、[図形の書式設定] タブのをクリックします。

  2. [配置] をクリックして >スライドに合わせて配置します。

    スライドに合わせて配置します。

  3. [配置] をクリックし、配置する] をクリックします。

オブジェクトを簡単に配置するには、他のオブジェクトの垂直面、水平面、または中心を通過するグリッド線に合わせてオブジェクトを配置します。 グリッド線は、オブジェクトを別のオブジェクトの近くにドラッグしたときにだけ表示されます。

  • [表示] をクリックして >ガイド>グリッド線に合わせます

移動用ガイド (他のオブジェクトの中心またはスライドの中心を通過する線) は、オブジェクトをドラッグすると表示されます。 移動用ガイドを使用すると、他のオブジェクトを基準にしてオブジェクトを配置できます。 また、スライドの中心を基準にしてオブジェクトを配置することもできます。

  1. [表示] > [ガイド] > [配置ガイド] をクリックします。

  2. 配置するオブジェクトをクリックします。

    ヒント: 複数のオブジェクトを選択するには、shift キーを押し、キーを押しながらのオブジェクトをクリックします。

  3. 位置を合わせるオブジェクトを、基準となるオブジェクトの近くにドラッグするか、ページの中心付近にドラッグします。

    注: 移動用ガイドを一時的に非表示には、コマンドを押しながら、オブジェクトをドラッグします。

  4. 表示されたグリッド線を使用してオブジェクトを配置します。

Excel

  1. Shift キーを押しながら、オブジェクトを揃えるをクリックし、[図形の書式設定] タブのをクリックします。

  2. [配置] をクリックし、配置する] をクリックします。

関連項目

図、テキスト ボックス、またはその他のオブジェクトを移動、回転、またはグループ化する

オブジェクトのサイズを変更します。

Word

  1. Shift キーを押しながら、オブジェクトを揃えるをクリックし、[書式] タブをクリックします。

  2. [配置] をクリックして >揃え>選択したオブジェクトを配置します。

    Word の [配置] グループ

    既定では、このオプションが選択されています。

    [選択したオブジェクトの配置] を使用できない場合

    文書内に少なくとも 2 つのオブジェクトを選択します。選択したオブジェクトの配置]オプションが有効になります。

  3. [配置] をクリックして > [配置] [、配置する] をクリックします。

  1. Shift キーを押しながら、オブジェクトを揃えるをクリックし、[書式] タブをクリックします。

  2. [配置] をクリックして >揃え> ] ページに合わせて配置します。

    Word の [配置] グループ

  3. [配置] をクリックして > [配置] [、配置する] をクリックします。

グリッドを使用して、オブジェクトを簡単に配置することができます。 また、他のオブジェクトの垂直面、水平面、または中心を通過するグリッド線に合わせてオブジェクトを配置することもできます。 グリッド線は、オブジェクトを別のオブジェクトの近くにドラッグしたときにだけ表示されます。

  1. Shift キーを押しながら、オブジェクトを揃えるをクリックし、[書式] タブをクリックします。

  2. [配置] をクリックして >揃え>グリッドのオプション

    Word の [配置] グループ

  3. 次のいずれかの操作を実行します。

    自動的にオブジェクトを配置するときの基準

    操作

    [デザイン レイアウト] 表示でグリッド線に合わせる

    [オブジェクトの位置合わせ] の [デザイン レイアウト表示でグリッド線に合わせる] チェック ボックスをオンにします。

    [印刷レイアウト] 表示でグリッド線に合わせる

    [オブジェクトの位置合わせ] の [プリント レイアウト表示でグリッド線に合わせる] チェック ボックスをオンにします。

    他の図形を通るグリッド線に合わせる

    [オブジェクトの位置合わせ] の [描画オブジェクトに合わせる] チェック ボックスをオンにします。

    ヒント: グリッドに合わせて配置するオブジェクトを移動するときに、この設定を一時的に無効にする設定を設定すると、 コマンド を押しながら、オブジェクトをドラッグします。

固定ガイドを使用すると、テキスト ボックス、グラフィックス、その他のオブジェクトを文書の指定された場所に手動で簡単かつ正確に配置できます。

  1. [表示] メニューの [デザイン レイアウト] をクリックします。

  2. [表示] メニューの [ルーラー] がオンになっていることを確認します。

  3. 水平または垂直ルーラーの青色の部分にポインターを置いて、ポインターが両方向矢印に変わります。

    ルーラーにポインターを置く

  4. ページ上で目的の位置までガイドをドラッグします。

    ページにガイドをドラッグする

PowerPoint

  1. Shift キーを押しながら、オブジェクトを揃えるをクリックし、[書式] タブをクリックします。

  2. [配置] をクリックして >揃え>選択したオブジェクトを配置します。

    Word の [配置] グループ

    既定では、このオプションが選択されています。

    [選択したオブジェクトの配置] を使用できない場合

    文書内に少なくとも 2 つのオブジェクトを選択します。選択したオブジェクトの配置]オプションが有効になります。

  3. [配置] をクリックして > [配置] [、配置する] をクリックします。

  1. Shift キーを押しながら、オブジェクトを揃えるをクリックし、[書式] タブをクリックします。

  2. [配置] をクリックして >揃え>スライドに合わせて配置します。

    Word の [配置] グループ

  3. [配置] をクリックして > [配置] [、配置する] をクリックします。

オブジェクトを簡単に配置するには、他のオブジェクトの垂直面、水平面、または中心を通過するグリッド線に合わせてオブジェクトを配置します。 グリッド線は、オブジェクトを別のオブジェクトの近くにドラッグしたときにだけ表示されます。

  • [表示] メニューの [ガイド] をポイントし、[グリッドに合わせる] をオンにします。

オブジェクトを簡単に配置するには、スライドの他のオブジェクトに合わせてオブジェクトを配置します。 グリッド線は、オブジェクトを別のオブジェクトの近くにドラッグしたときにだけ表示されます。

  • [表示] メニューの [ガイド] をポイントし、[図形に位置を合わせる] をオンにします。

固定ガイドを使用すると、テキスト ボックス、グラフィックス、その他のオブジェクトを文書の指定された場所に手動で簡単かつ正確に配置できます。

  1. [表示] メニューの [ガイド] をポイントし、[固定ガイド] をクリックします。

  2. その他のガイドを追加するには、Option キーを押してし、目的のガイド任意の場所にドラッグします。

移動用ガイド: 線が他のオブジェクトの中心とスライドの中央を実行している、オブジェクトをドラッグするときに表示します。移動用ガイドを使用して、別のオブジェクトに対する相対的なオブジェクトに合わせることができます。または、スライドの中央に対する相対的なオブジェクトを揃えることができます。

  1. [表示] メニューの [ガイド] をポイントし、[移動用ガイド] をクリックします。

  2. 配置するオブジェクトをクリックします。

    ヒント: 複数のオブジェクトを選択するには、shift キーを押し、キーを押しながらのオブジェクトをクリックします。

  3. 位置を合わせるオブジェクトを、基準となるオブジェクトの近くにドラッグするか、ページの中心付近にドラッグします。

    注: 移動用ガイドを一時的に非表示には、コマンドを押しながら、オブジェクトをドラッグします。

  4. 表示されたグリッド線を使用してオブジェクトを配置します。

Excel

  1. Shift キーを押しながら、オブジェクトを揃えるをクリックし、[書式] タブをクリックします。

  2. [配置] をクリックして > [配置] [、配置する] をクリックします。

    Word の [配置] グループ

関連項目

図、テキスト ボックス、またはその他のオブジェクトを移動、回転、またはグループ化する

オブジェクトのサイズを変更します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×