Mac の箇条書きに 1 つずつ PowerPoint アニメーションを設定します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

アニメーションを使うと、スライドの箇条書き項目を 1 つずつ順に表示できます。 箇条書きの項目ごとに 1 回クリックしたり、少し時間をおいて、それぞれの項目を自動的に表示したりできます。

それぞれの箇条書きPowerPoint 2016 for Macでをクリックして表示します。

  1. アニメーションを設定するスライドを含むテキスト ボックスを選びます。

    アニメーションを設定する箇条書きテキストを選択する
  2. [アニメーション] タブをクリックして、[アピール] や [スライド イン] などのモーション効果を選びます。

    テキストやオブジェクトに適用するアニメーションのオプションを 1 つ選ぶ
  3. アニメーション シーケンスが箇条書きの各項目の左のボックスに表示されます。

    箇条書きのそれぞれの左側に、アニメーションの順序を示す番号が小さい四角形で囲まれて表示される
  4. ステータス バーの [スライド ショー] ステータス バーに表示されるコンピューター画面の画像をクリックするとスライド ショーが表示される を選び、アニメーションのプレビューを表示します。

少し時間をおいて、それぞれの箇条書き項目を順に表示する

  1. アニメーションを設定する箇条書き項目を選び、[アニメーション] タブをクリックし、[アピール] や [ディゾルブイン] などのモーション効果を選びます。

    スライドのすべての箇条書きを選んでアニメーション効果を選ぶ
  2. [アニメーション] ウィンドウで、2 番目のアニメーションをボックスの一覧で選びます。

    2 番目の箇条書きのアニメーション効果が選択される
  3. [タイミング] で、[開始] 設定を [直前の動作の後] に変更し、それぞれの箇条書き項目が表示される間の時間を入力します。

    タイミングを [直前の動作の後] に設定し、[遅延] を指定して、自動的に箇条書きを表示する
  4. ボックスの一覧の残りの箇条書き項目に、同じ [開始] 設定と [遅延] 設定を適用します。

  5. 最初のアニメーションをクリックし、[ここから再生] をクリックして結果のプレビューを表示します。

いずれかのそれぞれの箇条書きをPowerPoint for Mac 2011と同時に表示します。

話のポイントの箇条書きを一度に 1 項目表示するには、次の操作を行います。

  1. 箇条書きを選びます。

    箇条書きを選ぶ

  2. [アニメーション] タブの [開始効果] で、アニメーション効果を選びます。

    開始アニメーションを選ぶ

  3. をクリックする場合は、箇条書きを 1 つずつ表示選択します。

    [クリック時] が選択されていることを確認する

  4. [アニメーション] タブの [再生] をクリックして、アニメーションをプレビューします。

アニメーションの再生

-

関連項目

スライド上の単語にアニメーション効果を設定する

アニメーション効果を変更または削除する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×