Mac で Office のライセンス ファイルを削除する方法

Office のトラブルシューティングを行う場合に Mac 上のライセンス ファイルを削除するには、ライセンス削除ツールを使用することができます。このツールを使用すると、Office for Mac のすべてのライセンスが完全に削除されます。

重要: ツールを使用する前に、再アクティブ化する場合に使用する、Office の購入に関連付けられた正しいアカウント情報とパスワードがあることを確認してください。

コンピューター上で Office 365 にサブスクライブしているが、それより前に 1 回限りの購入で取得した Office for Mac を使用していた場合、サブスクリプション機能が表示されないときにも、このツールは役に立つことがあります。これは、Office のコピーがサブスクリプションのライセンスではなく 1 回限りの購入ライセンスを引き続き使用しているためです。

始める前に

1.ご使用中のバージョンの Office が現在使用しているライセンスを確認してください。「使用している Office のバージョンを確認する方法」を参照してください。

注: サブスクリプション機能を探していて、バージョンで Office 365 サブスクリプション ライセンスを使用している場合は、次の手順を実行する必要はありません。既に正しいライセンスを使用しています。サブスクリプション機能がまだ表示されない場合の理由の詳細については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

2. Office アプリをアンインストールしないで後で再インストールする場合は、すべての Office アプリを終了します。Office を既にアンインストールしている場合は、次の手順に進みます。

ライセンス削除ツールをダウンロードして実行します。

1. ライセンス削除ツールをダウンロードします。

2. ダウンロード フォルダーにある .pkg ファイルをダブルクリックします。

注: 「開発者不明」エラーが表示される場合は、Control キーを押しながら、ファイルをクリックすることで、ファイルを開いてみます。

3. [続行] をクリックし、セットアップ ウィザードの指示に従います。

注意: Office.com/signin にログインし、ライセンス認証するライセンスを確認して、正しいアカウント情報が用意できていることを再確認することをお勧めします。

[続行] をクリックし、インストーラーの指示に従います。

4. ライセンスの削除を実行する準備ができたら、[インストール] を選択します。Mac のローカル管理者アカウントのパスワードを入力することが必要な場合があります。

このツールによってライセンスが正常に削除されたら、[閉じる] を選択します。

ツールの [インストール] をクリックして、ライセンスを削除します。

5. 問題のトラブルシューティングを行う場合、Office を再インストールするか、いずれかの Office アプリを起動し、Office for Mac に関連付けられているメール アカウントでサインインします。

正常にアクティブ化したら、コンピューターを再起動します。これで使用できるようになります。

注: アカウントに Office 365 for Mac ライセンスとそれに関連付けられた 1 回限りの購入がある場合は、ライセンス認証を行うかどうかを選択するように求められます。利用可能な場合は、常に Office 365 for Mac を選ぶことをお勧めします。

Office 2016 for Mac のライセンスの種類を選ぶ

関連項目

Mac での Office 365 のサブスクリプション機能について

Office for Mac のライセンス認証

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×