スキップしてメイン コンテンツへ

M365 の Office スクリプトの設定

Office スクリプトを使用すると、ユーザーは Excel on the web で自動化されたスクリプトの記録、編集、実行を行うことができます。 Web 上の Excel の Office スクリプトは、現在パブリックプレビューで利用できますが、既定ではオフになっています。 管理者は、組織の Office スクリプトのライセンス認証を行う必要があります。

次の手順では、ユーザーの Office スクリプト機能を切り替える方法について説明します。

  1. 職場または学校のアカウントをグローバル管理者として、 Office 365 にサインインします。

  2. Microsoft 365 管理センターで、[設定 > サービスとアドイン] を選択します。

  3. [ Office スクリプト] を選びます。

  4. 右側には、 [ユーザーが Office on the web でタスクを自動化することを許可する] というチェックボックスがあります。 このチェックボックスをオンにして、Office スクリプトのライセンス認証を行います。 組織でこの機能を無効にするには、オフのままにします。

注: 現在、Office スクリプトは対象指定リリースに含まれています。 Office スクリプトを有効にしているが、[自動化] タブが表示されない場合は、機能が組織にリリースされるまで待つ必要があります。 以前の機能リリースにオプトインする方法については、「Office 365 の標準リリースオプションまたは対象指定リリースオプションを設定する」を参照してください。

プレビューの通知

Web 上の Excel の Office スクリプトはプレビュー版であり、変更される可能性があります。 Office スクリプトの使用中に問題が発生した場合は、Excel のフィードバック (ヘルプ > フィードバック) またはofficedev/Office-docs GitHub リポジトリについてご確認ください。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

Excel での Office スクリプトの概要

Office スクリプトの技術文書

Web 版 Excel で Office スクリプトを記録、編集、作成する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×