Lync Web App 質疑応答マネージャー

Lync Web App 質疑応答マネージャー (質疑応答機能) は、会議中に質問に回答するための構造化された環境を提供します。この機能は、特に大規模な会議で、他の人が会議の資料を発表している間に、発表者が質問に回答するような場合に役立ちます。

出席者は質問できますが、回答は発表者のみが行えることにご注意ください。

質疑応答マネージャーを開始する

会議に参加しているどの発表者も、質疑応答マネージャーを開始して質問に回答できます。会議に出席者として参加している場合は、「質疑応答マネージャーを参加者として使う」を参照してください。

  1. Lync Web App 会議で、プレゼンテーション (モニター) アイコンをポイントして、[質疑応答] をクリックします。

質疑応答メニューのスクリーン ショット

他に発表するコンテンツがなくなったら、コンテンツ ステージが開き、すべての参加者に質疑応答マネージャーが表示されます。他にコンテンツがある場合は、[コンテンツ ステージ] タブの横に、新たに [質疑応答] タブが表示されます。

会議の IM は、質疑応答マネージャーを終了するまで自動的に無効になります。

質疑応答発表者のスクリーン ショット

  1. 質問が送信されたら、どの発表者も [回答] をクリックして返信を入力できます。キーボードで Enter キーを押して、回答を投稿します。

質問のスクリーン ショット

コンテンツの発表中に質問が送信されると、画面で質問数表示がカウントアップされます。その場合はいつでも [質疑応答] タブをクリックして質問に回答してから、[コンテンツ ステージ] タブに戻ってプレゼンテーションを続けることができます。

  1. 回答を入力し始めてから気が変わった場合は、[キャンセル] をクリックして後から回答したり、他の発表者に質問への対応を任せることができます。

  2. [未回答] タブをクリックすると、まだ回答されていない質問のみが表示されます。

  3. 質疑応答セッションの記録を保存するには、[名前を付けて保存] をクリックし、質疑応答をコンピューター上のファイルにコピーします。

[名前を付けて保存] のスクリーン ショット

  1. セッションの最後に、[質疑応答の中止] をクリックします。Lync Web App から、IM を有効にするかどうかをたずねる確認メッセージが表示された場合は、[会議 IM を許可する] をクリックするか、IM をオフのままにしておきたい場合は [X] ボタンをクリックします。

終了した質疑応答のスクリーン ショット

質疑応答マネージャーを参加者として使う

発表者から質疑応答セッションが共有されると、すべての会議出席者は質問を表示したり送信できます。会議中はいつでも [質疑応答] タブと [コンテンツ ステージ] タブを切り替えられることを覚えておいてください。

  1. [質問] ボックスに質問を入力します。

  2. 質問に回答があると、質問の下に表示されます。

  3. 自分の質問のみを確認する場合は、[質問] タブをクリックします。

  4. 質疑応答の記録を保存するには、[名前を付けて保存] をクリックし、テキストをコピーしてコンピューター上のファイルに貼り付けます。

質疑応答のスクリーン ショット

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×