ListIndex プロパティ

適用対象

ComboBox オブジェクト

ListBox オブジェクト

ListIndex プロパティを使用して、リスト ボックス または コンボ ボックス で選択されているアイテムを判断できます。読み取り/書き込み可能な Long 型です。

expression.ListIndex

expression 必須。[適用対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

解説

ListIndex プロパティは、0 からリスト ボックスまたはコンボ ボックス内のアイテムの合計数 -1 までの整数です。Microsoft Office Access 2007 は、アイテムがリスト ボックス内またはコンボ ボックスのリスト ボックス部分で選択されたときに、ListIndex プロパティの値を設定します。リストの内の最初のアイテムの ListIndex プロパティの値は 0、2 番目のアイテムの値は 1 というようになります。

このプロパティは、マクロ または Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用する場合にのみ利用できます。このプロパティは、フォーム ビュー と データシート ビュー でのみ読み取れます。このプロパティは読み取り専用で、その他のビューでは使用できません。

ListIndex プロパティの値は、コンボ ボックスまたはリスト ボックスの BoundColumn プロパティに 0 を設定しても使用できます。BoundColumn プロパティを 0 に設定すると、コンボ ボックスまたはリスト ボックスがバインドされている基になるテーブルのフィールドに、ListIndex プロパティの設定と同じ値が含まれます。

リスト ボックスには、ユーザーがコントロールから複数のアイテムを選択できる MultiSelect プロパティもあります。リスト ボックス内で複数のアイテムが選択されたときに、コントロールの Selected プロパティを使用して選択されているアイテムを判断できます。Selected プロパティは、0 から ListCount プロパティ値 -1 までの値の配列です。リスト ボックス内の各アイテムに対し、アイテムが選択されている場合は、Selected プロパティは True になり、選択されていない場合は False になります。

ItemsSelected コレクションは、リスト ボックスまたはコンボ ボックスの選択した行のデータにアクセスする方法も提供します。

使用例

ListIndex プロパティの値を返すには、次を使用できます。

Dim l As Long
l = Forms(formname).Controls(controlname).ListIndex

ListIndex プロパティの値を設定するには、次を使用できます。

Forms(formname).Controls(controlname).SetFocus
Forms(formname).Controls(controlname).ListIndex = index

formnamecontrolname はフォームの名前とリスト ボックスまたはコンボ ボックス コントロールの名前です。それぞれ文字列値として表され、index はアイテムのインデックス値です。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×