スキップしてメイン コンテンツへ
Office

LET 関数

LET関数は、計算結果に名前を割り当てます。 これにより、1つの数式内で中間計算、値、または名前を定義できます。 これらの名前は、LET 関数のスコープ内にのみ適用されます。 プログラミングの変数に似ていますが、Excel のネイティブ式構文を使って実現します。

LET 関数を使用するには、複数の名前とそれに関連付けられた値の組み合わせと、それらを使用する計算を定義します。 少なくとも1つの名前と値のペア (変数) を定義し、最大126をサポートしている必要があります。

ダイアグラムを使用

O365_betadisc

利点

  • パフォーマンスの向上 1つの数式で同じ式を複数回記述した場合、計算結果が複数回計算されます。 名前で式を呼び出したり、Excel で式を1回計算したりできます。

  • 読みやすく、合成 特定の範囲/セル参照によって参照されていること、何を行っているのか、または同じ式をコピーして貼り付けることを覚えておく必要はありません。 変数を宣言して名前を付けることができるため、数式の自分とコンシューマーにわかりやすいコンテキストを与えることができます。

= LET (name1, name_value1, calculation_or_name2 [name_value2, calculation_or_name3...])

引数

説明

name1

必須

割り当てる最初の名前。 文字で始まる必要があります。 数式の出力または範囲構文との競合を行うことはできません。

name_value1

必須

Name1 に割り当てられている値。

calculation_or_name2

必須

以下のいずれかになります。

  • LET 関数内のすべての名前を使用する計算。 これは LET 関数の最後の引数である必要があります。

  • 第2の name_value に割り当てる2番目の名前。 名前が指定されている場合、name_value2 と calculation_or_name3 が必要になります。

name_value2

省略可能

Calculation_or_name2 に割り当てられている値。

calculation_or_name3

省略可能

以下のいずれかになります。

  • LET 関数内のすべての名前を使用する計算。 LET 関数の最後の引数は計算である必要があります。

  • 3番目の name_value に割り当てる3番目の名前。 名前が指定されている場合、name_value3 と calculation_or_name4 が必要になります。

注: 

  • 最後の引数には、結果を返す計算を指定する必要があります。

  • 名前マネージャーで使用できる有効な名前と共に、変数の名前が整列されます。 たとえば、"a" は有効ですが、"c" は R1C1 スタイルの参照と競合していないためです。

使用例

使用例 1

"SUM (x, 1)" という単純な式 (x は値を割り当てることができる名前付きの変数) を検討してください (この場合、x には値5が割り当てられます)。

= LET (x, 5, SUM (x, 1))

この数式をセルに入力すると、値6が返されます。 

使用例 2

一部の生の売上データがあり、そのデータをフィルター処理して1人のユーザーを表示し、空白のセルにダッシュを追加したいとします。

フィルター処理を行っていないデータ

フィルター処理されたデータ

フィルター処理を行っていない売上のデータ

売上のフィルター処理されたデータ

上に示した操作は何もできませんが、LET を使うと、数式の読みやすさが向上し、できるだけ速く計算されます。

サンプル データ   

この例を実際に使ってみたい場合は、次の表を空のワークシートのセル A1 にコピーします。

営業

地域

製品

利益

さん

東部

りんご

$1.33

Fred

南部

バナナ

$0.09

さん

西部

Mango

$1.85

Fred

北部

$0.82

Fred

西部

バナナ

¥125

さん

東部

りんご

$0.72

Fred

北部

Mango

$0.54

元の数式

= IF (ISBLANK (FILTER (A2: D8, A2: A8 = "Fred")), "-", FILTER (A2: D8, A2: A8 = "Fred"))

LET を使用した数式

= LET (filtercriteria"Fred"filteredRange、FILTER (a2: D8、a2: A8 =filtercriteria)、IF (isblank (filteredRange)、"-"、 filteredRange)

さらに調べる

Excel 技術コミュニティの専門家に質問したり、回答コミュニティのサポートを受けたり、 excel ユーザーの声で新しい機能や改善を提案したりすることができます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×