LBound 関数

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

配列の指定された次元で使用できる添字の最小値を、Long データ型の値で返します。

構文

LBound ( arrayname [, dimension ] )

LBound 関数には、次の引数があります。

引数

説明

arrayname

必須。配列変数 の名前です。変数の標準的な名前付け規則に従って指定します。

dimension

省略可能。バリアント型 (Long) の値を指定します。どの次元の最小値を返すかを示す整数を指定します。最初の次元なら 1、2 番目の次元なら 2、というように指定します。引数 dimension を省略すると、1 が指定されたものと見なされます。


解説

LBound 関数は、UBound 関数と組み合わせて、配列のサイズを求めるために使用します。配列の次元の最大値を調べるには、UBound 関数を使用します。

LBound は、次の次元の配列に対して次の表の値を返します。

Dim A(1 To 100, 0 To 3, -3 To 4)

ステートメント

戻り値

LBound(A, 1)

1

LBound(A, 2)

0

LBound(A, 3)

-3


次元の既定の最小値は、OptionBase ステートメントの設定に応じて 0 または 1 です。Array 関数で作成される配列のベースは 0 です。Option Base の影響を受けません。

DimPrivatePublicReDim、または Static ステートメントの To 句を使用して次元が設定された配列は、最小値として任意の整数値を持つことができます。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、LBound 関数を使用して、配列の指定された次元で使用できる添字の最小値を調べます。既定のベース配列の添字値 0 を上書きするには、Option Base ステートメントを使用します。

Dim Lower
' Declare array variables.
Dim MyArray(1 To 10, 5 To 15, 10 To 20)
Dim AnyArray(10)
Lower = Lbound(MyArray, 1) ' Returns 1.
Lower = Lbound(MyArray, 3) ' Returns 10.
Lower = Lbound(AnyArray)
' Returns 0 or 1, depending on setting of Option Base.
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×