スキップしてメイン コンテンツへ

Kaizala の組織のチャットとグループ

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

関連項目: 組織のチャットとグループの不在着信メッセージに関するメール通知

組織とプライベートチャットおよびグループについて

Microsoft Kaizalaは、仕事や個人の生活に使用することができます。 Kaizala では、組織プライベートの2種類の会話を通じて、友達と連絡を取ることができます。

組織のチャットとグループ

セキュリティで保護された組織のチャット組織グループで同僚と連絡を取ることができます。 組織のチャットやグループには、組織内外のユーザーが含まれます。 これにより、複数の組織のユーザーが簡単に共同作業を行うことができます。 有効な Office 365 職場アカウントを持っている組織内のすべてのユーザーが参加できます。 次のような機能があります。

  • データの所有権    会社は、画像、ビデオ、音声ファイルなど、組織内のすべてのデータを所有しています。 データを所有できるエンティティは1つだけです。 たとえば、パートナー組織の同僚とのグループがある場合、グループデータは1つの組織にのみ所属します。 (詳細については、「Microsoft のプライバシーに関する声明」を参照してください)。

  • セキュリティの強化    Kaizala は、次のようなデータの漏洩や不正アクセスを防ぐのに役立ちます。

    • 組織グループおよびチャットに属するデータは、Kaizala アプリの外部からはアクセスできません。 たとえば、電話ギャラリーで組織の写真にアクセスすることはできません。 ユーザーは自分のデータのみをエクスポートできます。

    • 他のユーザーが組織を離れると、その組織のグループとチャットデータがデバイスから消去されます。

    • 組織管理者は、組織のチャットからのコピー、共有、転送を制限するポリシーを設定できます。 ポリシーを設定するには、 Kaizala 管理ポータルの >設定Kaizala の [設定] ボタンの画像>テナントポリシー > ポリシーの選択] に移動します。

      Kaizala 管理ポータルの [テナントポリシー] セクション

      組織管理者とグループ管理者の両方が、組織グループのポリシーを設定できます。 グループレベルでポリシーを設定するには、 Kaizala 管理ポータルの >グループで、グループを選択し > グループ名の横にある [その他] を選択し > グループ名の横にある [その他Kaizala 管理ポータルの [その他] ボタン ] を選択します。化.

      Kaizala 管理ポータルの [グループポリシー] セクション
  • アクセス制御    組織管理者またはグループ管理者は、Office 365 の職場アカウントにサインインしているユーザーのみが、組織のグループにアクセスできるようにポリシーを設定できます。 組織のチャットでは、ユーザーが常にサインインする必要があります。 さらに、組織の管理者は、組織で Kaizala の使用を無効にすることができます。 (詳細については、「 組織の Kaizala Pro を有効または無効にする https://docs.microsoft.com/en-us/office365/kaizala/enable-disable-kaizala を参照してください。)

  • Microsoft エコシステムからの強力なテクノロジへのアクセス    Microsoft エコシステムでは、Kaizala を他のテクノロジと統合することができます。 ワークフローは、Kaizala 内のセキュリティと生産性を向上させるための一般的な方法です。 詳細については、「 microsoft Intuneとの統合」および「 microsoft Flow https://docs.microsoft.com/en-us/Office365/Kaizala/use-microsoft-flow-with-kaizala との統合」を参照してください。

プライベートチャットとグループ

プライベートチャットとグループは組織にリンクされません。 データは、参加者にのみ属しています。 組織管理者は、プライベートチャットとグループを管理することはできません。

組織のチャットとグループを作成する

組織グループとチャットを作成するには、Kaizala で Office 365 の職場アカウントにサインインします。

組織のチャットを作成する

組織内の、有効な Office 365 の職場アカウントを持つユーザー全員と組織のチャットを作成できます。 手順

  1. Kaizala で Office 365 の職場アカウントにサインインします (プロファイルKaizala の [自分] タブの画像 > リンクされたアカウント > 職場のアカウントにサインインします)。

  2. [連絡先Kaizala の [連絡先] タブの画像 ] タブを開くか、[新しいチャット] をタップします。

  3. 名前またはエイリアスを使用して、組織内のユーザーを検索します。

  4. 検索結果は、個人の連絡先と組織のディレクトリの両方からのものです。 組織のディレクトリから結果をタップします。次のものが常に使用されます。

    • アバターの Office アイコン。

      アバターに Office アイコンが表示されたスクリーンショット
    • 組織のメールアドレスが名前の下に表示されます。

    • アバターをタップすると、その人の完全なプロフィールが表示されます。 Azure AD の表示名、指定の名前、電子メールアドレスなどの追加の Azure Active Directory (Azure AD) 属性も表示されます。

  5. 組織チャットを作成していることを示すボックスが表示されます。これには、キャンセルするオプションがあります。

    チャットが組織のチャットであるという通知を示すスクリーンショット
  6. このチャットは、作成後、チャットリストの Office アイコンと共に表示されます。

  7. チャットで相手の名前をタップすると、メールや指定などの AAD 属性が表示されます。 組織名と、組織のチャットとグループを説明するヒントも表示されます。

  8. このユーザーとのプライベートチャットを作成するには、連絡先リストに連絡先情報を保存して、連絡先リストで連絡先をタップします。

  9. プライベートチャットは組織のチャットに変換できません。

組織グループを作成する

組織グループを作成するには、次の2つの方法があります。

  • Kaizala 管理ポータルを使用すると、ポータルを通じて作成されたすべてのグループが組織に自動的に追加されます。 ポータルでグループを作成する方法の詳細については、「 Kaizala groups」を参照してください。

  • Kaizala アプリを使用して、次の操作を行います。

    • 既定では、アプリで作成したすべてのグループはプライベートです。 グループ管理者として、Kaizala アプリで Office 365 の職場アカウントにサインインしている場合は、これらのグループを組織に追加することができます (プロファイルKaizala の [自分] タブの画像 > リンクされたアカウント > 職場のアカウントにサインインします)。

    • 組織にグループを追加するには、グループのプロファイル > に移動し、グループの写真の右上にある [その他Kaizala の [その他] アイコンの画像 ] をタップし > [組織への追加] をタップします。 これにより、プライベートグループが組織グループに変換されます。

    • 組織のマッピングは、変換時点から適用されます。 マッピングの前に送受信されたメッセージは、引き続き非公開です。

ユーザーが組織に参加するか、またはそのグループに追加されると、そのグループが組織によって所有されていることを示すメッセージが表示されます。 組織の所有権は、次のヒントを使ってグループのプロファイルにも反映されます。

グループが組織によって所有されていることを示すスクリーンショット

すべての組織グループが Kaizala 管理ポータルに表示されます。 すべての組織グループを表示するには、 Kaizala 管理ポータルの >グループに移動します。

プライベートおよび組織のチャットとグループの概要

次の表では、プライベートと組織のチャットとプライベートグループと組織間の相違点について説明します。

プライベートチャットと組織チャット

縦横比

プライベートチャット

組織のチャット

ウィザード

アプリでのみ

アプリでのみ

Identification

チャットアバターに Office 365 アイコンが表示されない

Office 365 アイコンは常にチャットアバターにあります。

ユーザープロファイルには、電子メールアドレスや指定などの組織名と属性が表示されます。

セキュリティ

保存中および送信中の暗号化

保存中および送信中の暗号化

アプリコンテナー内のデータの分離

組織のポリシーの適用

ユーザーがグループから脱退した場合のデータワイプ

形態

異なる

組織 (1 つのみ)

アクセシビリティの高い高度なテクノロジ

該当しない

Microsoft Intune

Microsoft Flow

Kaizala の拡張性

プライベートグループと組織グループ

縦横比

プライベート グループ

組織グループ

ウィザード

アプリでのみ

管理ポータルまたはアプリで作成された場合

プライベートグループを組織に追加できる

Identification

グループアバターまたはグループプロファイルに Office 365 アイコンが表示されない

グループアバターの Office 365 アイコン

グループアバターの Office 365 アイコン

メンバーが参加すると、そのグループが組織に所有されていることを示すヒントが表示されます。

組織の所有権がグループまたはユーザープロファイルに反映される

グループがポータルの [組織グループ] タブに表示される

セキュリティ

保存中および送信中の暗号化

保存中および送信中の暗号化

アプリコンテナー内のデータの分離

組織のポリシーの適用

ユーザーがグループから脱退した場合のデータワイプ

形態

異なる

組織 (1 つのみ)

アクセシビリティの高い高度なテクノロジ

該当しない

Microsoft Intune

Microsoft Flow

Kaizala の拡張性

関連項目

組織のチャットとグループの不在着信メッセージに関するメール通知

グループについて

Kaizala ヘルプセンター

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×