iPhone 版 Office Lens のアクセシビリティ

iPhone 版 Office Lens のアクセシビリティ

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

VoiceOver、組み込みの iOS スクリーン リーダーなど、iPhone のユーザー補助機能を使ってOffice Lensを使用して、ノートやホワイト ボード、メニューの記号、手書きメモ、または多くのテキストのれる対象物からの情報を取得します。スケッチ、描画、および数式にも、キャプチャし、さらにテキストのないイメージもできます。

IPhone では、有効な方法でOffice Lensを使用できるユーザー補助の設定があります。[設定>一般的な> 拡大表示は、選択範囲の読み上げなどの機能を有効にして、テキストのサイズを変更するのにはユーザー補助の設定します。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

この記事の内容

VoiceOver

VoiceOver は、iPhone で組み込みのスクリーン リーダーです。

VoiceOver を有効にする

注: このトピックでは、カスタマイズした AssistiveTouch 設定ではなく、既定のジェスチャを使用していることを前提としています。

  1. [ホーム] ボタンを押します。

  2. [設定]、[一般]、[アクセシビリティ]、[VoiceOver] の順にタップします。

  3. VoiceOver をオンにする

VoiceOver へのホーム ボタン ショートカットを作成する

  1. [ホーム] ボタンを押します。

  2. [設定]、[一般]、[アクセシビリティ] の順にタップします。

  3. 下にスクロールし、[ショートカット] をタップします。

  4. [VoiceOver] をタップします。

VoiceOver を有効または無効にするショートカットを使用するには、[ホーム] ボタンをトリプル タップします。

イマーシブ リーダー

イマーシブ リーダーは、閲覧エクスペリエンスと、ドキュメントのコンテンツに集中することにより、全画面表示を提供するツールです。

イマーシブ リーダーを開く

  1. 把握してOffice Lens、スワイプして右または左にある画像を編集するまで「元に戻す] ボタン、」を聞くし、画面を 2 回タップします。

  2. 「効果的なリーダー] ボタン、」と、2 回タップが聞こえるまで右または左にスワイプして、画面。すぐに何も起こらない場合心配の画像からテキストをスキャンに数分かかることができます。

効果的なリーダーを使用します。

イマーシブ リーダーが表示されていると、画面には、スキャンした画像からテキストが表示されます。次のいずれかの操作を行います。

  • ページには、「再生] ボタン、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまでスワイプして右または左に決まります。ナレーターは、文書を読み上げる recites 各単語が強調表示されます。

  • 「一時停止] ボタン、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまでに、音声入力、スワイプして右または左を一時停止します。

  • オーディオの一部を省略すると、「スキップ進む] ボタン、」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで、ページ、スワイプして右または左の下から閲覧を開始します。

  • オーディオを巻き戻すには、スワイプして右または左まで「巻き戻す] ボタン、」と画面を 2 回タップしを鳴らします。

再生の機能は、英語で最適です。

Office Lens 効果的なリーダー ビューのスクリーン ショット。

テキストの設定を変更します。

イマーシブ リーダーことで、画面上のテキストを使用するためのいくつかのオプションがあります。テキストの設定を開くには、スワイプして右または左が聞こえるまで「[テキスト] ボタン、」、画面を 2 回タップして、次のいずれかの操作します。

  • さまざまなテキストの間隔] トグルを設定を変更するには、2 回タップ画面。この設定は、フォントの間隔を定義します。通常の間隔は、ほとんどの書籍や文書で使用されます。ワイド間隔、行間のスペースと同様に、文字間のスペースが大きくなります。

    Office Lens のさまざまなテキストの間隔の設定の表示/非表示のスクリーン ショット。

  • 変更するテキストのサイズ、スワイプして右または左まで「のテキスト サイズの拡大」または「のテキスト サイズの縮小」が増加または小さなサイズを小さくには、画面を 2 回タップします。

  • 動作する組み合わせが見つかるまでは、[テキストの間隔と組み合わせてテキストのサイズ設定してみてください。

音声オプション

話すイマーシブ リーダーの速度を変更するには、スワイプして右または左が聞こえるまで「[読み上げ] ボタン、」、画面を 2 回タップし、上方向にスワイプまたは下に読み上げ速度] スライダーで速度を調整します。スライダーを使用して、自分の好みに速度を制御できます。スライダーのポップアップを終了するには、画面をタップします。「ポップアップ アラームを消す」を再生するときに、画面ダブルタップします。

Office Lens 読み上げ速度の設定] のスライダーのスクリーン ショット。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Office Lens を調査して

Office Lens でスクリーン リーダーを使用して基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×