iOS 用 Office レンズのキーボードショートカット

iOS 用 Office レンズのキーボードショートカット

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使う、視覚に障碍のあるユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

多くのユーザーは、iOS でOffice Lensのキーボードショートカットを使用して外付けキーボードを使うと、より効率的に作業することができます。モビリティまたは視覚障碍のあるユーザーにとって、キーボードショートカットは、タッチスクリーンを使うよりも簡単であり、マウスを使う場合に代わるものです。

VoiceOver キーボードコマンド

次の voiceover キーボードコマンドを使用して画面内を移動し、項目を選択して、 Office Lensでその他の voiceover アクションを実行します。

次の表では、"VO" とマークされている VoiceOver 修飾キーとして、Control + Option または Caps lock キーのいずれかを使用できます。修飾キーを変更するには、[設定]、[全般]、[アクセシビリティ]、[修飾キー] の順に移動します。

VoiceOver のサポートを使用して、キーボードレイアウトとさまざまなキーの組み合わせに関連付けられている操作を学習できます。VoiceOver は、関連付けられた操作を実行することなく、キーとキーボードコマンドを入力したときに通知します。

操作内容

キー

VoiceOver のサポートを有効にする

VO + K

VoiceOver のサポートを無効にする

Esc キー

次のアイテムまたは前の項目を選択する

VO + 右または左方向キー

Home ボタンを押す

VO + H

閲覧を一時停止または再開する

コントロール

VoiceOver のミュートやミュート解除を行う

VO + S

前の画面に戻る

Esc キー

関連項目

スクリーンリーダーを使用して Office のレンズを調べて移動する

Office レンズでスクリーンリーダーを使用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×