iOS で OneDrive for Business を使用する

iOS で OneDrive for Business を使用する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

iPad、iPhone、または iPod Touch デバイスでonedrive アプリを使用して、 onedrive for Businessアカウントだけでなく、個人用のOneDriveアカウントを操作することもできます。

iOS アプリのOneDrive for Businessで、個人のOneDriveと同じように、ファイルのアップロード、操作、移動を行うことができます。詳細については、「 iOS で OneDrive ファイルを検索して使用する」を参照してください。

OneDrive for Business アカウントを追加する

所属組織が Office 365 で OneDrive を使用している場合、OneDrive for Business アカウントを iOS 用の OneDrive アプリに追加することができます。

  1. OneDrive アプリを開いて、画面の一番下にあるユーザー アイコン iOS 用 OneDrive アプリの [ユーザー] アイコン をタップします。

  2. [アカウントの追加] をタップします。

  3. サインイン画面で、会社、学校、その他の組織で使用しているメール アドレスとパスワードを入力します。

    組織で SharePoint 2013 または SharePoint Server 2016 を使用する場合、サインイン プロセスは Office 365 と異なります。サインイン画面で、[SharePoint サーバーの URL がありますか?] をタップします。SharePoint サーバーの Web アドレスを入力すると、サインオン プロセスを続行できます。Web アドレスは URL とも呼ばれ、http://portal のようになります。

注: 

  • OneDrive for Business にサインインするには、お客様の組織が、対象となる SharePoint Online または Office 365 ビジネス サブスクリプション プランを利用している必要があります。または、組織に独自の SharePoint Server 展開がある必要があります。

  • 同じ組織に属している複数の 職場や学校のアカウント でサインインすることはできません。

職場や学校のアカウント アカウントでのサインインに問題がある場合は、https://portal.office.com/onedrive でサインインしてみるか、または IT 部門にお問い合わせください。

アカウントを切り替える

個人用の OneDrive アカウントと OneDrive for Business アカウント、または複数の OneDrive for Business アカウントの間で切り替えを行うには、アプリを開き、画面の下部にあるユーザー アイコン iOS 用 OneDrive アプリの [ユーザー] アイコン を押したまま、使用するアカウント名をタップします。

iOS の OneDrive アプリでアカウントを切り替える様子を示すスクリーンショット

OneDrive アプリに追加できる個人用アカウントは 1 つのみです。別の個人用のアカウントを開くには、画面の下部にあるユーザー アイコン iOS 用 OneDrive アプリの [ユーザー] アイコン をタップし、サインアウトするアカウントをタップし、[このアカウントからサインアウトする] をタップします。次に、使用するアカウントでサインインします。

パスコードを使う

4桁のパスコードを設定すると、iOS デバイスの他のユーザーがOneDrive for Businessアカウントにアクセスできなくなる可能性があります。これを行うには、アプリを開き、画面の下部にあるMeアイコン iOS 用 OneDrive アプリの [ユーザー] アイコン をタップし、[設定 OneDrive の設定 ] をタップして、[パスコード] トグルをタップして有効にし、パスコードを入力します。

サポート情報

OneDriveアプリには、iOS 8.0 以降が必要です。iPhone、iPad、iPod touch に対応しています。アプリは、 Office 365 (エンタープライズ、教育機関、官公庁、専用)、 SharePoint 2013、 SharePoint Server 2016のSharePoint Onlineに接続できます。Windows 認証 (NTLM) とフォームベース認証は、 SharePoint 2013またはSharePoint Server 2016(オンプレミスとも呼ばれます) でサポートされています。オンプレミスの場合、Active Directory フェデレーションサービス (ADFS)、Kerberos、基本認証、ダイジェスト認証、自己署名セキュアソケットレイヤー (SSL) 暗号化、または1つのゾーンでの複数の認証の種類はサポートされません。SharePoint Onlineの場合、多要素認証はサポートされません。SharePointでサポートされているすべての言語は、アプリによってサポートされます。言語の一覧については、「 SharePoint Server 2013 の言語パック」を参照してください。

OneDrive for Business に関するさらに詳しい情報です。

関連する OneDrive for Business のヘルプを参照してください。

OneDrive for Business コミュニティ フォーラムで質問する

詳細については、IT 部門または IT 管理者にお問い合わせください。SharePoint Online 管理者の方は、Office 365 管理センターでサポート チケットを開くこともできます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×