Internet Explorer 10 文書のモードでクラシック SharePoint Online サイトを表示します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ユーザーは、Internet Explorer 11 での SharePoint Online サイトを参照と文書の既定のモードには、サイトが、新しいリストを使用しているかどうかに関係なく、11 (エッジ モード) がまもなくライブラリが発生します。従来の互換モード 10 不要になった促します。これは、ほとんどのページの信頼性、パフォーマンスが向上します。ただし、一部のカスタム マスター ページまたはカスタム web パーツは、古い Internet Explorer 10 ドキュメント モードに依存しているカスタム コードを含めることがあります。

この変更は、既定では、マスター ページのカスタマイズにのみ適用されます。カスタマイズされたマスター ページは、目的の文書のモードを指定する必要があります。

エッジ文書のモードで、サイトの操作かどうかを確認します。

特定のかどうか、そのユーザー設定のサイトでは、端モードで作業は次の手順に従います。

  1. Internet Explorer 11 でサイトを開くし、F12 開発ツールを開くキーを押します。

  2. エミュレーション] タブを選択し、[文書のモードでは、 11します。

サイト コレクションの Internet Explorer 10 文書のモードを元に戻す

サイト コレクションの端から文書のモードで動作しないカスタマイズである場合は、Internet Explorer 10 文書のモードにサイト コレクションを元に戻すことができます。これを行うには、CSOM (クライアント側オブジェクト モデル) の包み紙に Microsoft PowerShell スクリプトを使用する必要があります。変更するサイト コレクションのサイト コレクションの管理者があります。

たとえば、ActiveX は無効に既定では、Internet Explorer 11 モードでは、これらのコントロールを活用する機能はサイト コレクションの Internet Explorer 10 文書のモードに元に戻す必要があります。

  1. ダウンロードして、最新の SharePoint Online Management Shell をインストールして SharePoint Online に接続します。詳しくは、 SharePoint Online Management Shell の概要を参照してください。

  2. PowerShell 実行ポリシーを確認します。

  3. 次のコードをコピーし、メモ帳などのテキスト エディターに貼り付けます。

            
            

    ## the スクリプトの最初の 2 つの行が CSOM モデルを読み込みます。

    ¥ loadInfo1 = [System.Reflection.Assembly]::LoadWithPartialName("Microsoft.SharePoint.Client")

    ¥ loadInfo2 = [System.Reflection.Assembly]::LoadWithPartialName("Microsoft.SharePoint.Client.Runtime")

    $webUrl = ' サブ web へのパスを https://{domain}.sharepoint.com/[optional]"

    $username$ = 読み取りホスト-「を入力するか、サイト コレクションの管理者の完全な O365 メール、たとえば、name@domain.onmicrosoft.com を貼り付けます」のメッセージを表示します。

    $password = 読み取りホスト-「$username$ のパスワード」AsSecureString のメッセージを表示します。

    [Microsoft.SharePoint.Client.ClientContext]$clientContext = 新しいオブジェクトの Microsoft.SharePoint.Client.ClientContext($webUrl)

    $clientContext.Credentials = 新規オブジェクト Microsoft.SharePoint.Client.SharePointOnlineCredentials($username, $password)

    # コレクション (エッジを無効にする) to スクリプトをサイトに適用するには、以下 4 つの行がコメントを解除します。

    #$site = $clientContext.Site

    #$featureguid = 新しいオブジェクト System.Guid"80E47777-D21C-46E0-9139-7C7741EB4B54"

    # $site します。Features.Add ($featureguid、$true、[Microsoft.SharePoint.Client.FeatureDefinitionScope]::None)

    #$clientContext.ExecuteQuery()

    #To スクリプトをサイトに適用するコレクション (エッジを再び有効にする) は、次の 4 つの行。

    # $site = $clientContext.Site

    # $featureguid = 新しいオブジェクト System.Guid"80E47777-D21C-46E0-9139-7C7741EB4B54"

    # $site します。Features.Remove ($featureguid、$true)。

    ##$clientContext.ExecuteQuery()

  4. コードのコメント行を削除する (から始まる ##)、拡張子 .ps1 と ANSI 形式でエンコードされたテキスト ファイルとしてファイルを保存します。この例では、名前、スクリプト ファイル"IEMode.ps1"

  5. ファイルを保存したディレクトリに変更します。

  6. PowerShell コマンド プロンプトでは、次のように入力します。

    ./IEMode.ps1
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×