INT 関数

指定した数値を超えない最大の整数を返します。

書式

INT(数値)

数値    切り捨てて整数にする実数を指定します。

使用例 1

数式

説明 (計算結果)

=INT(8.9)

8.9 を切り捨てて整数にします (8)

=INT(-8.9)

-8.9 を切り捨てて整数にします (-9)

使用例 2

列 1

数式

説明 (計算結果)

19.5

=[列 1]-INT([列 1])

列 1 に入力されている正の実数の小数部分だけを求めます (0.5)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×