InfoPath 2010 フォームのレイアウト

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

テキストとコントロールを用いてデータを収集する基本的なフォームは簡単にデザインできます。これにわずかな手を加えるだけで、見栄えが良くユーザーが簡単に入力できるフォームをデザインできます。InfoPath フォームは、フォームの入力時にユーザーに表示される内容を簡単に制御できるようにテーブルを使用したレイアウトが採用されています。

内容

ページ レイアウトを選択する

各ページは、新しいフォームのデザインを開始するときに既定で含まれるページ レイアウトと、そのページ レイアウトに含まれる多数のテーブルから構成されています。[ページ デザイン] タブにある使用可能な定義済みレイアウトを挿入して、既定ではないページ レイアウトを使用することができます。

InfoPath 2010 フォームのレイアウト

ページ レイアウトを適用するには、次の操作を行います。

  1. 既存のレイアウト コンテナーを削除します。

  2. ページの空白領域をクリックします。

  3. [ページ デザイン] タブの [ページ レイアウト] で [ページ レイアウトのテンプレート] をクリックします。

  4. ページ レイアウトをクリックします。

基本的なページ レイアウトがフォームに適用されます。

注: ページ全体のレイアウトを設定したり、表のセル内のコンテンツだけでなく、右、左、中央揃えにしたりすることができます。配置を変更するには、テーブルコンテナーの右端の外側をクリックします。次に、[ホーム] タブで、[ InfoPath 2010 フォームのレイアウト ]、[ InfoPath 2010 フォームのレイアウト ]、または [中央 InfoPath 2010 フォームのレイアウト ] をクリックします。

ページの先頭へ

テーブルを挿入する

ページ レイアウトを設定したら、ラベルおよびコントロールの配置を指定する必要があります。配置は、ページ レイアウト内のテーブルを使用して行います。つまり、ラベルとコントロールをテーブルに整理して、横方向または縦方向に並べて表示します。

テーマが含まれている構築済みのテーブルを標準のテーブルと同じようにカスタマイズすることができます。カスタム テーブルを挿入する場合は、手動でスタイルを設定する必要があり、テーマを適用することはできません。

定義済みのテーブル スタイルを挿入する

  1. ページ レイアウト本体をクリックします。

  2. [挿入] タブの [テーブル] で、定義済みテーブル スタイルの 1 つをクリックします。

    InfoPath 2010 フォームのレイアウト

カスタム テーブルを挿入する

  1. フォーム テンプレート内のテーブルを置く場所をクリックします。

  2. [挿入] タブの [テーブル] で [カスタム テーブル] をクリックします。

  3. テーブルを挿入するには、次のいずれかを実行します。

  4. 表示されるグリッド上でクリックして、グリッド上でのマウスの移動に従って変化する強調表示される四角形を使用して、挿入するテーブルのサイズを指定します。

  5. [レイアウト テーブル] をクリックし、列と行の数値を手動で入力して、挿入されるテーブルのサイズを指定してから [OK] をクリックします。

  6. テーブルを手動で描画するには、[テーブルの描画] をクリックして、テーブルの全体のサイズを指定してから、列および行の区切り線の位置を定義します。操作が終了したら、[テーブルの描画] をクリックして、テーブルの描画機能をオフにします。

    InfoPath 2010 フォームのレイアウト

テーブル レイアウトの選択に関するヒント

次に、InfoPath 2010 でフォームのレイアウトを設定する際のヒントを示します。

  • 作成するフォームの種類に必要な見出しと小見出しのあるテーブル スタイルを選択します。

  • ユーザーがフォームにアクセスする方法を検討します。小さな画面を使用している場合は、フォームの [追加]、[削除]、[ビューの切り替え] (ページ)に表示されるように、フォームを複数のビューで分割することを検討してください。

  • 使い慣れないフォームでもユーザーが簡単に入力できるように、2 列のテーブルで既定の左揃えのラベルを使用して、全体に読みやすくします。

  • 頻繁に使用されるフォームのデータ入力フィールドを 1 つの列にまとめたテーブルを使用します。こうすると、ユーザーがフォームの入力に要する時間を短縮できます。

  • 縦の画面領域に制約があり、フォームがあまり使われていない場合は、右揃えのラベルを使用します。これにより、ラベルとコントロールの間を単一列のオプション内のように強く関連付けることができ、またラベルとコントロールを同一行に配置することで領域を節約することもできます。

  • ユーザーが入力すると予想されるデータ量に対応する適切なレイアウトを使用します。たとえば、メモ セクションであれば、1 列のデザインを使用してユーザーができるだけ多くのスペースにコンテンツを入力できるようにします。同様に、ユーザーが住所を入力できるようにするには、複数列のあるテーブルを使用して、1 行目でセルを結合します。こうすると、1 つの長い行に番地を入力し、市町村、都道府県、郵便番号のフィールドはその下の同じ行に入力できるようになります。

ページの先頭へ

テーマを適用する

テーマを使用すると、ページ レイアウトの外観およびフォーム テンプレートで使用されている定義済みのテーブル スタイルを変更できます。テーブル内の境界線やセル、およびテキストで使用されているフォント スタイルをテーマで調整することで、このような変更を可能にします。

テーマを適用するには、[ページデザイン] タブの [テーマ] グループで、目的のテーマを選びます。SharePointプロフェッショナルインダストリアルプレイグラウンドモダンの5つのテーマカテゴリから選ぶことができます。InfoPath のテーマで使用されるさまざまな色は、SharePoint で使用できるテーマの色と一致します。結果として、SharePoint のテーマサイトと InfoPath フォームテンプレートを簡単に一致させることができます。

InfoPath 2010 フォームのレイアウト

重要: テーマが影響を及ぼすのは、定義済みのページ レイアウトとテーブル スタイル、および手動で書式設定されていないテキストだけです。このため、カスタム書式の適用、フォントの変更 (太字や斜体にしたり、まったく別のフォントを選択したりする)、テーブルのセルの背景の変更は、テーマを適用した後で行うようにしてください。

ページの先頭へ

フォーム テンプレートのレイアウト後の処理

フォーム テンプレートのレイアウトが完了したら、発行する前に、データ接続、コントロール、ビュー、およびルールを追加します。

  • フォームテンプレートに追加できるコントロールについては、関連する手順については、「コントロールの概要」を参照してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×