InfoPath フォームのセキュリティ レベル

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Office InfoPath のセキュリティ モデルのセキュリティ ゾーンと Windows Internet Explorer でのレベルの設定に関連しています。これらのセキュリティ機能へのアクセスまたは信頼されていないソース データを送信するなど、安全でない操作からユーザーのフォームとコンピューターを保護するために設計されています。

この記事の内容

フォームのセキュリティ レベル

フォームのセキュリティ機能

Internet Explorer セキュリティ ゾーンとレベル

フォームのセキュリティ レベル

InfoPath フォームの 3 つのセキュリティ レベルを提供する: 制限あり、ドメイン、完全信頼します。セキュリティ レベルは、フォームが、その他のドメイン、またはファイルへのアクセスにデータとユーザーのコンピューターの設定にアクセスできるかどうかを決定します。フォームの機能にユーザーがそれを入力するときにセキュリティ レベルも影響します。たとえば場合フォームは、Microsoft Access データベースからデータを表示するリスト ボックスに、フォームのセキュリティ レベル フォームを開くかどうかと判断フォームのデータベースにアクセスするかどうかまたはアクセスすることがなく、セキュリティ メッセージを表示します。データベースです。

フォーム テンプレートをデザインする際に InfoPath フォーム テンプレートの機能に基づくフォーム テンプレートの適切なセキュリティ レベルを自動的に選択します。選択した設定では、制限と可能なセキュリティで保護されたです。別のセキュリティ レベルのフォーム テンプレートをデザインする場合は、手動で別のセキュリティ レベルを選択して既定の設定を上書きできます。ユーザーが入力するフォームのユーザーは、それ以外のセキュリティ レベルをする場合は、そのフォームが表示されないかが正しく動作しないします。たとえば、フォーム テンプレートをデザインするを指定すると完全信頼セキュリティ レベルが必要になるし、入力時に、ユーザーが関連付けられているフォームに完全信頼を与える必要があります。それ以外の場合、フォームを開くことはできません。

フォーム テンプレートでは、場所が、インストール方法と、かどうか、デジタル署名付きによって、次の 3 つのセキュリティ レベルのいずれかで実行します。これらのセキュリティ レベルは、次のセクションで説明します。

注: ブラウザー互換フォーム テンプレートは、ドメインまたは完全信頼のセキュリティ レベルでのみ実行できます。

制限されています。

制限付きのセキュリティ レベルでを実行するとき、フォーム自体に保存されているコンテンツのみがフォームにアクセスできます。次の機能正常に動作しない場合、フォームが実行されている制限ありのレベルになります。

  • カスタム作業ウィンドウ

  • 電子メール メッセージで送信以外のデータ接続

  • Microsoft ActiveX コントロールとカスタム コントロール

  • マネージ コードやスクリプト

  • Active Directory ディレクトリ サービスの場所に基づくの役割

  • フォームを開くに関連付けられているルール

  • Microsoft Office Word のビューを印刷します。

  • ユーザー設定] ダイアログ ボックス

  • リンクされた画像

ドメイン

ドメインのセキュリティ レベルを実行するとき、フォームは、フォーム自体に保存されているコンテンツと、以下のいずれかに格納されているコンテンツにアクセスできます。

  • フォームと同じドメイン

  • Internet explorer では、ローカル コンピューター ゾーンのコンテンツします。コンテンツにアクセスする前に、セキュリティ メッセージが表示されます。

  • Internet Explorer では、[ローカル イントラネット ゾーンのコンテンツします。コンテンツにアクセスする前に、セキュリティ メッセージが表示されます。

ゾーン内でコンテンツをフォームにアクセスする場合に Internet Explorer では、そのゾーンで指定されたセキュリティ レベルによってです。Internet Explorer の [インターネットでのフォームが開くことができますが、別のドメインに格納されているコンテンツにアクセスできません。

完全信頼

完全信頼のセキュリティ レベルでを実行するとき、フォームは、以下のいずれかからフォーム自体に保存されているコンテンツとコンテンツをアクセスできます。

  • フォームと同じドメイン

  • コンテンツへのアクセスのセキュリティ メッセージを表示せず、その他のすべてのドメイン

  • コンピューターのファイルと設定すべてのコンピューターにフォームに入力したユーザーがアクセスできる同じリソース

フォームは、フォーム テンプレートが信頼できるルート証明書でデジタル署名された場合にのみ、またはフォーム テンプレートが Microsoft Windows インストーラー (.msi ファイル) などのインストール プログラムを使用して、ユーザーのコンピューターにインストールされている場合に、完全信頼で実行できます。デザイン モードでプレビューするために、完全信頼されたフォーム テンプレートにデジタル署名する必要はありません。InfoPath の発行ウィザードを使用してフォームのインストール ファイルを実感できます。

ページの先頭へ

フォームのセキュリティ機能

InfoPath は、フォームのセキュリティを強化することができるようにするその他の機能を提供します。これらの機能は次のとおりです。

フォーム デザインの保護   フォーム テンプレートをデザインする場合は、この機能を使用できない入力して、デザイン モードでフォームを開くようにします。この設定は完全にできるように開いたり、デザイン モードでフォームを変更するユーザーに注意してください。たとえば、フォームのデザイン] ダイアログ ボックスを使用すると、ユーザーが自分のコンピューターに保存されているフォームを見つけて、デザイン モードで開きますをクリックできます。ただし、このような場合は、ユーザーは、フォームが保護されていることを示すメッセージを受信します。

デジタル署名   ユーザーが InfoPath でフォームに入力するときに、フォーム全体または特定の部分のフォームのデジタル署名ができます。のブラウザー対応フォーム テンプレートを入力するときは、全体のフォームでは、その部分だけがサインインできません。フォームを署名することにより、表示されるフォームに入力したユーザーとユーザーを認証し、支援では、フォームの内容が変更されていないことを確認します。さらに、フォーム テンプレートをデザインするには、デジタル署名を追加し、完全信頼のフォーム テンプレートにセキュリティ レベルを設定できます。

用にカスタマイズされた保存、印刷、送信するには、およびエクスポートします。   フォーム テンプレートをデザインする場合は、特定のコマンドとオプションをオンまたはオフにこれらの設定を使用することができます。これらの設定を決定するかどうかユーザーが保存、印刷、送信するには、または自分で入力するフォームをエクスポートします。

Information Rights Management (IRM)   InfoPath では、フォーム テンプレートをデザインするMicrosoft Office Outlook 2007を使用してフォームを送信するか、Information Rights Management (IRM) を適用できます。電子メール メッセージ自体に IRM を適用することもできます。

信頼された発行元と信頼されたフォーム   セキュリティ センターの設定は、発行元を信頼し、指定するかどうか信頼されたフォームやにアクセスできるファイル、自分のコンピューターの設定に入力するときに、開発者向けのフォーム テンプレートのリストを管理するユーザーを有効にします。信頼されたフォームは、ユーザーのコンピューターにインストールされているフォーム テンプレートに基づくフォームまたはフォームの信頼できるルート証明書でデジタル署名をフォーム テンプレートに基づくし、完全信頼のセキュリティ レベルを持っています。詳細については、追加または信頼できる発行元を削除するのには、「参照」セクションを見つけます。

ユーザーは、コンピューター上のフォーム テンプレートをインストールした場合は、ファイルとそのコンピューターの設定にアクセスするには、そのフォーム テンプレートに基づくフォームが有効に自動的にします。ただし、ファイルとユーザーのコンピューターに設定するユーザーをインストールしていないデジタル署名されたフォーム テンプレートにアクセスが自動的にできません。デジタル署名されたフォーム テンプレートに基づくフォームには、このようなアクセスを有効にするのには、ユーザーが信頼されたフォームのデジタル署名されたフォームのセキュリティ レベルを変更する設定を使用できます。

結合します。   フォーム テンプレートをデザインする際に、ユーザーが 1 つのフォームにフォーム テンプレートに基づくフォームからデータをインポートできるかどうかを指定できます。フォームの結合を無効にした場合は、[ファイル] メニューの [フォームの結合] は使用できません。

ページの先頭へ

Internet Explorer セキュリティ ゾーンとレベル

Internet Explorer で、セキュリティ ゾーンとレベルを有効にする指定するのには、サイトには、Web サイトのファイルと、コンピューター上の設定にアクセスできるかどうか、どれだけのアクセスします。InfoPath では、これらの設定を使用して、ユーザーが入力するフォームのファイルとそのユーザーのコンピューターの設定にアクセスできるかどうかと、どれだけのアクセスを構成することができます。InfoPath では、ユーザーが入力するフォームが、フォームが保存されているドメイン以外のドメインに格納されているコンテンツにアクセスできるかどうかを決定するのに一部の設定も使用します。ユーザーが入力される InfoPath フォームのセキュリティ レベルに対するセキュリティ ゾーンとレベルの影響については、「フォームのセキュリティ レベル」、前のセクションを参照してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×