InfoPath を使用したドキュメント情報パネルのデザインの概要

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この記事の内容

ドキュメント情報パネルの概要

ドキュメント情報パネルを使用します。

セキュリティの概要

ドキュメント情報パネルの概要

Microsoft Office Word 2007、 Microsoft Office PowerPoint 2007、 Microsoft Office Excel 2007ドキュメントで表示されるドキュメント情報パネルを表示したり個々 のファイル、または次のようなドキュメント管理サーバーに保存されているコンテンツ タイプのプロパティを変更するユーザーを有効にします。ドキュメント ワークスペース サイトまたはライブラリWindows SharePoint Services 3.0に基づいています。これらのプロパティとも呼ばれるメタデータ] を説明するか、特定のファイルの詳細です。ユーザーは、整理、特定し、ドキュメントを検索する、これらのプロパティを使用できます。

ドキュメント情報パネルでは、 Microsoft Office InfoPath 2007形式でホストされているドキュメント内で表示されます。InfoPath がお使いのコンピューターにインストールされている2007 Microsoft Office system文書内のドキュメント情報パネルを表示する必要はありませんが、デザイン モードまたはドキュメント情報パネルをカスタマイズするのには、 Office InfoPath 2007が必要があります。たとえば、Web サービスなどの外部リソースからデータを表示するのにドキュメント情報パネルをカスタマイズするには、そのドキュメント情報パネルをデザインするのにOffice InfoPath 2007を使用する必要があります。

ドキュメント情報パネル2007 Office リリースドキュメントを使用すると、ユーザーは、追跡し、しても、文書内で作業を続けられますが、ドキュメント メタデータを編集します。また、ドキュメント情報パネルをカスタマイズできます、外部データ ソース、Web サービスなどのデータを使用する従業員が、組織全体で2007 Office リリースのさまざまな種類のドキュメントに一貫性のあるメタデータの使用を許可します。

ドキュメント情報パネルをカスタマイズしてもデータの入力規則] などのビジネス ロジックを追加したり、組織にとって重要なカスタム プロパティを追加できます。さらに、共通のフィールドを含むテンプレート パーツを作成すると、さまざまな2007 Office リリースドキュメントの種類のドキュメント情報パネルの効率的な再利用を組織全体で整理できます。 テンプレート パーツは、複数のフォーム テンプレートで再利用するために保存できるフォーム テンプレートの一部です。

追跡とOffice Word 2007、 Office Excel 2007、 Office PowerPoint 2007のドキュメント情報パネルを使用してメタデータを編集、以外Office Word 2007ドキュメントのユーザーは、その他のタスクを実行できます。Office Word 2007でユーザーとして追加できますプロパティ ドキュメント情報パネルから自体文書内のコントロールのプロパティ。Office Word 2007内のコントロールのプロパティは、ドキュメント内のコンテンツとしてドキュメントのプロパティを表示します。ドキュメント情報パネルの情報を変更するには、これらのコントロールのプロパティが更新されます。さらに、文書のプロパティの対応するコントロールが変更されたときにドキュメント情報パネル内のデータが更新されます。

詳細については、「参照」セクションで、Word 文書のプロパティを追加することを検索します。

プロパティの種類

次のいずれかを追跡するドキュメント情報パネルに使用されます。

  • 個々 のドキュメントでの標準的なドキュメントのプロパティ。

  • ドキュメント コンテンツ タイプまたはMicrosoft Office SharePoint Server 2007を実行しているサーバーでは利用できません Dublin Core 列のコンテンツ タイプに基づく SharePoint コンテンツ タイプのサーバーのプロパティ。

  • ドキュメント情報パネルに追加するカスタム プロパティ。

ユーザーを表示したり、一般的な 3 つのカテゴリに分類できますドキュメント情報パネルを使用して編集するプロパティ: 文書ベースのプロパティ、サーバー ベースのプロパティでは、カスタム プロパティ。ドキュメント情報パネルのデザインによってドキュメント情報パネルで、次のプロパティの一部またはすべてが表示される場合があるとします。

文書ベースのプロパティ   タイトル、作成者の名前、件名、およびドキュメントのトピックや内容を特定するキーワードなどのプロパティが含まれます。

サーバー ベースのプロパティ   SharePoint サイトに保存されていると、カスタム ドキュメント情報パネルを使用しているドキュメント、これらのプロパティはドキュメント ライブラリ、サイト列、サイト コンテンツ タイプ、またはその他のユーザー設定フィールドのデータに関するデータを含めることができます。

[カスタム プロパティ   InfoPath を使用したドキュメント情報パネルをカスタマイズするには、Office ドキュメントのカスタム プロパティを定義します。カスタム プロパティには、組織またはプロジェクトのコードやコスト センター値などのプロジェクトに固有のメタデータが含まれる場合があります。

注: Office Word 2007、 Office Excel 2007、またはOffice PowerPoint 2007でのドキュメント情報パネルの [ドキュメントのプロパティ] メニューの [詳細プロパティ] をクリックして、ドキュメントのカスタム プロパティを定義することもできます。ただし、これらの高度なプロパティが表示されませんドキュメント情報パネルでそれ自体です。ドキュメント情報パネルに表示されているプロパティをカスタマイズするのには、InfoPath を使用する必要がありますか、ドキュメント管理サーバーに保存されているドキュメントを追加またはコンテンツ タイプから列を削除するコンテンツ タイプ スキーマを変更する必要があります。

ページの先頭へ

ドキュメント情報パネルを使用します。

Office Word 2007、 Office Excel 2007、またはOffice PowerPoint 2007でドキュメントを作成するときにドキュメント情報パネルが自動的が作成されます。この既定ドキュメント情報パネルにはには、作成者、タイトル、および件名などの標準的なプロパティが含まれています。また、ゼロからのドキュメント情報パネルをデザインして、文書を関連付けることによって、または既存のドキュメント情報パネルをカスタマイズして、カスタム プロパティを追加できます。

カスタム ドキュメント情報パネルをデザインする際に、 Office Word 2007、 Office Excel 2007、およびOffice PowerPoint 2007から複数のドキュメントを使えるまたは複数のドキュメント情報パネルをデザインできます。たとえば、特定のドキュメントは、特定のプロジェクトに関連付けられた、場合はそれらのドキュメントでのみで使用されているドキュメント情報パネルに一意のフィールドを使用します。

組織では、いくつかのドキュメント情報パネルを使用している場合でも、いくつかの共通プロパティを含める各ことができます。ドキュメント情報パネルをデザインする際の共通プロパティを簡単に再利用するには、テンプレート パーツの使用を検討してください。作成して、テンプレート パーツを使用するには、そのキーのメタデータをトーン、構造、および動作一貫性のある、組織のことを確認できます。たとえば、組織には、作成者のほか、役職] という名前のフィールドを追加するのには各ドキュメント情報パネルが必要なことができます。これらの一般的なフィールドを使用するテンプレート パーツをデザインするには、複数のドキュメント情報パネルのテンプレート パーツを簡単に再利用できます。

注: SharePoint のコンテンツ タイプ スキーマをカスタマイズするのには、スキーマに含まれるフィールドを追加するだけドキュメント情報パネルをカスタマイズできます。追加またはコンテンツ ドキュメント情報パネル] からフィールドを削除するコンテンツ タイプ スキーマに新しいフィールドを追加して、追加またはコンテンツ タイプから列を削除する必要があります。

カスタム ドキュメント情報パネルを作成した後関連付ける必要が、文書を使用する前にします。これを行うには、まずリボンの [ドキュメント情報パネルを使用するプログラムで [開発] タブの [をアクティブにする必要があります。URL、UNC、または URN ファイル パスを使用して、[ドキュメント情報パネルの場所を指定できます。さらに、文書を開いたときに、既定でドキュメント情報パネルを表示することができます。文書を開いたときに、作成したカスタム プロパティは既定で表示されるかどうかもできます。

表示する、またはに加えて、 Office Word 2007Office Excel 2007、 Office PowerPoint 2007用の文書内のドキュメント情報パネルのプロパティを変更するOffice Word 2007でユーザーとして追加できますプロパティからドキュメント情報パネル内のコントロールのプロパティ、ドキュメント自体にします。たとえば、文書内のコントロールのプロパティとしての企業のアドレスを複数のインスタンスを追加できます。ドキュメント情報パネルの情報を変更するには、これらのコントロールのプロパティが更新されます。

詳細については、カスタム ドキュメント情報パネルを作成し、「参照」セクションでOffice Word 2007ドキュメント プロパティを追加するを検索します。

ページの先頭へ

セキュリティの概要

ドキュメント情報パネルでは、InfoPath フォームに名前を付けて、同じセキュリティのガイドラインと制限の適用対象はします。InfoPath のセキュリティ機能からのデータへのアクセスまたは信頼されていないソースにデータを送信するなど、安全でない操作からユーザーのフォームとコンピューターを保護するために設計されています。たとえばが配置されている場所、インストール方法、およびかどうか、デジタル署名付きに応じて、次の 3 つのセキュリティ レベルのいずれかで InfoPath フォーム テンプレートを実行します。3 つのレベル: 制限あり、ドメイン、完全信頼します。ドキュメント情報パネルには、InfoPath フォーム テンプレートと同じセキュリティ レベルが割り当てられます。設計し、[ドキュメント情報パネルを使用して、前にする必要がありますの使い方のセキュリティに関する考慮事項データ接続を使用して、展開します。

データ接続を使用するためのセキュリティに関する考慮事項

ドキュメント情報パネルが完全信頼に設定されていない限り、ドキュメント情報パネル別のドメインからのデータ ソースにアクセスできません。完全信頼を有効にするには、デジタル署名信頼できるルート証明書でのドキュメント情報パネルのフォーム テンプレートの署名か、インストール ファイルを作成する必要があります。

注: ドキュメントを使用してユーザーには、データ ソースにアクセスする権限が割り当てられていない、いてはエラー メッセージが表示場合でも、ドキュメント情報パネルのアクセス許可レベルはデータ ソースにアクセスします。

参照」セクションで、InfoPath フォーム テンプレートのセキュリティ レベルに関する追加情報を検索します。

展開用のセキュリティに関する考慮事項

同じドキュメント自体が配置されているドメインにドキュメント情報パネルを配置することをお勧めします。たとえば、サーバー http://example でOffice Word 2007文書は、デザインしたカスタム ドキュメント情報パネルを使用している場合に、そのドキュメントのドキュメント情報パネルをも http://example に保存することをお勧めします。別のドメインにドキュメント情報パネルを展開することにした場合、またはローカルに保存したバージョンのドキュメントを開く、または電子メール メッセージの添付ファイルとして送信: ドキュメント情報パネルのセキュリティ レベルはよりも低いセキュリティにダウン グレードします。 レベルを示します。これは、別のドメインにあるデータにアクセスするドキュメント情報パネルに関連するセキュリティ リスクからユーザーを保護するためのセキュリティの予防措置です。

注: 

  • SharePoint コンテンツ タイプのドキュメント情報パネルをカスタマイズするときに発行するときにドキュメント情報パネルが SharePoint サイトに自動的に展開します。

  • ユーザーが自分のコンピューターからローカルにインストールされたバージョンのドキュメント情報パネルを実行する場合は、Visual Studio と発行ウィザードを使用してインストール ファイルを作成する必要があります。ハード ディスク ドライブにドキュメント情報パネルのフォーム テンプレート (.xsn ファイル) を公開する場合は、ユーザーは、関連するドキュメントを開くときにドキュメント情報パネルが開くことはできません。

参照」セクションで、発行ウィザードと Visual Studio を使用して、インストール可能なファイルの作成に関する追加情報を検索します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×